海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月27日

【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編


【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編

2度目の緊急事態宣言のなかにある札幌ですが、ウイルスの感染拡大が収束したのちには、ぜひまた北海道に遊びに来ていただきたいという思いを込めて、過去に撮影した写真から、地球の歩き方でも提案している「アームチェア・トラベル」でStayHomeを楽しんでいただけそうな写真をシェアします。
未来の北海道旅の参考にしていただけたら。


今回は「北へ向かう春の渡り鳥」。


本州で冬を越したマガンをはじめとする渡り鳥は、毎年4月に北海道を通って北へ向かいます。
2020年は、雪解けが早かったことと比例し、少し、早めに北へ向かっていったようです。


P4120338.jpg


美唄市で、早朝の空を飛ぶマガンです。
樺戸連山の山並みを背景に。


P4122333.jpg


こちらは、同じく美唄市にある「宮島沼」から「ねぐら立ち」したマガンです。
夜明けの空に舞うマガンと鳴き声が印象的。


P4280196.jpg


一方、こちらは大型の渡り鳥。コハクチョウです。
十勝エリアの南にある大樹町(たいきちょう)のオイカマイナイトーで羽を休めていたコハクチョウ。


P4120270.jpg


P4120245.jpg


幻想的なコハクチョウのいる風景は、こちらも美唄市の「宮島沼」。


いずれの写真も4月(過去)に撮影したのですが、4月の上旬、特に札幌より北では、まだ雪もたくさん残っている季節です。
そのため、マガンが水辺から飛び立つねぐら立ちやねぐら入りする早朝や夕刻は、まだとても寒くなる季節でもあるのですが、ひとたび渡り鳥が優雅に空を飛ぶ光景を見れば、その寒さを忘れるほどです。


【宮島沼】
・住所: 北海道美唄市西美唄町大曲3区
・アクセス: 札幌より車(一般道経由)で約1時間15分(約53km)/札幌より車(道央自動車道経由)で約1時間8分(約65km)/
JR「札幌駅」より特急「オホーツク」「スーパーカムイ」「スーパー宗谷」でJR「美唄駅」下車(所要時間約35分)、JR「美唄駅」より車で約18分
【大樹町】
・アクセス: 「とかち帯広空港」より車で約30分/帯広市より車で約60分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年4月27日
« 前の記事「「北海道・札幌市緊急共同宣言」に伴う札幌市内施設の「再休館」について」へ
»次の記事「道南、松前町の桜~アームチェア・トラベル編」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌・石狩エリアに先がけ、北海道内各地で観光施設、道の駅が徐々に再開
北海道スイーツLOVERへ!3000セット限定「北海道ひとはこ物産展」、北海道の人気菓子メーカー6社のお菓子詰め合わせ箱を発売
北海道の緊急事態宣言解除も、5月末まで外出自粛を継続中(2020年5月26日現在)
オホーツクの春、摩周湖近くの森で。「神の子池」~アームチェア・トラベル編
5月の海~函館エリア「恵山・内浦ライン」の海、ときどき山~アームチェア・トラベル編
北海道の春は子馬の季節 ~ アームチェア・トラベル編
道南、松前町の桜~アームチェア・トラベル編
【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編
1年前の同じ月に投稿された記事
美しい小樽の海が見えるカフェで寛ぐひととき
オトナの美味しい社会見学『キリン一番搾りエクスペリエンスツアー』!
北海道に桜前線が到達!花の季節になりました。
札幌・ススキノの粋な夜は、日本酒とソバと絶品「蕎麦の実」料理をこころゆくまで

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集