海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 「男爵いも」発祥の地で、ポテト&道南グルメ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月24日

「男爵いも」発祥の地で、ポテト&道南グルメ~THE DANSHAKU LOUNGE


「男爵いも」発祥の地で、ポテト&道南グルメ~THE DANSHAKU LOUNGE

2018年3月にオープンした七飯町の道の駅"なないろ・ななえ"に続き、
2019年4月、その隣にオープンした「THE DANSHAKU LOUNGE」(男爵ラウンジ)。


1_danshakulounge_P6110087.jpg

"Museum, Shop and Dining, THE DANSHAKU LOUNGE in Nanae Town"


ほんの少し前まで(?)、北海道の代名詞とも思えた「男爵いも」。
実は川田龍平という男爵が名前の由来だそう。
イギリスに留学経験があり、函館の農業や経済に大きな影響を与えた川田男爵をモチーフにした
博物館、お土産ショップ、レストランとして、七飯町に誕生した新しい観光スポットです。


3_tools_P6110094.jpg


4_lettersfromjenny_P6110099.jpg


2_pomp_P6110090.jpg


北斗市にあった"男爵資料館"の展示品を移設しており、
店内はおしゃれなディスプレイの博物館!


宙に舞っている紙は、川田男爵のイギリス留学中の恋人とやりとりしたラブレター!
近づいてみると、文字を読み取ることができます。


5_secondfloor_P6110103.jpg


2階スペースにも展示品。
西洋風の食器があったり、親近感を感じる展示の数々は必見です。


6_restaurant_P6110109.jpg


そして北海道や道南の食材を使ったレストラン!


7_fireplace_P6110106.jpg


室内ですが、薪式グリルを使った焚火料理もいただけるレストランです。


12_drinks_P6110115.jpg


最初は気になるドリンクを。
「ポップコーク」(580円)と「トロピカルバタフライピー」(650円)。


ポップコークは、コーラにホイップクリームとポップコーン!
見た目はコーラフロートにそっくりですが、意外にあっさり味にびっくり。
ポップコーンの香ばしさも加わり、コラボレーションが楽しい風味です。


タイで人気のブルーハーブ「バタフライピー」を使ったドリンクは、
南国フルーツをミックスしたシロップ入り。
2層に分かれて運ばれてくるのですが、かき混ぜると色が...。
ぜひお試しください!


10_curry_P6110127.jpg


ランチタイムには間に合わなかったのですが、遅めのランチをいただきました。
カフェタイムのメニューは、男爵スタイル和牛バーガー(1,300円)、
函館ハンバーグカレー(1,400円)、道南ポークのカツカレー(1,400円)と
魅力的なメニューの中から、「男爵コロッケチーズカレー」(1,250円)を。


男爵いものコロッケとカレーのコラボレーションは、
間違いのない相性ですが、加えてチーズがアクセントに。


8_frenchfry_P6110116.jpg


こちらは、テイクアウトメニューを購入し、レストランでいただきました。
「ザ・男爵チップス(フライドポテト)」(400円)!


ディップを4種類から選べるほか、オイルも4種類から選ぶことができ、
その組み合わせを楽しむスタイルです。

オイルは、トリュフ、薪スモーク、スパイシー、ガーリック。
ディップは、サワークリーム、サーモンクリームなどからチョイス。


9_frenchfry_P6110124.jpg


男爵いものチップスの味はもちろん、パッケージがこんな形に!


11_dessert_P6110134.jpg


カフェメニューには、デザートもあります。
写真は「リンゴのキャラメルマフィンサンド」(680円)。


七飯町産のりんおをキャラメリゼし、イングリッシュマフィンと
アイスクリームでいただきます。
パンケーキ風にいただく"イングリッシュマフィン"、なかなかおすすめです。


13_souvenirs_P6110096.jpg


14_signage_P6110141.jpg


地元のお土産やTHE DANCHSAKU LOUNGEオリジナルのお土産もあり、
見て、食べて、買って楽しめるスポットです。


レストランには、まだまだ食べてみたいメニューが並んでいたので、
次の機会には、また訪れたいと思います。


THE DANSHAKU LOUNGE
北海道亀田郡七飯町峠下379-3(道の駅「なないろ・ななえ」隣り)
TEL: 0138-82-8888
営業時間: 9:00~18:00
定休日: 年中無休(年末年始・施設メンテナンス休業を除く)
*アクセス*
・車でJR函館駅より約25分、湯の川温泉より約32分、函館空港より約33分。



関連サイト
THE DANSHAKU LOUNGE
函館 男爵倶楽部 ホテル&リゾーツ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2019年7月24日
« 前の記事「印象風景~北海道日高町 日高エリア」へ
»次の記事「元祖さっぽろラーメン横丁で「鮭ぶしラーメン」!」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌駅界隈で、海鮮もジンギスカン鍋も「七輪焼き」で楽しめる「ヤマタケ水産食堂」
2019年の「さっぽろホワイトイルミネーション」スタート
11月初旬の北海道ドライブ~胆振・後志
札幌で、平年より10日遅い初雪
札幌・琴似でイタリア・ローマを味わう「ヴェッキアローマ」
札幌中心部より車で約30分。手稲山と紅葉を見ながら秋の森林浴
札幌駅北口でお寿司と旬の肴! 「寿司と炉端焼 四季花まる」
北大散策帰りに! 欧風の雰囲気漂う古民家イタリアン「ダイニング&バー ル クレエ」
1年前の同じ月に投稿された記事
ニセコの閑静な山の麓でランチ!手作りソーセージの「エフエフ」
日本最北の街、稚内でごちそうに舌鼓の夜と朝。「旅館山一」
札幌の夜は"ぶどうの花パフェ"で涼しくしめる「和バル ぶどうの花」
間もなく開幕!ピクニック気分で楽しめるクラシックの夏フェス『パシフィック・ミュージック・フェスティバル』

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集