海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 【函館】4月1日より、五稜郭タワーが営業再開

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月 2日

【函館】4月1日より、五稜郭タワーが営業再開


【函館】4月1日より、五稜郭タワーが営業再開

「五稜郭タワー」(函館市)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2021年1月14日から北海道の「集中対策期間」に合わせて臨時休業していましたが、4月1日より営業を再開しました。


P4300062.jpg
"4月下旬、開花したサクラと五稜郭タワー"


営業再開に当たっては、引き続き感染防止対策を行っているほか、
・入館の際のマスク着用
・体調がすぐれないときや体温が37.5℃以上、発熱・咳等の風邪症状があるときの入館自粛
など、来館者へも感染防止への配慮を求めています。


P4300426.jpg


五稜郭タワーからは、五稜郭のこのような星形を上から望むことができるほか......


P4300148.jpg


P4300445.jpg


函館の町や、海と山、大きな空の景観を存分に満喫できます。


P4300463.jpg


また、五稜郭タワーの眼下に広がる五稜郭公園は、サクラの名所としても有名です。


P4300464.jpg


P4300133.jpg


いまは、まだようやく緑色の蕾がふくらんできたところだそうですが、4月の中旬以降にサクラが開花するかもしれません。
今年は例年よりも3月の気温の積算温度が高く、このまま極端に寒くなることがなければ、開花が早まりそうとの開花予想も出ています。


函館を訪れたら、函館を一望できる「五稜郭タワー」からの眺めをぜひ体験してください。
特にサクラの時期には、一面さくら色の五稜郭公園の上空に立つことができます。


なお、五稜郭タワーでは、引き続き営業時間を短縮しているほか、新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては営業期間・営業時間とも変更になる可能性があるので、お出かけの際はその都度、詳細を確認してからお出かけください。


「五稜郭タワー」の新型コロナウイルス感染予防対策はこちら


【五稜郭タワー】
・住所: 北海道函館市五稜郭町43-9
・TEL: 0138-51-4785
・営業時間: 9:00~18:00(短縮時間、2021年4月1日現在/通常9:00~19:00)
・営業日: 年中無休
・入場料金: 大人 900円、中・高校生 680円、小学生 450円
・駐車場: なし(観光バス駐車場のみ、自家用車の場合は近隣の有料駐車場を利用のこと)
・アクセス: 市電「函館駅前」停より乗車、「五稜郭公園前」停下車、徒歩約15分/函館バス「函館駅前」停乗車、「五稜郭」停下車、徒歩約15分/函館バス「函館駅前」停乗車、「五稜郭公園入口」停芸者、徒歩約7分

関連サイト
五稜郭タワー
函館公園・五稜郭公園の利用についてのお知らせ (函館市公式HP)
五稜郭公園・函館公園のお花見 (函館イベントガイド)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2021年4月 2日
« 前の記事「「円山動物園」の入場方法が変更、4月19日より「完全予約制」に」へ
»次の記事「【新型コロナ関連】札幌の外出・往来自粛、5月14日まで延長(2021年)」 へ
札幌特派員 新着記事
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
平取町を体感!~北海道で唯一「伝統工芸」がある町の「アイヌ文様彫刻」と「クチャチセ作り」体験
札幌の秋、恒例の大通公園「さっぽろオータムフェスト2021」はオンラインで。9月30日(木)10時スタート!
一年中、いつでも「さっぽろ雪まつり」を楽しもう!
第31回「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021」、9月16日よりオンラインで開催
9月21日閉館前の「ホテルオークラ札幌」で、最後の北海道味めぐり!
お取り寄せ&テイクアウトスイーツ
1年前の同じ月に投稿された記事
北海道の春は子馬の季節 ~ アームチェア・トラベル編
道南、松前町の桜~アームチェア・トラベル編
【春】北へ向かう春の渡り鳥~アームチェア・トラベル編
「北海道・札幌市緊急共同宣言」に伴う札幌市内施設の「再休館」について

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集