海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 5月の海~函館エリア「恵山・内浦ライン」の海、とき...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月23日

5月の海~函館エリア「恵山・内浦ライン」の海、ときどき山~アームチェア・トラベル編


5月の海~函館エリア「恵山・内浦ライン」の海、ときどき山~アームチェア・トラベル編

北海道の5月といえば、いろいろな花がいっせいに咲き始める季節ですが、しばらくステイホームしていると広々とした海が恋しくなり、過去に撮った写真から5月の海をアームチェア・トラベルしてみます。
コロナ禍が落ち着いたら、ぜひ行きたい海辺の風景です。その際は、北海道、道南の海を見に来てください。


map_hokkaido_911402-2.jpg


今回ご紹介するのは、道南の函館市とその近隣の国道278号線を通ると見られる海の風景です。
道央自動車道を利用して函館市街に行くことが多く、なかなか通らない海沿いの道です。


1_yakumo_P4300004.jpg


道央自動車道にある八雲町情報交流物産館「丘の駅」。
小高い丘に位置する「丘の駅」からは、噴火湾を一望できます。
少し靄がかかっていますが、この先、海の風景はきれいに見られるでしょうか。


2_sawara_P4300079.jpg


道央自動車道を降りて、国道278号を走ると通称「恵山・内浦ライン」。
砂原町(さわらちょう)へ入ると「駒ヶ岳」の雄姿に目を奪われます。
駒ヶ岳は四方からその姿を見ることができますが、見る場所によって姿(形)が異なります。


3_sawara_P4300087.jpg


駒ヶ岳を南側から見たのは、このときが初めて。
ちょうど駒ヶ岳のすそ野に沿ってぐるりと走ることになり、同じ砂原町内で撮ったのですが、すでに駒ヶ岳の形が少し違って見えます。


sawara_sea_P43004_088.jpg


そしてこちらは砂原町の海。
少し薄雲が多いですが、海はとても凪いでいます。


5_shikabe_P4300231.jpg


次の町は鹿部町。
「間欠泉」で有名な道の駅「しかべ間欠泉公園」がある町です。


少し沖の上空には、海鳥が群れをなして飛んでいます。
ここでも、まだ海は凪いでいました。


6_kinaoshifishingport_P4300249.jpg


日が少し強く差してきました。いよいよ函館市へ入ります。
といっても、もとは南茅部町(みなみかやべちょう)だったエリアで、写真は木直漁港(きなおしぎょこう)。
この辺りでは戸井のマグロが有名ですが、ここ、木直漁港でもマグロが揚がることがことがあるそうです。


7_todohokke_P4300258.jpg


さらに進むと旧・椴法華村(とどほっけむら)のエリアへ。
沖に浮きがたくさん浮いており、まるで宝石がちりばめられているかのように見えました。
養殖昆布の浮きのようです。


国道278号線を進むと、この先しばし山道へ入り、海岸線とはお別れ。


8_esan_P4300272.jpg


再び海岸線へ出ると、ツツジで有名な旧・恵山町(えさんちょう)エリアです。
道の駅「なとわ・えさん」で見た海は、青空が映った深い青色。
少し波も出てきて、青と白のコントラストがきれいです。


P4300279.jpg


その海岸の手前、道の駅の建物すぐ横には、タンポポがちらほら咲いていました。


8_esan_hiuracho_P4300033.jpg


9_esan_hiuracho_seashore_P4300283-2.jpg


こちらも函館市恵山で。
ウミネコの幼鳥が、一生懸命エサをついばんでいる光景がほほえましい海辺のひとコマです。


10_toi_hakodate_P4300285-2.jpg


戸井エリアに入ると、波がはっきりとうねっていました。
雲間から時折差す太陽の光がキラキラして、強い海風の中で一層輝いているように見えます。


戸井エリアからそのまま国道278号線を進んでいくと、函館市街、湯川地区へと入ります。


ほんの数時間で海の表情が変わる様子が印象深いルートでした。
遠出をできる日が待ち遠しいです。
来年以降、ゆっくりドライブにおすすめしたい恵山・内浦ラインの海です。


P6100133.jpg


最後に、6月の函館・湯の川の浜辺で撮った海です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年5月23日
« 前の記事「北海道の春は子馬の季節 ~ アームチェア・トラベル編」へ
»次の記事「オホーツクの春、摩周湖近くの森で。「神の子池」~アームチェア・トラベル編」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌・石狩エリアに先がけ、北海道内各地で観光施設、道の駅が徐々に再開
北海道スイーツLOVERへ!3000セット限定「北海道ひとはこ物産展」、北海道の人気菓子メーカー6社のお菓子詰め合わせ箱を発売
北海道の緊急事態宣言解除も、5月末まで外出自粛を継続中(2020年5月26日現在)
オホーツクの春、摩周湖近くの森で。「神の子池」~アームチェア・トラベル編
5月の海~函館エリア「恵山・内浦ライン」の海、ときどき山~アームチェア・トラベル編
北海道の春は子馬の季節 ~ アームチェア・トラベル編
道南、松前町の桜~アームチェア・トラベル編
【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編
1年前の同じ月に投稿された記事
JR帯広駅近、カフェレストランのフレッシュ野菜とステーキで、スタイリッシュに十勝を味わう!
札幌から足を延ばして、美唄のパン屋さんのおいしいお洒落カフェへ。
空知エリア・宮島沼周辺ドライブの帰りは「美唄とりめし」ランチ
北海道熟成肉をおいしいワインで~ローザンヌで腕を振るったシェフの料理をカジュアルに堪能「ラ・ブーシュリー・ヴァンヌフ」

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集