海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 自家製食パンのサンドイッチに感動。レトロ&...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月29日

自家製食パンのサンドイッチに感動。レトロ&モダンなコーヒー屋さん「3Bird」@北海道余市町


自家製食パンのサンドイッチに感動。レトロ&モダンなコーヒー屋さん「3Bird」@北海道余市町

 

コーヒー屋さんなのにパンもおいしい、しかも自家製パン、朝7時にオープンという「3Bird」を紹介します。
北海道・余市町にある朝7時からオープンしているコーヒーショップです。

 

レトロな外観、朝7時オープンの「3Bird」(スリーバード)

 

1_appearance_P4240890.jpg
▲ Coffee roaster and coffee shop "3Bird" in Yoichi Town

 

一見、とても昭和チックな雰囲気を醸し出している「3Bird」。
自家焙煎のコーヒー屋さんで、イートインも可能とのこと。
お店の前には、テラス席がありました。
これからの季節は、テラスでコーヒーブレイク、すてきですね。

 

2_vendingmachine_zoomed_P4240899.jpg
▲ Vending machine for coffee

 

そこで最初のインパクト。
「コーヒー豆の自動販売機」!

 

3_vendingmachine_P4240892.jpg
▲ You can buy the 3Bird-made pound cake and donuts at the vending machine.

 

とても懐かしいような、昔見たことがあるような自販機です。
でも、このタイプで実際に稼働している自動販売機は久しぶりに見たので、そのフォルムに感動。

 

よく見ると、コーヒー豆だけではありません。
パウンドケーキやドーナツもあります。
お店が閉まっている時間帯にも、豆もスイーツも買えるなんて、ちょっとうれしい。
旅の途中で、閉店後に通りかかっても購入できる可能性がありますね。

 

自家焙煎豆のコーヒーと、ひと目で気分が上がるサンドイッチ

 

4_shop_P4240933.jpg
▲ Coffee roaster and shop "3Bird"
 

お店の外観を見ただけでワクワクしていましたが、店内に一歩入った瞬間から、そのデザインに引きつけられました。

 

5_coffeemugs_P4240986.jpg
▲Original designed mug cup of 3Bird


自家焙煎のコーヒーは、豆の購入はもちろん、店内でハンドドリップコーヒーや水出しアイスコーヒーなどを飲めるほか、テイクアウトもできます。
店内でホットコーヒーをいただく場合は、こちらのオリジナルマグカップに入れてくれます。マグカップは購入もできます。

 

P4240935.jpg

 

コーヒーの種類は、キリマンジャロ(豆100g 450円)、マンデリン(100g 600円)、メキシコ有機(カフェインレス/豆100g 700円)、このほかオリジナルブレンドが「ECHO」(豆100g 600円)、GIANT BRNY(豆100g 500円~)など。店内では、生豆(ペルーオーガニック、エクアドル アンデスマウンテン 各480円)も販売していました。
黒松内(※)の名水で淹れるコーヒーは、これらの豆から選んでオーダーできます(※黒松内町は、余市町から南西へ約86kmの場所にある「ブナ北限の地」として、また名水で知られる町です)。

 

「迷ったらインスピレーションで選んで」というお店の方のアドバイスに従い、直感でマンデリンベースの「ECHO」をお願いしました。
ブラックでいただきましたが、アレンジコーヒーも各種楽しめます。
なお、モーニングコーヒー(朝9時まで)は、200円!

 

6_bread_P4241068.jpg
▲ House-made bread

コーヒーを選びながら気になっていたこの食パン。
こちらが噂で聞いていたしばしば売り切れもあるという自家製食パンです。

 

食パンのほかにもパウンドケーキやドーナツがいろいろありますが、お店の一角にこの食パンで作った「サンドイッチ」が何種類もありました。
そのボリューム感とおいしそうな具材に目が釘付けになりました。

 

7_P4240988.jpg
▲ Sandwich with Japanese omellete that is made of the cage-free eggs from Murakami Farm in Yoichi Town

 

この日並んでいたサンドイッチは「余市北島ぶたのしょうが焼きサンド」(380円)、「余市むらかみ農園自然卵使用 厚焼き玉子とチェダーチーズのサンドウィッチ」(300円)、「自家製ロースハムのおいしいサンドウィッチ」(390円)。
全種類を食べてみたくなったなか、選んだのは「厚焼き玉子とチェダーチーズ」。

 

むらかみ農園さんの「平飼い卵」を使用した厚焼き玉子は、本当に厚く、ふわふわでおいしい! チェダーチーズとも相性ぴったりです。
そこに香ばしい食パンの味わいが加わり、また食べたい!と思う一品。

 

8_homemadeloinham_P4241035.jpg
▲ Sandwich with house-made loin ham

 

