海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 新千歳空港から車で15分のサンクチュアリ「ウトナイ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月27日

新千歳空港から車で15分のサンクチュアリ「ウトナイ湖」で自然浴


新千歳空港から車で15分のサンクチュアリ「ウトナイ湖」で自然浴

苫小牧市内にある日本屈指の渡り鳥飛来地で、
ラムサール条約登録湿地でもある「ウトナイ湖」は、
身近に自然を感じられる"道の駅"としても知られています。


24_1_sky_P8180382.jpg


北海道外では、連日猛暑が続いていますが、
北海道は、見上げるとすっかり秋色の空です。


23_2_utonaisighnage_P8180428.jpg


ウトナイ湖は「道の駅 ウトナイ湖」の施設に直結!
道の駅の建物のすぐ裏がウトナイ湖です。


22_3_utonailake_P8180417.jpg


湖面に青空が写るウトナイ湖。
道の駅の建物から、あまりに近くてびっくりです。


21_4_swan_P8181025.jpg


さらに驚いたことには、岸辺に白鳥が!


20_5_swans_P8181026.jpg


湖のなかほどにもつがいらしき白鳥がいます。


19_6_swan_P8181019.jpg


冬にロシアからオオハクチョウなどが飛来するウトナイ湖ですが、
ケガなどで春先に飛び立てなかったオオハクチョウが苫小牧市内の各所に
とどまっていることがあるそうです。
思いがけず、この時期にオオハクチョウを見ることができました。


18_7_wetlandsighnage_P8180434.jpg


ウトナイ湖周辺の自然観察路を歩いてみました。
ちなみに、足元が歩きやすく整備されており、歩きやすい靴であれば散策可能ですが、
湿地ということもあり、おススメは長靴です。
道の駅のショップでも野鳥観察用のポータブルな長靴を販売しています(2018年8月現在)。


17_8_birdsighnage_P8180435.jpg


5_20_birdsighnage_P8180474.jpg


生息する動植物についての標識も多数設置され、
歩きながら自然にウトナイ湖について知ることができます。
子どもの頃の社会見学を思い出します。


16_9_woods_P8180439.jpg


林が続く"ハスカップの小径"に入ると、どこからともなく鳥のさえずりがたくさん聞こえてきます。
まだ葉が多く茂っているので、姿を確認することはなかなかできませんが。


15_10_plane_P8180442.jpg


木の葉の間からは、新千歳空港へ向かう飛行機も。


14_11_river_P8180452.jpg


途中、川に遭遇しました。
「オタルマップ川」というそうです。
見ると川が赤い...。


13_12_redriver_P8180449.jpg


川上流部にあたる勇払湿原にすむバクテリアの影響で、
水中の鉄分が酸化し赤い鉄になるそうです。
写真↑は川底に付着した酸化鉄。


12_13_wetland_P8180456.jpg


林を抜けると湿原らしい風景が開けました。


9_16_berry_P8181073.jpg


"Japanese Rasberry"
「ナワシロイチゴ」


11_14_flower_P8181047.jpg


"Boneset"
「ヒヨドリバナ」


10_15_cherry_P8181071.jpg


木道の周りには、かわいらしい花や実があちらこちらに。


8_17_dragonfly_P8180470.jpg


都会の街中では、あまり見なくなってきた
トンボがたくさんとまっています。


7_18_swans_P8181062.jpg


"Whooper Swan from the viewpoint, Magan-no-Terrace(Terrace of the white-fronted goose)"


湖のそばには、いくつか"テラス"が設置されており、
写真↑は「マガンのテラス」から垣間見た遠くのオオハクチョウ。


6_19_restspot_P8180478.jpg


"あずまや"では屋根付きベンチで湖を見ながら小休憩できます。


4_21_dragonfly_P8181049.jpg


"Damselfly"


3_22_grasshopper_P8181081.jpg


"Bushcricket"


夜の涼しさに夏は終わりかと思っていましたが、
セスジイトトンボやキリギリスなど、元気に活動中の昆虫にも多く遭遇。


2_23_pinkflower_P8180482.jpg


1_24_flowercotton_P8181043.jpg


道の駅建物の周りにもかわいらしい花がいくつも咲いています。
自然観察路は約500mと手軽な距離なので、ウトナイ湖へ立ち寄った際、
晴れていたら観察路散策もおススメです。


【ウトナイ湖】
北海道苫小牧市植苗156-30(道の駅ウトナイ湖)
*アクセス*
・車で新千歳空港より約15分


関連サイト
ウトナイ湖サンクチュアリ
道の駅ウトナイ湖

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年8月27日
« 前の記事「"目からウロコ"なお米ごはんのおいしい"お供"いろいろ@「あじと Cafe HIHI"NO」」へ
»次の記事「【長沼町】人気の"タンネトウ"ブランド、長沼ジンギスカンを直営店「成吉(じんきち)」で。」 へ
札幌特派員 新着記事
旭川・江丹別発。森の気配が漂うレストラン&カフェ「Chirai」(チライ)で。
札幌でも初冠雪、平地にも紅葉シーズンが到来
北海道グルメLOVERへ!北海道「秋の味覚イベントの味」をオンラインで。「北海道ひとはこ物産展」第2弾がスタート!!
手作りソーセージとハムを手軽にサンドイッチでテイクアウト。北海道新十津川町の「ヴルストよしだ」
簡単自炊で味わう素朴で贅沢な「田舎ごはん」~旭川「リスの家」夏・秋編
旭川発、森の中の小さな家「リスの家」でのんびりと過ごすプライベートな休日
北海道空知エリア・夕張で頬張る、もちもちの「ぱんじゅう」とフレッシュスイーツ
行ってみたら、自然も満喫できた"昭和レトロ"感じる映画の町「夕張」
1年前の同じ月に投稿された記事
ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
こだわりとおもてなしの心配りが随所に~地元で人気の和風旅館、定山渓温泉鹿の湯別館「花もみじ」
平日は朝7:30から♪フレッシュジュース&米こうじスムージー『KOTORI JUICE STAND』
串鳥のワイン酒場"TANTO"で焼き鳥・イタリアン・ワインを。

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集