海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > シアトル特派員ブログ > 航空博物館・一般公開前のスペースギャラリーに行って...

アメリカ/シアトル特派員ブログ 旧特派員 Eko

アメリカ・シアトル特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月10日

航空博物館・一般公開前のスペースギャラリーに行って来ました


航空博物館・一般公開前のスペースギャラリーに行って来ました

昔々からのシアトルのメイン企業といえばボーイング社、その発祥の地に航空博物館があります。

nasa_210364main_FF_Seattle-ENTER.jpg

そこでこの週末、11月10日から一般公開される新しいスペースギャラリーに行って来ました。

entrance.jpg

ギャラリーは本館からスカイブリッジを渡った対岸にあります。

skybridge.jpg

いつ渡っても近未来的で嬉しくなるスカイブリッジですが、この時は映画「2001年宇宙の旅」で無重力状態を紹介するシーンで流れる「美しく青きドナウ」がBGMになっていて、一瞬ですが自分もゆるゆると浮き上がれるような錯覚があり、びっくりしました。



今日は報道関係者にも公開される日だったらしく、シアトルのローカル局のクルーがたくさん来ていました。
よくテレビで見るレポーターさんたちもチラホラ。
うちは報道関係ではありませんが博物館のメンバーなので、一般公開前の1週間に特別に入場できて、ゆっくり見る事が出来ます。



入るとすぐ目の前にスペースシャトルがあります。

shuttle.jpg

ただし本物ではありません。
本物のディスカバリーはDCのスミソニアンへ。
アトランティスはケネディー宇宙センターへ。
エンタープライズはニューヨークへ。
エンデバーはカリフォルニアへ。



この取り決めは非公開で行われたので、理由については色々な憶測があるようですが・・・
シアトルも本物を勝ち取ろうとして長年いろんな活動をして来ましたが選ばれず、スペースシャトル乗組員が実際に使ったシュミレーターがシアトルにやってきました。
ですからコクピットの部分は実際のシャトルと同じ物ですが、本体部分はこちらに運ばれてから付け加えられたものです。



でも、それでも実寸で見るシャトルは大きくて、わくわくします。



ギャラリーの中で、シャトルの次に目を惹くのはこちら。

charon.jpg

私はあまり詳しくないですが、ただもう宇宙に行く感じがすごーくします。
横にあった説明によれば、シアトル近郊のケント市で開発されているジェットエンジンで、一度発射すれば使い捨てのロケットのものと異なり、スペースシャトルのように何度でも離着陸できる構造を目指しているそうです。



シャトルの反対側へまわると、上にはハッブル望遠鏡の2分の1サイズの模型が。

hubble_half.jpg

シャトルの歴史をたどる年表も作られていました。

timeline.jpg

こちらはシャトルの後部。人と比べると大きさがわかります。

shuttle_back.jpg

この後方部分は上がって中に入れるようになっていて、こちらもギャラリーになっていました。

shuttle_inside.jpg

ギャラリーから降りてすぐのところに展示してあるのは、旧ソ連のソユーズ。真っ黒で、大気圏突入の時に本当に焦げて来たんだなあと思いました。

soyuz.jpg

中が見られますが、そのまま帰って来られるスペースシャトルを考えると、こんな狭いところに3人もがぎっしり横になってって、ただただ凄いと思うばかりです。

soyuz_inside.jpg

ところで本館に以前からある宇宙飛行の歴史のセクションに設置されていたスペースシャトル着陸のシュミレーターが、こちらにお引っ越ししてきていました。

simulator.jpg

simulator_panel.jpg

シャトルの着陸はなかなか難しくて、うちの子供達も来ると挑戦しますが、上手に出来ずにクラッシュしまくりです。
しかもクラッシュさせてもらえるのはいいほうで、あまりにも操縦が下手だと途中でシュミレーターに見放されて「また今度〜」と終了になってしまいます。
大人がやっていてもなかなか成功しないみたいですね。



ところで上の写真、着陸シュミレーターの上にあがっていく階段が写っていますが、これがコクピットにつながっています。
今日は報道陣公開日だったため開いていましたが、普段は公開されていません。
また折りをみて、定期的に10人程度限定で特別公開をすることになるそうで、その時には実際にシュミレーター体験が出来るのだそうです。



博物館側の手違いなのか、事前にネットで検索した時にたまたまそのシュミレーター使用注意のページに行き当たり、規定の念書を読んだところによれば、狭い空間なので身長や胴回りサイズに限度を定めてあり、また10歳以下の子供は応募出来ないことになるようです。



ですから残念ながらコクピットの写真は無しですが、かわりに航空博物館のサイトにある写真をどうぞ。

03_crew_compartment_cockpit.jpg

最初にも書きましたが、こちらの一般公開は11月10日土曜日、オープニングセレモニーや関連イベントが行われるそうです。
入場料や開館時間はこちら をご覧になって下さい。

sg_header.jpg





ところで・・・このギャラリーのなかで人々の注目を浴びていたのが、スペースシャトルとソユーズのトイレの違いでした。実際に使われたものが展示されていますが、ソユーズのがなかなか凄いです。ここで写真をお見せするのがためらわれるので出していませんが、もしご覧になりたい方がいらしたら、無記名でもコメントで入れて下さったら後ほど追記で掲載させて頂きます。



ブログ村ランキング、参加してみました。

クリックしていただくと励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ   にほんブログ村 海外生活ブログへ


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2012年11月10日
« 前の記事「文化の日イベント(3)ランチはTokyo DogとSix Coinsで」へ
»次の記事「スキー場から雪の便り」 へ
シアトル特派員 新着記事
シアトルの日本食事情
ポートランド発の個性派アイス『Salt & Straw』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3(『Mighty-O』)
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」④ベーカリー編その1(『Macrina Bakery』)
シアトルにも春が来ました
アイスの気分?『Molly Moon's Homemade Ice Cream』へGo!
シアトルの老舗カフェ『Cafe Allegro』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」③ドーナツ編その2(『General Porpoise』)
1年前の同じ月に投稿された記事
シアトルのフリーペーパー(日本語)

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集