そしてこちらも同じくおいしかった「自家製ロースハム」サンドイッチ。
厚焼き玉子に劣らず具材のボリュームがすごいです。
ロースハムも野菜もチーズとパン。とてもバランスがよい食事になります。

 

9_lemoncoffee_P4240972.jpg
▲ Lemon Coffee (coffee and house-made syrup with chemical-free lemon)

 

メニューを見てどうしても飲みたくなった「檸檬珈琲」(レモンコーヒー/600円)。
「3Bird」さんオリジナルのドリンクです。

 

10_lemonsyrup_P4240952.jpg
▲ House-made syrup with chemical-free lemon from Hiroshima in Japan

 

広島県産の無農薬レモンで作った自家製レモンシロップと黒松内の水で水出ししたアイスコーヒーをブレンドしているそうで、コーヒーの風味と爽やかなレモンを同時に味わえるドリンク。

 

浮かんでいるレモンを気にせず、しっかり混ぜてからいただきます。
レモンもしっかり味わいました。
「3Bird」さんを訪れたら、きっとまた飲むと思います。

 

11_roastnuts_P4240915.jpg
▲ Roasted and caramelized cashew nuts

 

コーヒーのお供につまんだ「塩キャラメルカシューナッツ」(280円)。

 

ローストカシューナッツも販売しているのですが、こちらはそれをキャラメリゼ。さらにフランス産ヴェルトンヌの塩がふられているのが味の決め手。
キャラメリゼのほろ苦さとヴェルトンヌの塩がカシューナッツの甘さを引き立てています。
一般的な「キャラメル」の甘さはなく、食べ始めると止まらなくなるので要注意。

 


テイクアウトできるので、朝食やランチ、コーヒーブレイク用のスイーツなど、ドライブの途中にもぴったりのメニューです。


 

昭和レトロとモダンアートが散りばめられた「3Bird」

 

パンもコーヒーもしっかり堪能し、大満足でしたが、満足感の要因は、お店から醸し出される雰囲気にもあると思います。
もともと魚屋さんだったというお店は、昭和の雰囲気があちこちに感じられる建物ですが(特にガラスブロックが懐かしい!)、そこを古民家カフェではなく、居心地よいアートな空間になっているところが魅力的です。

 

お店の商品もいろいろなものがディスプレイされ、それぞれの色味は決して統一感があるもの同士ではないように思うのですが、配置のバランスなのか、とても心地よく目に映りました。
「3Bird」さんのステキな雰囲気をちょっとでもお伝えできたらと思い、お店の印象深かったところ(ほとんどでしたが)を写真で紹介します。
「3Bird」さんのインスタグラム(3bird.yoichi )もステキなので、ぜひチェックしてみてください。

 

12_signature_P4241078.jpg

13_powder_P4240921.jpg


14_donuts_P4240901.jpg


15_lemoncoffee_P4240906.jpg


P4240940.jpg


16_Müesli_P4241071.jpg


17_glassblocks_P4241064.jpg


18_salt_P4240919.jpg


19_poundcakes_P4240924.jpg

 

コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたら、ぜひ北海道旅行の行先に余市も加えてみてください。
そして余市を訪れる際は、ちょっとだけ足を延ばして「3Bird」にも立ち寄ってみてください。


【3Bird(スリーバード)】
・住所: 北海道余市郡余市町入船町341
・TEL: 0135-48-6399
・営業時間: 7:00~15:00
・定休日: 月曜・火曜・水曜
*直近の営業時間・営業日等は3Birdインスタグラム(3bird.yoichi )で確認してください
・アクセス: JR「余市駅」、バス「余市駅前」停より徒歩約13分、車で約3分/「ニッカウヰスキー余市蒸留所」より徒歩約14分、車で約3分、「道の駅スペース・アップルよいち」より徒歩約8分、車で約2分


/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2021年4月29日
« 前の記事「北海道後志エリア「余市町」で、北海道・余市グルメ発見!JR余市駅直結の「エルラプラザ」」へ
»次の記事「JR余市駅から徒歩30秒! カフェ使いもできる週末だけのワインバー「Y'n」で気軽に余市産ワイン・タイム」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌に"氷点下"のシーズン到来!
"白い恋人"がクラフトビールに!「羊蹄山麓ビール 白い恋人」
12月に見たい北海道のイルミネーション[札幌・小樽・余市・函館・美瑛]
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
1年前の同じ月に投稿された記事
北海道の春は子馬の季節 ~ アームチェア・トラベル編
道南、松前町の桜~アームチェア・トラベル編
【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編
「北海道・札幌市緊急共同宣言」に伴う札幌市内施設の「再休館」について

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集