海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > "目からウロコ"なお米ごはんの...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月21日

"目からウロコ"なお米ごはんのおいしい"お供"いろいろ@「あじと Cafe HIHI"NO」


"目からウロコ"なお米ごはんのおいしい"お供"いろいろ@「あじと Cafe HIHI"NO」

旅の途中、連日、おいしいものを食べ続けて、
いわゆるグルメ三昧を少し休憩したいときはありませんか。


P7230894.jpg


お米ごはんをサラりとおいしく食べられるお店をご紹介します。
2018年7月にメニュー変更を行い"お米バー"と"おだしバー"というスタイルで
ごはんをよりおいしくいただくヒントが満載のビュッフェランチを提供する
「あじと Cafe HIHI"NO(カフェひびの)」です。


P7230939.jpg


"Cafe HIBITO near the Horohirabashi Station"


中島公園の南端、地下鉄南北線「幌平橋駅」2番出口から徒歩約2分。


P7230898.jpg


P7230899.jpg


建物1階はお米や食品などを販売する店舗"米屋Bey Bey"、
その2階がお米のビュッフェランチができるカフェです。


メニューは3種類。
"おこめバー+おだしバー+ドリンク"を基本に、季節の2品、ごはんのおともがセットになった
"AGT SPECIAL C"(\1,200)が最もシンプルなメニューで、
これに好きなスイーツを選んでプラスする"AGT SPECIAL B"(\1,900)、
Bのスイーツに代わり"美肌プリン"をプラスする"AGT SPECIAL A"(\1,700)があります。


P7230928.jpg


P7230886.jpg


いずれも土鍋で炊いた"ごはん"、ごはんにかける"おだし"が3種類(おかわり自由)。
"おだし"は、お好みでごはんにかけていただくのですが、
おだしによって、お茶漬け風だったり、冷や汁風、リゾット風にいただけるのです。


P7230893.jpg


ごはんのおとももビュッフェ形式で好きなものを自由に選ぶことができます。
そしてドリンクは5種類から選択。


ごはんは「小粒のデトックス玄米」「オリジナル雑穀米」
「3日間寝かせて発酵させた玄米」、
おだしバーは「あじと米味噌」「トマトとアボカド」
「玉露」の3種類で、いずれもおかわりができます。


P7230900.jpg


最初に選んだごはんとおだしに味噌汁、季節の2品が運ばれてきました。
おだしは"トマトとアボカド"です。


このおだしに隠れて見えませんが「いり番茶」が
お口直しとしてついています。


P7230882.jpg


P7230910.jpg


定番の和風そうざいから、オリーブオイルなど、普段はあまり
"ごはん"に組み合わせないようなものまで、さまざまある"ごはんのおとも"は、
ネームプレートの色で各"おだし"との相性がわかる仕組みです。


P7230911.jpg


いろいろな"おとも"を少しずつ乗せていくと
おだしとの相性に期待と不安が混ざり合い、
食べてみるまでドキドキしますが、同時にワクワクもします。


P7230913.jpg


組み合わせを考えたり、味覚に集中したりで、
いつも以上にごはんやおかずをじっくり味わうランチになりました。


P7230930.jpg


P7230922.jpg


スイーツとドリンク(写真は手作りジンジャーエール・ローズヒップの氷入り)を
楽しむ前に、予想以上にごはん(とダシ)がすすみましたが、
デザートタイムは別腹で、やはりおいしくいただきました。


P7230935.jpg


P7230934.jpg


1階のお店では日本酒に漬けた"日本酒レーズン"入りの
「麹スコーン」やランチの口直しにあった「いり番茶」などを購入できます。


北海道グルメ三昧の食事から少し趣向を変えた
毎日の"ごはん"のヒントにもなるごはんグルメを楽しんでみるのも
旅の道中では新鮮な過ごし方になるかもしれません。
中島公園散策の際にに訪れるてみてはいかがでしょう。


【あじと Cafe HIHI"NO】
札幌市中央区南16条西4-1-10
TEL: 011-552-3729
営業時間: 11:30~18:00(L.o 17:00)
      ランチタイム 11:30~14:00
定休日: なし
*アクセス*
・地下鉄南北線「幌平橋駅」2番出口より徒歩約2分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年8月21日
« 前の記事「「ゆにガーデン」で花と景観を楽しむ~北海道由仁町」へ
»次の記事「新千歳空港から車で15分のサンクチュアリ「ウトナイ湖」で自然浴」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌に"氷点下"のシーズン到来!
"白い恋人"がクラフトビールに!「羊蹄山麓ビール 白い恋人」
12月に見たい北海道のイルミネーション[札幌・小樽・余市・函館・美瑛]
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
1年前の同じ月に投稿された記事
ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
こだわりとおもてなしの心配りが随所に~地元で人気の和風旅館、定山渓温泉鹿の湯別館「花もみじ」
平日は朝7:30から♪フレッシュジュース&米こうじスムージー『KOTORI JUICE STAND』
串鳥のワイン酒場"TANTO"で焼き鳥・イタリアン・ワインを。

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集