海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フィンランド/サヴォンリンナ特派員ブログ

フィンランド/サヴォンリンナ特派員ブログ ラサネン千景

フィンランド・サヴォンリンナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


7月4日、今年も始まりました、サヴォンリンナ・オペラフェスティバル。


004DSC_0645.JPG


開演は19時。手荷物検査とチケット確認がオラヴィ城に渡る橋の手前で行われます。
城内は通路が狭いため席に着くまでには少し時間がかかります。遅くても30分前には荷物検査の列につくことをお勧めします。


DSC_0646.JPG


今年はサヴォンリンナ・オペラフェスティバルでは初上演となるロッシーニ「セビリアの理髪師」で開幕しました。


003SevillanParturi_DSC4123_ValtteriHirvonen.jpg

photo:Valtteri Hirvonen


これからオペラ祭に旅行の予定がある方もいらっしゃるので、ここで色々ばらしてしまう訳にはいきませんが、楽しい演出が散りばめられ、開始からすぐに観客席から笑い声が上がり、その後もリラックスした雰囲気に包まれた、あっという間の3時間でした。


002SevillanParturi_DSC5751_ValtteriHirvonen.jpg

Laura Verrecchia(Rosina) / photo:Valtteri Hirvonen


001SevillanParturi_DSC8447_ValtteriHirvonen.jpg

Ville Rusanen(Figaro), Laura Verrecchia(Rosina), Alexey Tatarintsev(Almaviva)/ photo:Valtteri Hirvonen


途中一回の休憩を挟み、22時を10分ほど過ぎて初日の上演は終了しました。外に出るまでにはまた少し時間がかかります。


005DSC_0648.JPG


外に出ると、白夜の季節はまだこんな明るさです。
サヴォンリンナ・オペラフェスティバル2019は8月3日まで開催されています。会場となるオラヴィ城は湖に浮かぶ岩の島に建てられています。夏でも城内は涼しいことが多いので一枚羽織るものをお持ちいただくと便利です。


2019年7月 6日

新しいフェスティバルのお知らせです。 
かつて多くの文化人が愛したサマーコテージの名にちなんで、スルトン(悲しみのない、の意)・フェスティバル(Suruton Festivaali)と名づけられました。
今回は記念すべき第1回、1月4日から6日の3日間、サヴォンリンナホール(Savonlinnasali)を中心に催されます。


taiteilijat-1024x240.jpg


プログラムの一部をご紹介します。


Linnan Kummitus - Koko perheen konsertti
「お城の亡霊」  ファミリーコンサート
1月5日(土)12時開演 サヴォンリンナホール (45分 10ユーロ) 
サヴォンリンナ芸術高校オペラ・音楽劇コースの生徒によるプログラム、指導・演出は長年同校のオペラコースを指導されている岡部シルヴァスティ千栄子さん。


OMUTE Itä-Savo-Tuija Pauhu.jpg


Gothóni-kvartetti - Kamarimusiikkikonsertti
ゴトーニ・カルテット  室内楽コンサート
1月5日(土)16時開演 サヴォンリンナホール (1,5時間 29,50ユーロ)
Ralf Gothóni ピアノ、Mark Gothóni ヴァイオリン、Suzan Saber ヴィオラ、 Yuko Miyagawa チェロ

00Ralf Gothóni.jpg

(ラルフ・ゴトーニ氏 / 画像提供 Nova Records Oy)


前回の記事でもお知らせしたとおり、2019年は日本・フィンランド外交樹立100周年の年、このコンサートはフィンランド国内においての関連行事、最初のイベントでもあります。

会場はサヴォンリンナ駅からすぐです。駅からホテルカシノへの小さな橋を渡るとサヴォンリンナホールがあります。
当日券の販売は開演一時間前からホールの入り口で行います。



2019年1月 5日

サヴォンリンナ・ブログを読んでくださっている皆様、
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

00IMG_20181229_145440_resized_20190102_093036593.jpg


サヴォンリンナのあたりは今日、2日から通常通り学校も始まりました。
年末年始、雪がたくさん降りました。今はどこもかしこも真っ白です。鳥のえさ場も毎日屋根の雪下ろしが必要です。


IMG_20190102_091008_resized_20190102_093031701.jpg


湖も凍りはじめました・・・・がまだ氷の上には乗らないでくださいね。もうしばらくしっかり氷が厚くなるまで待ってください。


IMG_20181229_150948_resized_20190102_0930371781.jpg


さて、今年2019年は日本・フィンランド外交関係樹立100周年の年です。
https://www.japanfinland100.jp/#


日本、フィンランド各地で様々なイベントが予定されています。きっとフィンランドをいつもより身近に感じられる機会の多い年になると思います。
みなさんもお近くでイベントなどがあれば、出かけてみて下さい。

本年もサヴォンリンナをよろしくお願いいたします。
皆さまにとって良い一年になりますように。


IMG_20190102_155648_resized_20190102_035746588.jpg


2019年1月 2日
2018年12月29日
2018年12月29日
2018年12月24日
2018年12月20日
⇒すべての記事を見る

フィンランド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィンランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • サヴォンリンナ特派員

    サヴォンリンナ特派員
    ラサネン千景
    2002年よりフィンランド在住。
    高校生の頃に読んだ一冊の本がきっかけでフィンランドに出会い、気がついたらこの地で生きていくことに。サヴォンリンナ出身の夫、娘二人と暮らしています。日本語クラス、翻訳、観光ガイドなどをしながら異文化の田舎暮らしをいかに楽しむか、いまだに模索中。
    あまり知られていない東フィンランド、サヴォンリンナの魅力をお伝えできればと思っています。 DISQUS ID @disqus_3ZYQse1QFO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集