海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 簡単自炊で味わう素朴で贅沢な「田舎ごはん」~旭川「...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月25日

簡単自炊で味わう素朴で贅沢な「田舎ごはん」~旭川「リスの家」夏・秋編


簡単自炊で味わう素朴で贅沢な「田舎ごはん」~旭川「リスの家」夏・秋編

旭川市江丹別町、春日地区の森にあるコンドミニアムスタイルの戸建て宿泊施設「リスの家」で、自分のセカンドハウスのように過ごした1泊2日。
そこで今回味わった素朴ながらも贅沢な田舎風の夕食と朝食を「リスの家」ステイの参考まで、リポートします。


1_risunoie_P9120091.jpg
"A one bed room house for farm stay at forest in Asahikawa City, Hokkaido, RISU NO IE"


キッチンには、鍋やキッチングッズがひととおり揃っており、当初は夕食・朝食とも、買い出しに出かけて気に入った食材を使い、完全自炊をイメージしていましたが、広い庭、それもBBQスペースとBBQ台があるとのことで、名残惜しい夏の終わり(ほぼ秋)の江丹別ディナーは、アウトドアBBQに決定。


さっそく、BBQ用の食材調達に出かけるのですが、その前に厚意で「リスの家」オーナーさんの自家菜園を見せていただけることになりました。


3_tomatoes_P9120158.jpg 2_eggplant_P9120146.jpg
"At the RISU NO IE owner's home garden"


私は江別育ちで、畑は見慣れていると思っていましたが、久しぶりに実際の畑に入ってみると、大小さまざまなバッタがあちこちでぴょんぴょん跳ねる光景にびっくり。
札幌の自宅近所も緑は多めですが、これほどバッタがたくさん飛ぶ様子に改めてこのエリアの自然を実感します。
ちなみに「リスの家」界隈では、周りの草藪から小鳥が何羽も飛び出してきたり、大きなトンビが道路に舞い降りている光景を3度ほど見たりしました。


自家菜園には何種類ものトマトがたわわに実り、カボチャ、ピーマン、ズッキーニ、スイカ、メロンまで!
新鮮野菜をいくらか譲っていただけることになり、BBQ用には肉と飲み物、そして翌日の朝食などを買いに出かけました。


P9120170.jpg
"Farmer's Market ASAGAO"


オーナーさんに教わったJAあさひかわの農産物直売所「あさがお」では、チーズが有名な伊勢ファーム(旭川市江丹別町)のポークウィンナーを発見!
BBQを彩る食材としては欠かせない(と思っている)ウィンナーを地元産、しかも江丹別町産で手に入れられて、気分がぐぐぐっと上昇。


3_sausagefromisefarm_P9120206.jpg
"Pork sausages from ISE FARM in Etanbetsu and Sausages for BBQ from Wurst Yoshida in Shintotsukawa"


写真左が「あさがお」で購入した旭川・江丹別町産「生ポークウィンナー」(伊勢ファーム)。右は旭川までの道すがら、新十津川町で購入した「ドイツ風焼くソーセージBBQサイズ」(ヴルストよしだ)。


「あさがお」では、当初行ってみようと思っていた「すぎもとファーム直売所」(旭川市西神楽)の肉も販売しており、スペアリブを購入できました。このほか、今回は購入しませんでしたが、地元の酒蔵、高砂酒造の酒粕を食べて育つ旭川のブランド牛「旭高砂牛 」のステーキ肉もありました。


7_bestprice_P9120174.jpg


6_isono_P9120172.jpg
"Nearest super market and a butcher for YAKINIKU BBQ"


それからスーパーで飲み物や木炭、「焼肉直売所いその」でサガリやホルモンなど(焼肉タレ付き!)を購入。


8_veges_P9120216.jpg
"Fresh vegetables from the owener's home garden"


「リスの家」に戻り、オーナーさんが用意してくれた自家菜園の"もぎたてピカピカ新鮮野菜"をBBQ用に下準備。
キッチンで野菜を切り、カボチャは電子レンジで少し蒸して、準備完了!
まな板、包丁、ザルやボウルがすべて揃っているので、準備も片づけも楽ちんです。


9_bbq_P9120229.jpg


素朴だけどゴージャス!
地元産の野菜と肉で、ちょっぴり涼しくなってきた空の下、炭火のぬくもりを楽しみながらBBQ。


10_P9120220.jpg
"SAPPORO CLASSIC with fresh hop from RISU NO IE"


そして飲み物は、サッポロクラシックのホップトッピング


11_hop_P9120096.jpg


冒頭の写真でも見ていただけますが、「リスの家」の玄関ポーチにはホップが実っています!
オーナーさんのおすすめで、こちら、もぎたて新鮮ホップをサッポロクラシックとコラボレートさせました。
盛夏を過ぎた、この時期だけの"リスの家スペシャリテ"、ホップ。


