海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 札幌の夜は"ぶどうの花パフェ"...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月 2日

札幌の夜は"ぶどうの花パフェ"で涼しくしめる「和バル ぶどうの花」


札幌の夜は"ぶどうの花パフェ"で涼しくしめる「和バル ぶどうの花」

最近の札幌では、食事やアルコールを楽しんだあと
"パフェでしめる"という文化が定着しつつあります。


13_1_appearance_P6060369.jpg


そんななか、札幌駅から地下歩行空間直結のお店、
「ぶどうの花」のパフェは、特に"札幌の夏の夜のシメ"におすすめしたいパフェ。


「ぶどうの花」は、ワインや食事を楽しめますが、
同時にディナータイムには"パフェ"も楽しめるお店です。


11_3_dishes_P6060348.jpg


10_4_display_P6060347.jpg


店内は大きくはありませんが、ほどよいサイズ感が居心地よく、
大きなテーブルに飾られた生花が美しい!
料理だけでなく、お店のディスプレイもフォトジェニックです。


9_5_glasses_P6060420.jpg


ワイン専門店ではありませんが、店名の"ぶどうの花"にも表れている通り、
"ぶどう酒"をより気軽に楽しんでもらえるお店、をめざしており、
グラスワインをお手頃価格でいただけます。
ぶどう酒を何種か飲みたい場合に特におすすめです。


さらに早い時刻から来店が可能な旅行者には嬉しい
ハッピーアワー(17:00~19:00)の 「スパークリングワイン1杯¥100」(!)という
サービスメニューがあります。


パフェの前に料理を少しご紹介します。


8_6_cheese_P6060449.jpg


「とろ~りカマンベールチーズと焼き林檎」(¥880)。
熱々カマンベールに焼き林檎が加わると、
ジューシーかつやさしい甘味で、味全体に深みが増します。


7_chicken_P6060410.jpg


「鶏肉の塩麹漬けグリル」(¥780)
和食の知識が豊富なシェフが作る和バルメニューは、
どれも少し懐かしさを感じる旨味が特徴の料理です。
"麹"を使った肉料理は特に絶品。


5_8_garni_P6060417.jpg


付け合わせにもひと工夫があり、写真↑はビーツ、マッシュポテト、
枝付きぶどうを使った付け合わせ。


和の要素を取り入れながらも
"バル料理"がいただけるラインナップです。


4_9_saladparfait_P6060389.jpg


シメパフェをイチオシしたいなか、甘党派以外の方には、こちらのパフェがおすすめ。
「夏野菜とキヌアのチョップドサラダパフェ」(¥980)。


アイスクリームに見立てたカッテージチーズのほか、
野菜はきゅうり、セロリ、パプリカ、アボカドなど盛りだくさんです。


3_10_parfait_P6060393.jpg


そして、こちらが旅の一日の"シメ"に楽しんでいただきたい「ぶどうの花パフェ」(¥1,380)。
3種類あるパフェの中でも、こちらはお店のコンセプトから"ぶどう"にこだわったパフェに仕上げています。


ぶどうゼリーに始まり、ぶどうソルベ、ぶどうの粒の丸ごとトッピングと"ぶどう尽くし"。


2_11_parfaitzoom_P6060403.jpg


ぶどう粒の下には、小樽ワイン"ナイアガラ"ので作ったほんのり大人の香りが漂うジュレ。
パフェの中には、チアシード、マヌカハニー入りヨーグルトやアサイーなど
スーパーフードも入っており、女子にはちょっと嬉しい内容です。


トップにきらめくあめ細工は手作りで、フォトジェニックなだけではなく、
ほかの食材との食感の違いが楽しめます。


013_beef_P6060310.jpg


12_1_curry_P6060302.jpg


最後に、ランチタイムについてご紹介します。
(※2019年5月よりディナー営業のみに変更しています。)


ディナーメニューで人気の"ぶどう酒漬牛ステーキ"をランチセット(¥1,000)で
味わえるものや、日替わりプレート↑(ハヤシライス/¥880)など。
ランチタイムのみ食券制で、コーヒーなど飲み物は自由にいただけます。


2_12_inner_P6060352.jpg


女子ひとりでも入りやすいと思います。
ビジネスでもプライベート旅行でも、食事でもシメのパフェでも、
シチュエーションに合わせて楽しめると思うので、札幌駅界隈に行った際は、
ぜひ行ってみてください。


なお、夜の時間帯によっては、地元の仕事帰りの人で混み合っていることがあるので、
事前に電話などで確認することをおススメします。


【和バル ぶどうの花】
札幌市中央区北2条西3-1 敷島ビルB1F(札幌駅前通地下歩行空間チ・カ・ホ直結)
TEL: 011-206-1488
営業時間: ランチ 11:30~14:00(L.o 13:30)
      ディナー 17:00~23:00(L.oフード22:00/ドリンク・パフェ22:30)
定休日: 日曜日(変更の場合あり)
*アクセス*
・地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ駅(出入口9)」より徒歩約3分(約220m)
・地下鉄「大通駅(出入口7)」より徒歩約4分(約290m)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年7月 2日
« 前の記事「間もなく開幕!ピクニック気分で楽しめるクラシックの夏フェス『パシフィック・ミュージック・フェスティバル』」へ
»次の記事「日本最北の街、稚内でごちそうに舌鼓の夜と朝。「旅館山一」」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌に"氷点下"のシーズン到来!
"白い恋人"がクラフトビールに!「羊蹄山麓ビール 白い恋人」
12月に見たい北海道のイルミネーション[札幌・小樽・余市・函館・美瑛]
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
1年前の同じ月に投稿された記事
どこか懐かしい北海道の風景画~グランパ カナイ、金井英明氏のギャラリー&ギャラリーショップ
【中島公園・すすきの】深夜まで営業、テイクアウトもできる"ロカボ"なデリの『Cloud Kitchen』と、バーラウンジ『OZ』
旭川で味噌ラーメン!「みそラーメン よし乃 本店」
道の駅「阿寒丹頂の里」でローカルフードグルメ(軽食)に舌鼓

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集