海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年10月16日

ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)


ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)

札幌から車で約1時間半、新千歳空港から約1時間の場所にある日高エリアの町、平取町で堪能した「ヤマメ」づくしのランチを紹介します。
 

ニセウ川の水で育つヤマメ
 

1-1_riversaru_N_PA030831.jpg
▲ Saru River that runs through Biratori Town and rises in the Hidaka Mountains
 

北海道平取町で訪れたランチスポットは、平取町仁世宇(にせう)にある「仁世宇園 」です。
「仁世宇園」は、清流・沙流川(写真↑)の支流、「ニセウ川」(仁世宇川)に隣接した釣りとヤマメ料理を楽しめるスポットで、ヤマメはニセウ川から引ひいた水で養殖しています。
 

1-2_signage_N_PA020197.jpg
 

仁世宇園へは、国道237号線を二風谷コタン方面から占冠村方面へ向かうと、「沙流川幌去橋」(ほろさりばし)を渡った橋のたもと左手の看板が目印です。
写真↑は、看板を左折したところ。
 


 

国道237号(看板)から車を約500m走らせるとニセウ川を渡る橋と「Eco Land(エコランド)」の矢印がある道の二股が現れます。
右手、エコランドを指すニセウ川に沿った道を400~500m進むと、左手に「ニセウ・エコランドオートキャンプ場」が見えてきます。
さらに進むと、国道237号の看板から約1.8kmの地点、緑に囲まれた「仁世宇園」に到着です。

 

釣りたて、新鮮なヤマメ料理
 

1-4_grilled_N_PA020164.jpg
 

今回は、「沙流川コース」(刺身・塩焼き・唐揚げ・南蛮漬け・ライス・きのこ味噌汁/税込2244円)をいただきます。
 

3-1_N_PA020050.jpg
▲ "Saru River set meal " at the Fishing pond and Yamame trout restaurant Niseuen in Biratori Town
 

こちらが「沙流川コース」の全貌です。
お刺身から塩焼き・唐揚げに南蛮漬け。メニューを見てわかってはいたものの、すべてがヤマメ料理のコースを実際に目の前にすると、圧倒されそうなボリュームです。
なかなか食べる機会がないヤマメを一度にこれほどいただけるのは、貴重なチャンス。
 

3-2_sashimi_N_PA020019.jpg
 

3-3_N_PA020063.jpg

▲ Sashimi of yamame trout
 

さっそくいただいたお刺身。
思ったよりたんぱくな味わいで、クセがなくおいしいお刺身です。
あっという間におなかの中へ。
 

3-4_deepfried_N_PA020035.jpg
▲ Fried yamame trout marinated in spicy vinegar sauce
 

唐揚げはもちろん、塩焼きも頭から丸ごとすべて食べられます。
唐揚げと南蛮漬けのヤマメは、活きのよさがわかるような勢いがある姿でカラリと揚がっています。
 

3-5_N_PA020046.jpg
▲ Soy soup with nameko mushrooms(Pholiota microspora)
 

そしてヤマメ料理に劣らずおいしかった"きのこ味噌汁"。
ナメコと落葉きのこがたっぷり入ったお味噌汁は、同様に主役といいたいほど。
お店ではナメコも販売していました。
 

最初は量に驚きヤマメを完食できないかも......と思ったのですが、食べ始めるとおいしさに箸が止まらず、ヤマメもきのこ汁もすべておなかの中に。
 

1-5_restaurant_N_PA020172.jpg
 

今回いただいた「沙流川コース」のほかにも「仁世宇川コース」(刺身・塩焼き・唐揚げ・ライス・きのこ味噌汁/税込1734円)があります。
また、仁世宇園ではヤマメ釣りができるので、自分で釣ったヤマメを塩焼きや刺身、から揚げなどの単品料理として調理してもらい、おにぎりやきのこ味噌汁などの単品と一緒にいただくことも可能です。
 

パワースポットな仁世宇園フォトスポット
 

4-1_N_PA020176.jpg
▲ Fishing pond and yamame trout restaurant "Niseuen"
 