ビールに浮かべると、香りと苦みが一層フレッシュに!
至極の贅沢です。


P9120254.jpg


夕方近くに始めたBBQ。
舌鼓を打つうち、気づけばあたりは夕闇に包まれていました(9月の旭川の日の入り時刻は、17時台)。
虫の音を聞きながら、もう少し余韻を味わいたいところですが、夜のまったりタイムを「リスの家」で過ごすべく撤収。
といっても、帰る場所は目の前なので、素早く撤収完了!
家の中で再びホップトッピングビールを飲みながら、リッチな別荘気分を満喫します。


13_rice_P9120175.jpg
"Rice from Asahikawa, NUMANCHI"


しばらくすると、BBQディナーを早めの時刻に終了したためか小腹がすいてきました。
そこで事前にオーナーさんにお願いし、届けておいてもらった地元旭川米「ぬまんち 」をちょっとだけいただくことに。


14_riceball_P9120289.jpg


突然の思いつき、かつ早くいただきたくて、お米をといですぐに炊飯器の早炊きモードで炊飯。
ほとんど浸水させずに炊き、また、現在稲刈り真っ最中のシーズンで1年前のお米ですが、ふっくらぴかぴかに炊きあがったご飯の"塩むすび"がなんとおいしいこと!
旭川米「ぬまんち」の味を心ゆくまで堪能しました。


15_etanbetsubuckweatnoodle_P9120311.jpg
"Buckwheat noodle and it's dipping sauce from Etanbetsu"


実は「江丹別そば」の乾麺もお米と一緒にオーナーさんにお願いし、「江丹別そばつゆ」を農産物直売所「あさがお」で調達して夜食用に準備していたのですが、想像を超えたおいしさの塩むすびをたくさん食べてしまい、江丹別そばは持ち帰りました。


後日、自宅でいただいた「江丹別そば」は、のど越しがとてもよく購入した「江丹別そばつゆ」とのバランスが好みで大満足。
次回も購入したい江丹別そば&そばつゆでした。
お米同様、「江丹別そば」も、まさに刈り取り最盛期で、残念ながら新そばには早かったのですが、これから、10月の初め頃には、お蕎麦屋さんで江丹別そばの新そばをいただけるそうです。


16_window_P9130317.jpg


そして、リスと一緒に迎えたちょっぴり空気が引き締まった朝。


17_daisetsumountains_P9130335.jpg
"View of Daisetsu Mountains from Kasuga area in Etanbetsu, which RISU NO IE is located"


4時20分頃に目を覚まし、まだ暗かったので二度寝したことが痛恨のミスとなり(それもリスの家での"きままなステイ"ではあります)、とても赤かった朝焼け(オーナーさん談)を見逃しましたが、朝食前に家の周りの散歩へ出かけました。
間近に鳥のさえずりを聴き、周りの森の木や大雪山連邦を眺めながらサクサク歩くと、日常ではなかなか実現できない"朝活"になりました。1日のはじまりから充実感いっぱい。


18_milk_P9130348.jpg
"Breakfast with fresh hot milk from owner's farm"


散策後は、明るいダイニングの旭川家具のテーブル(cosine社製)で朝食です。
お願いしてあったオーナーさんの牧場の「酪農家の新鮮牛乳」(1リットル150円)を"搾乳したての沸かしたて"で、そのままホットミルクでいただいたり、カフェオレにしてみたり。
ヨーロッパの田舎に来たかのような朝食風景です。


19_breakfast_P9130353.jpg


BBQに続き朝食も地元産食材たっぷり。
メインは伊勢ファームの「生ポークウィンナー」とホットミルク。
パンはそば粉のカンパーニュです。


20_rhubarb_P9130362.jpg


大満足な朝食に、さらにうれしいプレゼントが。
前日、オーナーさんの自家菜園でルバーブを目にし、自分がいかにルバーブジャム好きかを力強くアピールした(ことになってしまった)結果、オーナーさんが手作りルバーブジャムと、近所で採取される江丹別町"春日地区産ハチミツ"を「おすそわけに」と用意してくださり、とびきり贅沢な朝ごはんになりました。


P9130346.jpg


すっかり「リスの家」時間に浸り、瞬く間にチェックアウト時刻!
あっという間の1泊2日に、冬にまた来たい!と思う森の家でのステイでした。


今回はチェックイン後に買い出しに出かけ、BBQを含む2食とも自炊で楽しみましたが、チェックイン前に道中や現地で道の駅やJA直売所、地元スーパーに寄り、地元限定の食品・食材をチェックしてから自炊か外食かを決めるのも一策だと思いました。思いがけない自分好みの"地元グルメ食材"に出合うかもしれません。


P9120272.jpg


そして次回、寒い時期に再訪できたら、ぜひ自炊で煮込みなどの「ストーブ料理」に挑戦したくなりました。例えば「酪農家の新鮮牛乳」を使ったシチュー。「リスの家」のノルウェー製薪ストーブの上に鍋を置いてじっくり煮込めば、間違いなくおいしい料理に仕上がるでしょう。


