海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > サヴォンリンナ特派員ブログ > フィンランド三古城のひとつ オラヴィ城 (Olav...

フィンランド/サヴォンリンナ特派員ブログ ラサネン千景

フィンランド・サヴォンリンナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 5日

フィンランド三古城のひとつ オラヴィ城 (Olavinlinna)


メール プリント もっと見る

フィンランド三古城のひとつ オラヴィ城 (Olavinlinna)

街のシンボル、オラヴィ城。フィンランド語でオラヴィンリンナ(Olavinlinna)、「リンナ」は城の意味です。
サヴォンリンナブログ、現地在住ならではの・・・と思いましたが、やはりここからスタートすることにしましょう。


マーケット広場を通り過ぎ、遊覧船を眺めながら湖に沿って5分歩くと、Linnankatuという道につながります。お城へまっすぐ続く通りです。その昔、この通りにはオラヴィ城で働く職人さんや兵士の家族が住んでいたといいます。現在は木造建築と石畳の美しい道路になっています。この通りに差し掛かかると、目の前にお城が見えるので、「あ、もうすぐ」と思うのですが、ここからまだ橋を二つ渡ります。見えてから意外と距離があります。

DSC_0557.jpg

オラヴィ城の建設が始まったのは1475年。当時のフィンランドはカルマル同盟の一員だったスウェーデン統治下にありました。対ロシアの要塞として建てられたので、「優雅、優美なお城」ではなく、どっしりと力強くそびえ立っています。

DSC_0556.jpg

防衛上の理由から湖に浮かぶ島の岩の上に建てられました。周りをぐるっと水に囲まれています。湖が日本の城の「堀」の役目をしているわけですね。1974年に手前にある島とオラヴィ城を繋ぐ開閉式の橋が渡されるまでは観光客も手漕ぎボートで渡らなければならなかったそうです。


門をくぐるとこんな顔出しパネルが。

DSC_0548.jpg

見学は毎時ちょうど00分にスタートするガイドツアーのみ。間に合わない場合、次のツアー出発まで一時間待つことになってしまうので注意してくださいね。ツアーは45分程かかります。


通常、観光客の多い夏期は中庭から、その他の季節は城内のチケット売り場前からスタートします。オラビ城のガイドさんたち、それぞれの得意分野に合わせて各自オリジナルの45分間ツアーを組み立てています。そのため、行く度に違うガイドさんから別の話を聞くことができます。歴史や逸話がたくさんあり過ぎて45分に全部は収まらないんですね。


一般ツアーはフィンランド語、英語のみですが、受付でお願いすると日本語の説明書を貸し出してくれます。これは見学終了後、受付に返してください。

中庭に入ってすぐの展示室。細い通路の両側にあります。薄暗いからなのか、意外と皆さん気が付かずに通り過ぎてしまっています。

DSC_0555.jpg

DSC_0554.jpg

歴史を簡単に紹介したビデオが流れていたり、修復工事中に見つかった昔の道具が飾られていたりします。見学ツアー出発までの待ち時間などに寄ってみてください。


中庭や外階段は冬場は凍っていることもあります。また城内は狭く古い階段の上り下りがあるので、歩きやすい靴がおすすめです。


Olavinlinna
見学時間:
8月15日~12月17日、1月2日~5月31日 月‐金 10am‐4pm  土日11am‐4pm
6月1日~8月14日 毎日11am‐6pm
料金: 大人10€, 7歳~17歳 5€, ファミリーチケット 22€ (*2018年2月現在)
http://www.kansallismuseo.fi/en/olavinlinna-castle


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年3月 5日
« 前の記事「 ご挨拶/サヴォンリンナブログ始まります!」へ
»次の記事「「可愛い~!」 カフェ アレグリア Cafe Alegria」 へ
おすすめ記事
    サヴォンリンナ特派員 新着記事
    ファッションデザイナー  ユッカ リンタラ氏 展示会
    景色も人も衣替え, 春です!
    部屋の窓からオラヴィ城 ホテル ロッシランタ
    リーヒサーリの博物館 とツーリストインフォメーション
    GWにサヴォンリンナ方面への旅行を予定されている方へ
    コオロギプロテインバーを食べてみた!
    街の鍛冶屋さん サヴォンリンナンセッパ
    準備が大変、イースター

    フィンランド ツアー最安値


    2018/5/23更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    フィンランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィンランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • サヴォンリンナ特派員

      サヴォンリンナ特派員
      ラサネン千景
      2002年よりフィンランド在住。
      高校生の頃に読んだ一冊の本がきっかけでフィンランドに出会い、気がついたらこの地で生きていくことに。サヴォンリンナ出身の夫、娘二人と暮らしています。日本語クラス、翻訳、観光ガイドなどをしながら異文化の田舎暮らしをいかに楽しむか、いまだに模索中。
      あまり知られていない東フィンランド、サヴォンリンナの魅力をお伝えできればと思っています。 DISQUS ID @disqus_3ZYQse1QFO

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集