海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フィンランド/サヴォンリンナ特派員ブログ

フィンランド/サヴォンリンナ特派員ブログ ラサネン千景

フィンランド・サヴォンリンナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


素敵なデザインのマスカラを見つけました。


IMG_20181109_182125_resized_20181112_104143039.jpg


フィンランドを代表するコスメブランド、Lumene(ルメネ)のバーチ・ブラックマスカラ。(約19.90ユーロ)
可愛くもクールにも持てそうな「黒い白樺」デザインです。 


IMG_20181109_182121_resized_20181112_104142334.jpg


デザインだけでなく成分には白樺樹液も含まれているようです。持っているだけで嬉しくなるフィンランドっぽさです。


2018年11月19日

11月はとにかく暗く、毎年この時期は私も日本に行きたくなる、というのが正直なところです。
落ち葉を集めて庭はすっきりしました。
南に向かう渡り鳥の群れもいくつか見ました。
鳥が南に渡るのを確認して、初雪が降ったら庭に鳥の餌場を設置します。


DSC_10421.jpg


あまり早い時期に設置すると鳥たちがまだ食べ物があると思い渡り鳥たちのタイミングがくるってしまうので注意しなければいけないそうです。
ひまわりの種,カラス麦、ナッツなどのミックスを買ってきました。これは5㎏入りの袋ですが、ヒマワリの種25㎏というお徳用大袋も売っています。


IMG_20181110_154312_resized_20181112_104143705.jpg


木の枝にこのようなものを下げます。これは牛脂や麦、ナッツなどで作られたボールで、鳥たちが脂肪分を補給するためです。


DSC_10351.jpg


多くの人が冬の間、鳥たちのために用意します。この時季の風物詩です。
キッチンの窓から餌場をのぞいてみると、スズメ、シジュウカラ、アオガラ、カケスなどが来ています。(細かい分類は分かりませが、それらの仲間だと思います。)


00DSC_10081.jpg


DSC_10271.jpg


鳥たちのレストラン、今日も大繁盛です。


DSC_09941.jpg


2018年11月15日

今回はサヴォンリンナではなくタンペレのお話です。
“世界でひとつのムーミン美術館”として2017年にオープンし、あっという間に国内外のムーミンファンの新しい聖地となった「タンペレ・ムーミン美術館」
ヘルシンキからの日帰り一日旅行も可能なタンペレにあります。

私の住んでいるサヴォンリンナからは電車で6時間かかりますが。。。


ムーミン美術館、タンペレホールという建物の中にあります。タンペレの駅からは徒歩で10分かからないくらいの近さです。


DSC_0821.JPG

美術館に入るとムーミンがお出迎え。館内の薄暗さがわくわくさせてくれます。12作品の物語別にコーナーに分かれています。ムーミンの物語を読んだ人には「あ、あのシーンだ!」と分かる仕掛けがあちらこちらに。


DSC_0790.jpg


DSC_0779.JPG


DSC_0805.JPG


点字や手で触って見られるコーナー、車椅子の方のためのエレベーターもとてもかわいいデザインです。


DSC_0801.JPG


DSC_0780.JPG


美術館内は撮影禁止です。貴重なムーミンアートが並んでいます。ご理解ください。
でもこんな可愛いムーミンパネルとは写真が撮れますよ。


DSC_0822.JPG


DSC_0786.JPG

タンペレホールショップにはムーミングッズやフィンランドデザインのグッズが並んでいます。このショップ限定の商品もあるのでチェックです。


DSC_0824.JPG


これは何かと思ったら、ムーミンファミリーのフィギュア。ドールハウスの住人にしたい大きさです。


DSC_0827.JPG

ここでポストカードを投函すると特別の消印がついて届きます。ムーミン好きのお友達にムーミン切手を貼って送れば喜ばれそうです。


「地球の歩き方」ニュース&レポートに「ムーミンファンなら一度は行きたい!世界でひとつのムーミン美術館徹底ガイド(フィンランド・タンペレ)」としてもっと詳しく紹介しています。そちらもどうぞご覧ください。
https://news.arukikata.co.jp/column/sightseeing/Europe/Finland/TAMPERE/229_991189_1533744928.html?w=229


タンペレホールの外にこんなムーミン像もたっています。小さいので注意して探してぜひ記念撮影を。


DSC_0957.jpg


タンペレ・ムーミン美術館公式ホームページ(日本語)
https://muumimuseo.fi/ja/

※美術館内は撮影禁止です。この記事に使用した画像は掲載許諾を得ています。


2018年10月31日
2018年10月28日
2018年10月18日
2018年10月11日
2018年9月30日
⇒すべての記事を見る

フィンランド旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィンランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • サヴォンリンナ特派員

    サヴォンリンナ特派員
    ラサネン千景
    2002年よりフィンランド在住。
    高校生の頃に読んだ一冊の本がきっかけでフィンランドに出会い、気がついたらこの地で生きていくことに。サヴォンリンナ出身の夫、娘二人と暮らしています。日本語クラス、翻訳、観光ガイドなどをしながら異文化の田舎暮らしをいかに楽しむか、いまだに模索中。
    あまり知られていない東フィンランド、サヴォンリンナの魅力をお伝えできればと思っています。 DISQUS ID @disqus_3ZYQse1QFO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集