また、気になるお店の料理をテイクアウトし時間を気にせずプロの味を楽しむ......など夢がいろいろと膨らみます。
外食・自炊・テイクアウトと食事形態のバリエーションを自由に組み合わせ、より理想的なステイを組み立てて「暮らすようにステイ」できるところが「リスの家」最大の魅力だと感じました。


なお、「リスの家」では、「酪農家の新鮮牛乳」(1リットル150円)のほか、江丹別そば乾麺(1袋350円)、旭川の農家のお米「ぬまんち」(3合 400円/1kg 600円)などを購入できます(品薄の時期があるので購入希望の場合は事前に確認してください)。


自由で快適な「リスの家」は、一棟貸切ならではの便利な設備と密を避けられるという機能性だけではなく、思いがけず、何気ない「おすそわけ文化」(初対面にもかかわらず!)にも触れ、懐かしいような、それでいて新鮮な心地よさを経験し、五感を開放して心身ともにのびのびリフレッシュできる宿泊施設でした。


【リスの家】
・住所: 北海道旭川市江丹別町春日138-7
・宿泊形態: コンドミニアム型家具・什器付き宿泊施設
・定員: 1日1組(1~4名まで)限定(一棟貸切)
・宿泊料: 1泊1名 8000円、2名 1万6000円、3~4名 2万5000円/2泊1名 1万5000円、2名 3万円、3~4名 4万5000円
※いずれも1棟貸しの料金、冬季は1グループ1泊につき暖房費1000円を加算、3泊以上は特別料金有り
・チェックイン: 15:00~(ただし牧場作業のため17:00~19:30を除く・応相談)
・チェックアウト: ~11:00
・駐車場: 無料
・設備: キッチン・IHクッキングヒーター・ダイニングテーブル・ダイニングチェア(4名用)・冷蔵庫・電子レンジ・ポップアップトースター・電気炊飯器・鍋・菜箸・箸・カトラリー・まな板・包丁・ボウル・ざる・食器各種・ワインオープナー・キッチンばさみ・しゃもじ・ピーラー・マグカップ・ティーカップ・シャワールーム・ドライヤー・トイレ・洗濯機・ハンガー・石油ストーブ・薪ストーブ・ふとん4組・スリッパ・BBQ台(屋外用)など
※料理用調味料は、塩コショウ・砂糖・塩のみ備えつけ有り。タオルはレンタル可
・備考: タオル・アメニティグッズ・自炊用調味料・食材は要持参
・宿泊予約・問い合わせ: ウェブサイトの指定フォーム から
・アクセス: 旭川空港より車で約50分
     JR「旭川駅」より車で約30分
     道央自動車道「深川IC」より車で約35分
     道央自動車道「旭川鷹栖IC」より車で約25分



関連サイト
リスの家ウェブサイト
リスの家facebook

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2020年9月25日
« 前の記事「旭川発、森の中の小さな家「リスの家」でのんびりと過ごすプライベートな休日」へ
»次の記事「手作りソーセージとハムを手軽にサンドイッチでテイクアウト。北海道新十津川町の「ヴルストよしだ」」 へ
札幌特派員 新着記事
【新型コロナウイルス関連】「警戒ステージ2」へ引き上げ
紅葉真っただ中の札幌、鳥や動物ウォッチングにおすすめなシーズン到来
旭川・江丹別発。森の気配が漂うレストラン&カフェ「Chirai」(チライ)で。
札幌でも初冠雪、平地にも紅葉シーズンが到来
北海道グルメLOVERへ!北海道「秋の味覚イベントの味」をオンラインで。「北海道ひとはこ物産展」第2弾がスタート!!
手作りソーセージとハムを手軽にサンドイッチでテイクアウト。北海道新十津川町の「ヴルストよしだ」
簡単自炊で味わう素朴で贅沢な「田舎ごはん」~旭川「リスの家」夏・秋編
旭川発、森の中の小さな家「リスの家」でのんびりと過ごすプライベートな休日
1年前の同じ月に投稿された記事
札幌「シメパフェ」の期間限定(10/1~10/31)レッドビートのパフェ、発売! @「パフェ、珈琲、酒、佐藤」
「カフェコントレイル」、ホテル朝食と「グルメクルージングランチ」~ホテルJALシティ札幌中島公園
すっかり秋な中、RWC2019に熱く沸く札幌の街。
ススキノ・中島公園エリアに「ホテルJALシティ札幌中島公園」オープン
チーズ香る本格派フレンチベースのカジュアルなランチ&ディナー「SALON de CHICCA」(サロン・ド・チッカ)
「つっこ飯」の「はちきょう」、おまかせコース料理専門店舗「八饗」(はちきょう)オープン!

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集