沙流川の支流、ニセウ川のほとりにある「仁世宇園」のヤマメは、ニセウ川から水を引いて養殖しています。
ヤマメは清流でのみ生息できるため、清流がある自然豊かな平取町ならではの環境で育つヤマメです。
 

4-2_fish_N_PA020177.jpg
▲ Farmed yamame trout in the pond with the clearwater from the tributary river of the Saru River
 

この日は、前日の大雨で泥が流入し水が濁って見えますが、ヤマメは元気いっぱい、勢いよく流入する水の流れに逆らって泳いでおり、頻繁にジャンプし空中の虫をキャッチしています。
ご存じの方も多いのかもしれませんが、旬の時期にはよく食べるサクラマスとヤマメが同じ魚だと、お店の方に聞いて初めて知りました。
 

川で一生を終えるとヤマメで、1年川で過ごしたのち、海に出ていくとヤマメ特有の模様が消えたサクラマスに成長するそう。
そういわれると、ヤマメのお刺身はサクラ色でした。
 

この日いただいた料理のヤマメは、養殖2年もののヤマメだそう。
仁世宇園にはこちら以外にも養殖場があり、道内外のホテルやレストランにヤマメを販売するほか、養殖用稚魚の販売も行っているそうです。
 

4-4_powerspot_N_PA020180.jpg
 

清流のみならず豊かな森にも隣接しているため、ヤマメを目当てにアオサギやイタチ・アライグマなどもやってくるそう。
ヤマメが食べられてしまいお店としてはたいへんな苦労がありますが、仁世宇園は野生動物や森も一緒に育んでいるのだと思いました。
そんな仁世宇園は、目に映る木々やマイナスイオンによるリラックス効果も抜群です。
 

また、この看板の前、約1mほどの範囲がパワースポットとしても知られているそうです。
仁世宇園へ立ち寄った際は、ぜひ看板の前で記念写真を撮ってみてください。
 

今回はトライしませんでしたが、仁世宇園では貸し釣竿(1本税込102円/エサ・バケツ無料)で手軽にヤマメ釣り(ヤマメ100g税込265円)ができるほか、屋外(屋根つき)で食事ができる場所もあります。
時間がある方は、ヤマメ釣りもぜひ体験してみてください。
釣れたときの感触と達成感は、ヤマメ料理の味をさらに格別なものに感じさせてくれると思います。

 

【仁世宇園】
・住所: 北海道沙流郡平取町仁世宇68-4
・TEL: 01457-3-3134
・営業時間: 9:30~16:00
・定休日: 夏期無休
・冬期休業: 12月~3月
*アクセス*
・平取町まで新千歳空港より車で日高自動車道・国道237号経由で約1時間、「二風谷コタン」から約25分(約22km)
・平取町まで札幌より車で日高自動車道・国道237号経由で約1時間30分
 

関連サイト
仁世宇園
平取町観光協会
平取町

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2021年10月16日
« 前の記事「平取町を体感!~北海道で唯一「伝統工芸」がある町の「アイヌ文様彫刻」と「クチャチセ作り」体験」へ
»次の記事「巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。」 へ
札幌特派員 新着記事
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
平取町を体感!~北海道で唯一「伝統工芸」がある町の「アイヌ文様彫刻」と「クチャチセ作り」体験
札幌の秋、恒例の大通公園「さっぽろオータムフェスト2021」はオンラインで。9月30日(木)10時スタート!
一年中、いつでも「さっぽろ雪まつり」を楽しもう!
1年前の同じ月に投稿された記事
【新型コロナウイルス関連】「警戒ステージ2」へ引き上げ
紅葉真っただ中の札幌、鳥や動物ウォッチングにおすすめなシーズン到来
旭川・江丹別発。森の気配が漂うレストラン&カフェ「Chirai」(チライ)で。
札幌でも初冠雪、平地にも紅葉シーズンが到来
北海道グルメLOVERへ!北海道「秋の味覚イベントの味」をオンラインで。「北海道ひとはこ物産展」第2弾がスタート!!

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集