海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 北海道・積丹町「余別 浜寿し」で、"夏の...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年8月26日

北海道・積丹町「余別 浜寿し」で、"夏の海鮮"を楽しむ


北海道・積丹町「余別 浜寿し」で、"夏の海鮮"を楽しむ

北海道、特に札幌近郊では、積丹(しゃこたん)町といえば...
恐らく、おいしい旬の「雲丹(うに)」を思い浮かべる人が多いと思います。


小樽から西へ積丹町へ続く町はいずれも日本海に面し、
おいしい海鮮が食べられるエリアでもあります!


File0805.jpg


"The ocean blue at Shakotan Town, which is named Shakotan Blue"


そこで「積丹ブルー(シャコタン・ブルー)の海を見に
積丹町へ出かけた先では、もちろんおいしい海鮮グルメのランチ。


今回訪れた、積丹町の人気観光スポット、神威岬にほど近い
「余別 浜寿し」をご紹介します。


P8032648.jpg


P8032646.jpg


"Sushi restaurant, Yobetsu Hama-Sushi near Cape Kamui"


積丹町中心部から神威岬へ向かう道沿いにあります。
前浜で獲れたネタを中心としたお寿司はもちろん、
豊富な種類の海鮮ちらし(海鮮丼)などをいただけます。


P8032627.jpg


"Sashimi Rice Bowl, Hama-don with fresh raw seafood"


たとえば、こちらは「浜丼」(1,400円)。
生のネタを中心に10種類もの海鮮がちりばめられた浜丼は、
新鮮な海鮮丼を楽しむのに十分すぎる内容です。


「浜丼」は十分すぎる贅沢な内容でしたが、
北海道の旅の思い出に、さらにバリエーションに富む海鮮丼をご所望の方は...


P8032641.jpg


"Extra Special Sashimi Rice Bowl, Tokujo-chirashi with more than 15 kinds of sashimi"


この迫力ある「特上ちらし」(2,800円)はいかがでしょう。


P8032635.jpg


浜寿し特上ちらしの全貌。


浜寿しでは、特上ちらし、上ちらし(2,000円)とあり、
江戸前ちらし、生ちらしとも呼ばれる、いわゆる海鮮丼のメニューです。


特上チラシは、ざっと数えただけでも15種ほどが散りばめられています。


P8032645.jpg


さらに、特上ちらしには、イクラやサーモンの下から、
なんと、高級すしネタとして知られる「シャコ(蝦蛄)」なで隠れています!


季節や天候によって、ネタは多少異なることがありますが、
この海の幸の鮮度とボリューム、おすすめです!


さらに、この時期(~8月下旬頃)の特典は、新鮮なウニ。


P8032622.jpg

"Sashimi Rice Bowl, Shakotan-don with sea urchin, abalone, salmon roe and squid"


ウニ漁がおこなわれているこの時期ならではのウニを中心とした
特別なメニューがいくつかあります。
・うに・あわび・いくら・イカの「積丹丼」(3,000円)
・うに・あわび・平目の「三色丼」(3,000円)
・うにトロ丼(3,200円)
・うに平目丼(2,800円)など。


写真↑は「積丹丼」。
ウニの存在感と人気の海鮮ネタをたっぷり楽しめる海鮮丼です。


道産子は、こちらのさらに特別なウニ丼をめざして積丹を訪れる人は多いのですが、
浜寿しでもウニを堪能できるメニューがあります。
・生うに丼(白/3,900円)
・生うに丼(赤・5,600円)
・赤・白うに丼(ハーフ&ハーフ/5,000円)
というラインナップ。


北海道ではエゾバフンウニを"赤うに"、キタムラサキウニを"白うに"と呼び、
味の違いを食べ比べさせてくれるお寿司屋さんがあります。


積丹半島のウニ漁は6月~8月までだそうで、
お店によって、ウニの在庫がなくなる9月上旬まで季節限定の生うにメニューをいただけます。


P8032617.jpg


ドライバーでなければ、海鮮とビール、
特に神威岬の先端まで歩いたあとのビールは格別です。


【余別 浜寿し】
北海道積丹郡積丹町余別町9-12
TEL: 0135-46-5334
営業時間: 夏期(~9月) 8:00~16:00
定休日: 不定休・冬期休業
※夏期営業最終日等は、電話で直接ご確認ください。
*アクセス*
・車で札幌中心部より札樽自動車道、後志自動車道(余市IC下車)経由、道道229号で約80分
・バスで札幌駅前ターミナルより、9:15発北海道中央バス「高速しゃこたん号」乗車、「積丹余別」停下車(約3時間10分/夏期のみ運行)、徒歩約2分
※バス利用の場合、日帰りの場合、行き、帰り(積丹余別13:47発)とも利用可能な高速しゃこたん号は1便なので留意してください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2019年8月26日
« 前の記事「8月のシャコタン・ブルー(積丹ブルー)へ、札幌から日帰りドライブ」へ
»次の記事「今時期(8・9月)の札幌で見られる街角の花」 へ
おすすめ記事
札幌特派員 新着記事
札幌で、平年より10日遅い初雪
札幌・琴似でイタリア・ローマを味わう「ヴェッキアローマ」
札幌中心部より車で約30分。手稲山と紅葉を見ながら秋の森林浴
札幌駅北口でお寿司と旬の肴! 「寿司と炉端焼 四季花まる」
北大散策帰りに! 欧風の雰囲気漂う古民家イタリアン「ダイニング&バー ル クレエ」
札幌「シメパフェ」の期間限定(10/1~10/31)レッドビートのパフェ、発売! @「パフェ、珈琲、酒、佐藤」
「カフェコントレイル」、ホテル朝食と「グルメクルージングランチ」~ホテルJALシティ札幌中島公園
すっかり秋な中、RWC2019に熱く沸く札幌の街。
1年前の同じ月に投稿された記事
『Cup 4 Life』手作りスイーツがおいしい、閑静な住宅街の隠れ家的リノベーションカフェ
北海道の夕日、春・夏・秋・冬
【長沼町】人気の"タンネトウ"ブランド、長沼ジンギスカンを直営店「成吉(じんきち)」で。
新千歳空港から車で15分のサンクチュアリ「ウトナイ湖」で自然浴
"目からウロコ"なお米ごはんのおいしい"お供"いろいろ@「あじと Cafe HIHI"NO」
「ゆにガーデン」で花と景観を楽しむ~北海道由仁町

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集