海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 行ってみたら、自然も満喫できた"昭和レト...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年8月31日

行ってみたら、自然も満喫できた"昭和レトロ"感じる映画の町「夕張」


行ってみたら、自然も満喫できた"昭和レトロ"感じる映画の町「夕張」

「夕張メロン」で有名な「夕張市」は、毎年国際映画祭が開催されるなど映画の町でもあります。
そして映画の町を象徴するような「昭和レトロ」を感じる町でもあるのです。


1_P8290061.jpg


札幌から車で約2時間弱、大きな空や......


2_P8290159.jpg


豊かな森に囲まれた夕張の町。
かつては炭鉱の町として栄え、またロケ地として映画に登場してきたことも数多くあります。


3_P8290165.jpg


映画の町を象徴し、また古きよき昭和の時代にタイムスリップしたようなたたずまいの「映画看板」を数多く見ることができます!


4_P8290186.jpg


5_P8290162.jpg


P8290201.jpg


洋画の看板があったり、邦画の看板があったり。
そして何より昭和レトロな建物にとても風情を感じます。
木製ガラス引き戸やサッシや窓の形、引き戸の中のカーテンになんとも言えない懐かしさが。


6_P8290170.jpg


ぶらぶら歩くうちに色とりどりの花が咲いているところにたどり着きました。
看板に「本町ふれあい公園」とあります。
少しずつ、いろいろな花があって目を楽しませてくれます。



そして、映画の町夕張を訪れたら、一度は行ってみたいあの場所。
再び車に乗り込んで向かった先は、「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」。


7_P8290224.jpg


チケット(大人 550円/小学生以下 300円/シニア・障がい者 500円)を購入して入場します(JAF会員カードを提示すると大人ひとり500円で入場可)。
道の向こうには、趣いっぱいに映画の感動的なラストシーンがよみがえる「五軒長屋」の炭鉱住宅が見えます。


8_P8290243.jpg


映画「幸福の黄色いハンカチ」(1977年公開)のロケ地を当時の建物や小道具などとともに残しています。


9_P6050279.jpg


P8290090.jpg


映画で使用した小道具の展示や、「幸福の聖地メッセージコーナー」がある五軒長屋「幸せを希うやかた」(しあわせをねがうやかた)とその周辺は黄色でいっぱいでした。


10_P8290233.jpg


11_P8290098-2.jpg


12_P8290245.jpg


そして晴れた日の「幸せの黄色いハンカチ」は、こちら↓。


13_P6050293.jpg


「幸せの黄色いハンカチ想い出ひろば」周辺は、ハンゴンソウやアワダチソウが咲き乱れ、一面が黄色い世界でした。
ハンゴンソウは7月~9月に見られます。


16_P8290051.jpg


夕張散策で一番のプレゼントは、ひそかに期待していた小鹿との遭遇でした。
エゾシカのかわいいバンビたち3匹が、何度も興味深そうにカメラに視線を向けつつも、逃げずに草を食んでいました。


野生動物に出合うことも多い北海道でのドライブ旅、密を避けてのんびり自然を満喫できます。
来夏以降、コロナ禍が落ち着いたら旅先の候補として検討してみてください。


【幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば】
・住所: 北海道夕張市日吉5-1
・営業時間: 2020年5月7日~9月30日 9:00~17:00
 2020年10月1日~11月10日 9:00~16:00
 ※いずれも最終入場は営業終了の30分前まで
・定休日: 期間中は無休
 ※新型コロナウイルスの影響により営業期間・時間などが変更になる可能性があります
・見学料: 大人(中学生以上)550円/小学生以下300円/シニア・障がい者500円
・駐車場: 20台(無料)
・アクセス: 札幌中心部より車で道央自動車道(江別東IC)、国道337号、道道1009号、道道3号経由で約80分(約65km)/
 札幌中心部より車で国道12号、国道274号、道道3号経由で約90分(約60km)



関連サイト
・URL: 幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年8月31日
« 前の記事「道南ドライブで、地球のエネルギーを体感する「道の駅しかべ間歇泉公園」」へ
»次の記事「北海道空知エリア・夕張で頬張る、もちもちの「ぱんじゅう」とフレッシュスイーツ」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌に"氷点下"のシーズン到来!
"白い恋人"がクラフトビールに!「羊蹄山麓ビール 白い恋人」
12月に見たい北海道のイルミネーション[札幌・小樽・余市・函館・美瑛]
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
1年前の同じ月に投稿された記事
クルーズ船「ピースボート」見学@小樽港勝納ふ頭
今時期(8・9月)の札幌で見られる街角の花
北海道・積丹町「余別 浜寿し」で、"夏の海鮮"を楽しむ
8月のシャコタン・ブルー(積丹ブルー)へ、札幌から日帰りドライブ

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集