海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 「Shirayuki(白雪)札幌愛生舘ビル店」~ニ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月20日

「Shirayuki(白雪)札幌愛生舘ビル店」~ニューヨークテイストなショップの抹茶&ほうじ茶スイーツ


「Shirayuki(白雪)札幌愛生舘ビル店」~ニューヨークテイストなショップの抹茶&ほうじ茶スイーツ

札幌中心部、電車通り沿いのビル1階にある
抹茶やほうじ茶のスイーツがいただける
「Shirayuki(白雪)札幌愛生舘ビル店」。


14_entrance_PA160026.jpg


"A coffee and maccha drink shop, SHIRAYUKI near Sapporo Odori Park 5chome"


愛生舘ビル1階のエントランスにあるお店です。


13_lump_PA160272.jpg


省スペースのステキなお店の装いに
ニューヨークのスタンドを思い出しました。


12_frozenstrawberrygelatolattetop_PA160277.jpg


早速、気になる抹茶を使ったスイーツラテを。
抹茶ジェラートが入った「フローズンストロベリージェラートラテ」(\690)です。
(価格は税別、以下同様)


名前に"ストロベリー"とうたってはいるものの、しっかりトッピングされた
フレッシュストロベリーの存在感は、実物を目の前にすると思わず気分が上がっています。


トップのまるごと一粒のイチゴは「SNSに上げます」というと、
トッピングしてもらえる嬉しいサービス。


11_frozenstrawberrygelatolatte_PA160012.jpg


"Frozen Strawberry Gelato Latte(Maccha gelato with fresh strawberries"


ストロベリーに目が行っていましたが、全貌はこちら↑。
赤・白・緑の配色が美しい...。


10_oshiruko_PA160280.jpg


"Oshiruko with maccha and rice pancake, sweet red bean soup with maccha and rice pancake"


一方、この時期にぴったりな「SHIRAYUKIのオシルコ」(\490)。
こんがり焼きあがった小さな餅が抹茶仕立てのオシルコに浮かんでいます。
辺りは、こんがり焼き立ての香ばしい餅の香り。


9_pop_PA160271.jpg


ショップカウンターにはこのようなかわいらしいイラストボードも。
インスタ用に使ってよいそうです。


8_bottledrink_PA160283.jpg


"The Bottle Drink with milk jelly"


そしてイラストボードの実物がこちら↑。
「ボトルドリンク」(\550)


1階のショップはカウンターだけですが、
ビル7階に飲食スペースがあるので、そちらへ向かいます。


7_corridor_PA160025.jpg


エレベーターを降りると飲食スペースを案内するサイン。


6_spacedoor_PA160024.jpg


10歩で到着。
摺りガラスで中が見えない白いドアとドアプレート「703-A」に
昭和レトロなおしゃれ感がにじみ出ているような入口です。
さらに白地に黒の"白雪"提灯が渋い!


予想もしない構えにワクワクしながらドアを開けると...。


5_inside_PA160015.jpg


"The eat-in space of SHIRAYUKI on the 7th floor"


スタイリッシュな空間が!
そして、とても落ち着きます。


4_oshiruko&gelato_PA160284.jpg


"SHIRAYUKI no Oshiruko and Frozen Strawberry Gelato Latte"


早速いただきます。


3_gelatojam_PA160290.jpg


"Hand-made strawberry jam in the Frozen Strawberry Gelato Latte"


抹茶ジェラートの上品な味に虜になります。
京都のお店から直接取り寄せているという高級抹茶を使っているのだそうです。


抹茶の風味と品のよい苦み、さらにジェラートのほのかな甘さがおいしい!
後味スッキリの抹茶ジェラートは、初めての感覚です。


そして、下にたっぷりと層をなしている赤い液体は「手作りストロベリージャム」。
イチゴ本来の味がそのまま残るストロベリージャムは、おかわりしたくなる味です。


白いクリームに見える部分はミルクジェラート。
生クリームではないので、あっさりいただけて、まさに別腹スイーツ。


3_oshiruko_PA160288.jpg


"Sweet bean paste in the SHIRAYUKI no Oshiruko"


そしてオシルコは、芳ばしい焼餅が食欲をそそりつつ、
こちらもほんのり甘い抹茶仕立てのオシルコとの相性が抜群。
ジェラートもオシルコも、抹茶とのコラボレーションのバランスに感動します。


さらに甘さをしっかり控えた上品なオシルコの底には、
あずきたっぷりの餡が広がっています。


2_bottledrinks_PA160286.jpg


"Bottle Drinks, Maccha Green Tea Latte and Hojicha Roasted Green Tea Latte with milk jelly from Hokkaido"


北海道産ミルクを使ったミルクゼリー入り抹茶ラテとほうじ茶ラテは、
太めのストローを使っていただきます。


底のミルクゼリーを崩しながらいただきます。
このとき、ラテがボトルいっぱいに入っているので、
最初に少しラテを飲んでから、底のゼリーをかきまぜて飲むのがコツです。
底からいきなり吸い上げると、勢いよくゼリーが口に飛び込むので。


2_bottledrinkzoom_PA160292.jpg


"Milk jelly in the Maccha-Green-Tea-Taste Bottle Drink"


かき混ぜていくと、次第にラテとミルクゼリーが融合していき、おいしいです。


1_inside_PA160018.jpg


実はこのイートインスペース、中にガラス扉があり、その向こうは仕立て屋さんの工房とオフィス!


1_craftroom_PA160021.jpg


1_craft_PA160022.jpg


"The tailor's atelier and office next to the eat-in space"


ガラス越しにクリエイティブな雰囲気がいっぱいの工房を見ながら、
ゆっくりラテを味わうと、自分までクリエイティブな気分になりました。


0_oshiruko_PA160285.jpg


ショップ、7階のイートインスペースとも
オープン時間は12:30~19:00です。
街歩きのおともにぜひ味わってみてください。


【Shirayuki(白雪)札幌愛生舘ビル店】
札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル1階
TEL: 080-3239-0462
営業時間: 12:30~19:00
定休日: 無休
*アクセス*
・地下鉄「大通駅」より徒歩約5分(約430m)
・大通公園5丁目西側より徒歩約3分(約220m)



関連サイト
白雪
白雪 facebookページ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年10月20日
« 前の記事「"紅葉北海道2018"~定山渓温泉(札幌)」へ
»次の記事「紅葉北海道2018~オタルナイ湖(朝里ダム)」 へ
札幌特派員 新着記事
北海道スイーツLOVERへ!3000セット限定、北海道の人気菓子メーカー6社のお菓子詰め合わせ箱を発売
北海道の緊急事態宣言解除も、5月末まで外出自粛を継続中(2020年5月26日現在)
オホーツクの春、摩周湖近くの森で。「神の子池」~アームチェア・トラベル編
5月の海~函館エリア「恵山・内浦ライン」の海、ときどき山~アームチェア・トラベル編
北海道の春は子馬の季節 ~ アームチェア・トラベル編
道南、松前町の桜~アームチェア・トラベル編
【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編
「北海道・札幌市緊急共同宣言」に伴う札幌市内施設の「再休館」について
1年前の同じ月に投稿された記事
北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
紅葉と冠雪の札幌
香り豊かな小麦・ライ麦をパンで味わう~アンチェインドベーカリー
北海道余市町産ブドウ由来のワインが一同に!「中根商店」~北海道余市町

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集