海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 地球のパワーを感じるような神秘の趣き。オホーツクラ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月24日

地球のパワーを感じるような神秘の趣き。オホーツクライン・枝幸町のウスタイベ千畳岩


地球のパワーを感じるような神秘の趣き。オホーツクライン・枝幸町のウスタイベ千畳岩

網走から稚内へ至る海沿いの道、国道248号、別名"オホーツクライン"を通る際には、
ぜひとも寄り道をおすすめするスポットが枝幸(えさし)町にある
"ウスタイベ千畳岩(せんじょういわ)"です。


1_signage_P9150025.jpg


"Usutaibe Senjoiwa Rock in Esashi Town, Okhotsk Area"


ウスタイベはアイヌ語から、千畳岩は、畳を敷き詰めたような景観から
この名前で呼ばれています。


2_rockandsea_P9150185.jpg


階段を降りて、千畳岩の上へ。


3_rockandsky_P9150192.jpg


足元の千畳岩にばかり気を取られていましたが、
背の高さよりもっと高く盛り上がった千畳岩は、
写真で見たキングス・キャニオンやグランド・キャニオンを思わせる景観です。


ですが厳密に言うと、キングス・キャニオンやグランド・キャニオンは
長い時間かけて砂岩が浸食を受けてできたもので、一方、
ウスタイベ千畳岩は溶岩が急に冷えてできた柱状節理、というものだそう。


4_waves_P9150026.jpg


千畳岩を歩くと、すぐそこまで波が押し寄せています。


5_seaweed_P9150030.jpg


"Seaweed in the puddle of seawater on the Usutaibe Senjoiwa Rock at low tide"


岩場にできた水たまり(?)に見えた海藻。
潮の満ち引きによって、見えるものが違ってきそうです。


稀に、岩場にハート型の水たまりが出現することがあるそう。
これをカップルでみつけることができたら、それは幸運の暗示だそうです。
今回は、残ながら見ることはできませんでした。


6_rock_P9150191.jpg


ハート型は見られずとも、この景観の迫力!


7_shell_P9150194.jpg


"Shells on the Usutaibe Senjoiwa Rock at low tide"


引き潮の際に現れる岩場の貝がかわいらしい。
磯遊びには絶好の場所です。


8_rockandsky_P9150208.jpg


千畳岩で潮の香りや波の音に包まれて深呼吸するだけで、
自然のパワーを感じられる気がします。


9_morningview_P9160357.jpg


"The view of Usutaibe Senjoiwa Rock early in the morning"


こちらはウスタイベ千畳岩で撮った朝の光景。
青空のもと、元気いっぱいな雰囲気の千畳岩は楽しかったのですが、
こちらは、より印象深い神秘的な光景です。


ウスタイベ千畳岩は、キャンプ場にもなっており、
広い芝生もあります。


今回は「こころとからだの休暇たび」というテーマのツアーで枝幸町を訪れ、
早朝にウスタイベ千畳岩を前に芝生で、ツアーのプログラム「朝ヨガ」を体験。
広々とした空間で、神秘的な光景を目の前に深く息を吸い込むだけでも
心身ともにリフレッシュできそうです。


また、ウスタイベ千畳岩キャンプ場は、毎年7月に開催する
「枝幸かにまつり」の会場にもなっています。
かにまつりに訪れたら、目と鼻の先にある「ウスタイベ千畳岩」を
ぜひ間近に見てください。


【ウスタイベ千畳岩】
北海道枝幸郡枝幸町岬町
(ウスタイベ千畳岩キャンプ場より約210m)
*アクセス*
・宗谷バスで「枝幸バスターミナル」より「浜頓別線・浜頓別バスターミナル行」乗車、
「千畳岩入口」停留所下車(所要時間約8分)、徒歩約8分(約600m)


関連サイト
枝幸町観光協会

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年9月24日
« 前の記事「【枝幸町】日本最北エリア、"オホーツクえさし"で海の幸ランチ」へ
»次の記事「温泉ホテルでリラックス&バーベキュー@うたのぼりグリーンパークホテル(枝幸町)」 へ
札幌特派員 新着記事
"白い恋人"がクラフトビールに!「羊蹄山麓ビール 白い恋人」
12月に見たい北海道のイルミネーション[札幌・小樽・余市・函館・美瑛]
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
平取町を体感!~北海道で唯一「伝統工芸」がある町の「アイヌ文様彫刻」と「クチャチセ作り」体験
1年前の同じ月に投稿された記事
2017年9月1日オープン!「似鳥美術館」「アールヌーヴォー・アールデコ グラスギャラリー」@小樽芸術村
「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村
小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集