海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > サヴォンリンナ特派員ブログ > 新しい橋を建設中、町の名所になる予感!? ライター...

フィンランド/サヴォンリンナ特派員ブログ ラサネン千景

フィンランド・サヴォンリンナ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月20日

新しい橋を建設中、町の名所になる予感!? ライターットサルミ橋


新しい橋を建設中、町の名所になる予感!? ライターットサルミ橋

サヴォンリンナでは大きな建設プロジェクトが3年をかけて進行中です。
ご存知の通り、この辺りは湖だらけ。ということは当然、橋が多いのです。そして地図上でまっすぐ行けばすぐの場所までも、実際はぐるっと道路をまわらなければいけないことも度々です。


DSC_0754.JPGのサムネイル画像


高さのある船やヨットは町の東側にあるキュロンサルミ橋を通っていました。この橋は開閉式のいわゆる「はね橋」というのでしょうか、可動橋になっていてヨットなどが通過する際、橋の真ん中から上方向に上がります。当然、船やヨットが通過するあいだ、車も人も停められて渡れません。
私も最初の頃はついつい橋の向こうの店でアイスクリームを買ってしまって、ちょうど橋の開閉で停められ、20分待つことになり後悔したこともあります。


町の西側に大きな橋を建設中です。ライターットサルミ橋(Laitaatsalmen silta)と言います。
橋の長さ500メートル、高さ24,5メートル、この橋は開閉の必要がありません。完成後は高さのある船舶はこちらのルートを通ることになります。


昨年から橋の建設の様子を見ていますが、足場は木材で組まれ、それだけで大変に美しい建造物のようでした。


WP_20170526_012_resized_20181023_032350623.jpg


上の写真は昨年夏に撮影した一本目の橋の足場です。木材が太陽の光に照らされ、きれいでした。


このライターットサルミ橋、昨年12月に一本目の橋が通行可能に、そして先週ついに2本目も開通しました。
まだまだ冬の間も工事は続いて周辺の整備を含め全ての完成は来年2019年の予定です。


DSC_1050.JPG


橋の中心部、湖の両岸にエレベーターもあります。


DSC_07461.jpg


DSC_07501.jpg


降りる時は階段を使ってみましたが、下が見えてこれはなかなかスリリング。


DSC_07601.jpg


工事が終わって明るい季節になったら、また行ってみましょう。
高い建物がないサヴォンリンナで、広がる湖の景色を楽しめる新たな名所になる予感です。来年の夏、湖を上から眺めるのが待ち遠しいです。


DSC_0753.JPG


サヴォンリンナでよく話されるジョークで、
遅刻した時には「すみません、橋が開いていたので遅れました。」と言えばいい。
「ああ、それは仕方がないね。」で終わるから、というのがあります。

このライターットサルミ橋はそんな町の交通を大きく変えることになる新しい「橋」なのです。この橋が出来上がれば、今までのようにはね橋を開ける必要がなくなり、車が20分停められてアイスクリームがとけることもなくなります。私は開閉式の橋も好きだったので、実は便利さ半分、寂しさ半分で複雑な心境です。
ただ、そうなると「橋が開いていたので遅れました。」という遅刻理由は使えなくなってしまうので、何か新しい言い訳を考えないと。。。。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2018年11月20日
« 前の記事「黒い白樺デザインがスタイリッシュ ルメネのマスカラ」へ
»次の記事「クリスマスシーズンはチョコレートの誘惑との闘い」 へ
おすすめ記事
    サヴォンリンナ特派員 新着記事
    クリスマスシーズンはチョコレートの誘惑との闘い
    新しい橋を建設中、町の名所になる予感!? ライターットサルミ橋
    黒い白樺デザインがスタイリッシュ ルメネのマスカラ
    庭の小鳥たちにも冬の準備を
    もう行った?タンペレにあるムーミン美術館
    初雪とコラーゲンヨーグルト
    最近ちょっと話題のサルミアッキ入りチョコレート
    すっかり秋、紅葉の季節です

    フィンランド ツアー最安値


    2018/12/11更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    フィンランド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィンランドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • サヴォンリンナ特派員

      サヴォンリンナ特派員
      ラサネン千景
      2002年よりフィンランド在住。
      高校生の頃に読んだ一冊の本がきっかけでフィンランドに出会い、気がついたらこの地で生きていくことに。サヴォンリンナ出身の夫、娘二人と暮らしています。日本語クラス、翻訳、観光ガイドなどをしながら異文化の田舎暮らしをいかに楽しむか、いまだに模索中。
      あまり知られていない東フィンランド、サヴォンリンナの魅力をお伝えできればと思っています。 DISQUS ID @disqus_3ZYQse1QFO

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集