海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > ワインとディナーのために泊まる。シンプルステイで快...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年6月 1日

ワインとディナーのために泊まる。シンプルステイで快適&自然体で過ごすホテル「Loop」~北海道余市町


ワインとディナーのために泊まる。シンプルステイで快適&自然体で過ごすホテル「Loop」~北海道余市町

ワインを楽しむ「ホテル・ループ」
 

P4240888-Edit.jpg ▲ Hotel Loop in Yoichi Town, Hokkaido  

2021年10月、JR余市駅前にオープンした「ホテルループ」。
ホテルを運営する会社の関連企業は、2年前からワイン用ブドウ栽培を開始したワイン造りをおこなう会社でもあり、今まさに自社ワイン製造のための準備を進めているそうです。
 

P4240855.jpg
 

P4230737.jpg
 

ホテル建物1階は、「余市バル・ループ」というワインとスペイン料理のレストラン。
「ホテルループ」は、「ワインを楽しむホテル」としてオープンしました。
「天然のワインセラー、"ワインカーヴ"の空き部屋に泊まる」というコンセプトのホテルで、2階は「ブドウ畑を耕す」、3階は「ブドウを醸す」をテーマにしています。
 

「ブドウ畑を耕す」フロア
 

1-4_stairs_P4240854.jpg
 

1-5_pictureboard_P4240851.jpg
 

今回は「ブドウ畑を耕す」がテーマの2階の客室をご紹介します。
 
チェックインは、1階レストランで。
必要事項を記入し、宿泊料金の支払いを済ませると、スタッフの方が客室まで案内してくれます。
階段を上り、2階へ。
 

1-6_roomnumber_P4230513.jpg
▲ Every floor has a theme. The theme of the second floor is "plowing a vineyard."
 

途中、2階廊下と、客室へ向かうまでの間にも、ワインカーヴをイメージさせる雰囲気でいっぱい。
 

3-5_g_P4230466.jpg
 

今回宿泊したのは「コンパクトダブル」。
ぶどう畑の「キャビン」(小屋)をイメージした造りだそう。
 

客室に入って真っ先に目に入ったのは、むき出しの壁と木製ハンガー。
シンプルな中にデザイン性と、どこかぬくもりを感じます。
 

P4240843.jpg
 

天井も床もむき出しの素材が見える「コンパクトダブル」は、素朴でいてスタイリッシュ。
 

2-1_P4230471.jpg
▲ Compact Double Room on the second floor at Hotel Loop
 

照明をつけると、旅のひとときが一層グレードアップした雰囲気に。
 

シンプルな使い心地の良さ
 

2-3_P4230472.jpg
 


2-4_washstand_P4230473.jpg
 

客室のデザインはもとより、設備は使い勝手がよいシンプルな設えです。
 

2-5_towels_P4230477.jpg
 

見た目のすっきり感が心地よく、どこか見たことがあるような気持ちにさえなる雰囲気です。
初めてのホテルですが、その空気感にすぐに馴染んで、とてもリラックス。
 

アメニティは、バスタオル・フェイスタオル・バスマット・スリッパ・歯ブラシ・ドライヤー・シャンプー・加湿器・電気ケトルなどが揃っており、清潔感あふれる客室です。
 

2-6_P4230481.jpg
 

2-7_P4230487.jpg
 

「コンパクトダブル」の客室は、シャワーブースのみ(バスタブなし)ですが、3階の「スタジオタイプ」や「デラックスツイン」「スタンダードダブル」は独立したバス付き、しかも檜風呂だそう。
トイレは「コンパクトダブル」を含め、いずれも独立したウォッシュレットトイレです。
ますます、"自分の場所"と感じられる滞在が叶いそうです。
 

ホテル・ループ・ギャラリー
 

「余市バル・ループ」に続き、ホテル・ループでも印象的なスポットがいくつもありました。 その一部を写真でご紹介。  

3_1_P4230511.jpg
 

3-2__P4230523.jpg
 

3-3_P4240847.jpg
 

3-4_P4230529.jpg
 

3-4__P4240841.jpg
 

3-6_P4230536.jpg
 

最後になりましたが、1階「余市バルループ」のディナーはワインを含めて最高でした。
そしてスタッフの方のサービスも。
 

4-1_takeout_P4230787-Edit.jpg
 

ディナーのアラカルト料理を欲張ってたくさんオーダーした結果、最後のステーキがどうしても食べきれずにいると、スタッフの方が声をかけてくださり、別のお皿に移し替えて客室まで「テイクアウト」に!
そのおかげで少し時間をおき、自室でゆっくりと完食できました。
 

2-8_wineopener&roomkey_P4230468.jpg
 

「ワインオープナー」も完備で、旅先で見つけたワインを飲みたくなったら、客室でワインを楽しめます。
 

4-2_P4230819.jpg
 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、テレビがありません(Wi-Fiは完備です)。
そのおかげで、夜をゆっくりと過ごせたうえ、辺りがとても静かで、いつもよりぐっすり眠れるかもしれません。
 

当初「ワインカーヴのような」客室をイメージできずに出かけましたが、想像以上に居心地がよく、自分の家や別荘かのように(別荘は持ったことはありませんが)くつろげました。
これからは、ニセコや小樽でのアクティビティ・観光の際もこちらでの「余市ステイ」がさらに充実した旅を満喫できそうです。
次の機会には、スタッフの方がおすすめの「檜風呂」がある客室にステイ希望です。
 

【Hotel Loop】
・住所: 北海道余市郡余市町黒川町4-123
・TEL: 0135-21-7722
・アクセス: JR「余市駅」より徒歩約1分(JR余市駅前ロータリー前)

 


 

関連サイト
Hotel Loop
Loop (Facebookページ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2021年6月 1日
« 前の記事「"北海道余市"をヨーロッパのエッセンスで食べ尽くす「余市 Bar Loop」(よいち・ばる・るーぷ)」へ
»次の記事「ひと足お先に「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」!6月は食と音楽を「ホテルオークラ札幌」で」 へ
札幌特派員 新着記事
お取り寄せもOK!苫小牧が誇るホッキ貝のテイクアウト炊き込みご飯「ホッキ貝ごはん」
札幌・夏の風物詩「PMF2021」!コンサート会場で、デジタルコンテンツで、演奏会を楽しもう!
北の海のサカナがズラリ。早起きして行きたい「厚田港朝市」(北海道石狩市)
ハマナスの丘のノハナショウブ~「はまなすの丘公園」(北海道石狩市)
ラベンダー色もビタミンカラーも。北海道「ファーム富田」(中富良野町)
札幌の初夏に食べたいソフトクリーム
北海道を暮らす。札幌・森に囲まれたヴィラ「LOHABO芸術の森」
ひと足お先に「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」!6月は食と音楽を「ホテルオークラ札幌」で
1年前の同じ月に投稿された記事
札幌に夏の到来を告げる6月のスイレン
小樽市内観光施設が一部臨時休館
ブルーとグリーンの風景~「十勝」「美瑛」「道北」で
北海道は「菜の花」の季節
札幌でも「全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト」実施!

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集