海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > お取り寄せもOK!苫小牧が誇るホッキ貝のテイクアウ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年7月26日

お取り寄せもOK!苫小牧が誇るホッキ貝のテイクアウト炊き込みご飯「ホッキ貝ごはん」


お取り寄せもOK!苫小牧が誇るホッキ貝のテイクアウト炊き込みご飯「ホッキ貝ごはん」

苫小牧の北寄貝
 

4898987_m.jpgSurf clam  


苫小牧の名産といえば、苫小牧産ホッキ貝。
苫小牧の観光スポット「ぷらっとみなと市場」には、「ほっき貝資料館」があるほどです。
 

4698529_m.jpg
Sashimi of surf clam
 

その食べ方は、寿司や刺身、ホッキフライ、ホッキカレーなど。
苫小牧市内には、いろいろなホッキ貝料理を提供するお店があり、行列ができるほどの人気店もあります。
今回は、ホッキ貝料理のテイクアウト専門店、「北起屋」を紹介します。
 

1_appearance_P7170107.jpg
▲ Surf clam food shop "Hokki-ya"


 

ホッキごはん、いろいろ
 

気軽にテイクアウトしたいホッキ貝料理とは、「北起屋」のホッキ貝の炊き込みご飯「ホッキ貝ごはん」です。  

2_P7170105.jpg
Steamed rice with surf clam and vegetables in the rice ball style
 

ホッキ貝のダシとゴボウの旨味が利いた、少し甘めの味つけは、道産子としては少し懐かしさを感じる「ホッキ貝ごはん」。
写真↑は、おにぎり2個入りホッキごはん(550円・税込、以下同様)。
 

9_P7170118.jpg
 

2個入りのおにぎりは、1個はペロリと食べられます。
「ホッキごはんおにぎり」(300円)は、ビッグサイズ。
ですが、ホッキ貝のダシがしみ込んだホッキごはんは、このサイズでも案外ペロリと食べられます。
 

10_P7170064.jpg
▲ Steamed rice with surf calm in the shape of sushi
 

「ホッキごはんにぎり」(580円)は、お寿司の握りサイズのホッキごはんに1個ずつホッキがのっています。
 

11_P7170078.jpg
 

ホッキの割合が多めをご希望の際はこちらがおすすめです。
このほか、お弁当形態で箱に詰めた「ホッキごはん」(ホッキ9枚入り・870円/4枚入り・720円)もあります。
 

4_P7170106.jpg
Fried rice with surf clam
 

「ホッキチャーハン」(570円)もありました。
こちらは土日限定商品だそう。
今回は、"おにぎり"と"にぎり"でおなかがいっぱいになってしまいましたが、おなかに余裕があればホッキチャーハンを食べてみたかったので、次の機会には食べてみようと思います。
 

3_P7170100.jpg
Steamed rice with surf clam and vegetables in the shell for gift and souvenir
 

これまでご紹介した「ホッキごはん」はテイクアウトですぐ食べられるものですが、苫小牧土産にぴったりな商品もありました。
「貝殻入りホッキ貝ごはん」(4個入り2980円)。
 

本物の北寄貝貝殻を器にしたホッキごはんです。
「貝殻入りホッキ貝ごはん」のほか、「ほっきごはんの素」などの全国発送も行っているそうです。
詳細は北起屋ウェブサイト をチェックしてみてください。


 

ボリュームばつぐん!ふかふか、甘い「とまチョップホッキ焼き」
 

8_P7170102.jpg  

「ホッキごはん」が並ぶ一角に光るかわいいホッキ貝。
 

5_P7170101.jpg
 

こちらは、苫小牧市の公式キャラクター「とまチョップ」と苫小牧市の名産「ホッキ貝」を融合して生まれた「とまチョップホッキ焼」というそうです。
和菓子の今川焼き・大判焼き(北海道では"おやき")をとまチョップと融合したホッキ貝のカタチにしたもの。
 

6_P7170098.jpg
 

"型"もホッキの貝殻そのもののカタチです。
 

12_P7170082.jpg
▲ Japanese pancake "obanyaki" filled with red bean paste
 
見た目はもとより、かわいいルックスながら、ボリューム満点!
 

13_P7170092.jpg
 
食べ応えがありますが、ふっかふかの生地で、思わず完食しています。
白あん・クリーム・粒あんの3種類で、各180円。
 

ご飯とスイーツ、苫小牧でぜひ一緒にいただきたいローカルグルメです。
 

【北起屋】
・住所: 北海道苫小牧市双葉町1-18-16
・TEL: 0144-32-5878
・営業時間: 10:00~ (※売り切れ次第終了)
・定休日: 火曜
 


 

関連サイト
北起屋

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2021年7月26日
« 前の記事「札幌・夏の風物詩「PMF2021」!コンサート会場で、デジタルコンテンツで、演奏会を楽しもう!」へ
»次の記事「まん延防止等重点措置適用中の札幌に"緑"が戻る」 へ
札幌特派員 新着記事
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
平取町を体感!~北海道で唯一「伝統工芸」がある町の「アイヌ文様彫刻」と「クチャチセ作り」体験
札幌の秋、恒例の大通公園「さっぽろオータムフェスト2021」はオンラインで。9月30日(木)10時スタート!
一年中、いつでも「さっぽろ雪まつり」を楽しもう!
第31回「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021」、9月16日よりオンラインで開催
9月21日閉館前の「ホテルオークラ札幌」で、最後の北海道味めぐり!
お取り寄せ&テイクアウトスイーツ
北海道のナナカマド
1年前の同じ月に投稿された記事
2020年も旬の「生とうきび」販売がスタート。大通公園、夏の風物詩「とうきびワゴン」
こちらは満開!札幌の穴場?な「ラベンダー」スポット
2020年夏、見頃は7月20日頃。7月末まで開花ピークの札幌「幌見峠ラベンダー園」
夏の海辺で深呼吸!~しりべしエリア・余市町の浜辺の花

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集