海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > シアトル特派員ブログ > ガムの壁:the 'germiest &...

アメリカ/シアトル特派員ブログ 旧特派員 Eko

アメリカ・シアトル特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月22日

ガムの壁:the 'germiest ' tourist attractions


ガムの壁:the 'germiest ' tourist attractions

この記事は食事をしながらご覧になるのは、絶対にお勧めしません(汗)。



前記事「ホリデーシーズン風景 」でダウンタウンで始まっているクリスマス風景を紹介しましたが、

macys_wreath.jpg

目的地はパイクプレイス・マーケットでした。

ダウンタウンから海へ向かってマーケット側に渡ると、いつもは歩道に刻印してあるパイクプレイスのシンボル、豚のレイチェルの足跡をたどり、買った鮭を投げるので有名な魚屋のほうへ入って行くんですが、

rachael_print.jpg

そちらへは行かず、二股に分かれた左側へ逸れて坂道を下って行きます。

to_post_ally.jpg

目的はこちら、人が集まっていますが、何だか分かりますか?

gumwall1.jpg

寄って見るとこんな感じ。

gumwall2.jpg

実はこれ、Sticky Attraction(ベタつくアトラクション)とも呼ばれる、シアトルの悪名高い「ガムの壁」なんです。

TripAdvisor.comというサイトで2009年に発表された「the 'germiest ' tourist attractions(最もバイ菌だらけの観光スポット)」トップ5の2位に選ばれました。

その時のCNNの記事がまだ見られます→→コチラ

gumwall3.jpg

近くで見ると、凄まじいですね。

gumwall4.jpg

左手が入り口、右手がボックスオフィスで、こちらコメディ専門のシアターです。

ちゃんと営業していますが、このガムだらけの入り口を入って行くの、勇気がいりそうです。

gumwall5.jpg

実は私、この夏までガムの壁の存在を知りませんでした。

友達と集まった時に日本からのお客をどこに連れていくかという話になり、そこにいる全員が知っていたのに私だけ知らなかったんです。

悔しくて(笑)

行きたいと思いながら、今になってしまいました。

わざわざネットで調べたりして。



それで分かったんですが、言い伝えによれば最初のガムはこのシアターのパトロンによって1993年に付けられ、掃除されてもどんどん増えて行き、この形になったのだそうです。

私はシアトルに来たすぐの頃にここを通っているんですが、その時にはまだガムはなかったんですね。

下に降りて行くだけで大して面白くもない路地だったために、その後1度も通らなかったんです。



そしてどうも、ジェニファー・アニストン主演の映画の中でここが紹介されたそうなんですが、もちろん見ていません。

「わすれた恋のはじめかた(原題: Love Happens)」という映画で、日本では公開もされずビデオ直接だったそうですから、その程度の映画だったのかな・・・



とにかく、そんなに有名なガムの壁を知らなかった理由がはっきりわかって、スッキリしました。



さて、よく見るとこの壁、ガムでアートしている人達もいて、なかなか楽しいんです。

gumwall_rakugaki.jpg

こちらは単純ですが、可愛いニコニコマーク。

gumwall_nikoniko.jpg

これはなんと!

gumwall_propose.jpg

こんなところでプロポーズをしている人が!

お相手は嬉しかったんでしょうか、きったねぇ〜〜〜と思ったんでしょうか・・・



そしてこちらは反対側にあるコラージュの壁、かなりいい感じです。

gumwall_hantai_kabe.jpg

このガムの壁、もうすっかり秋なので平気で行きましたが、夏場に行くと気温が高いしレンガが熱を蓄えますから、古いガムも柔らかくなるんだそうです。

ありとあらゆるガムの香りが混ざり、気分が悪くなる人もいるのだとか。

また、柔らかくなったガムに囲まれると、なんだか髪や肌がべとべとしてくるような、嫌〜な気分がしてくるそうです。



お気をつけ下さい。


Seattle Gum Wall
1428 Post Alley,
Seattle, WA 98101



ブログ村ランキングに参加しています。

クリックしていただくと励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ   にほんブログ村 海外生活ブログへ


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年11月22日
« 前の記事「ホリデーシーズン風景」へ
»次の記事「シアトルで子育て(4)子供も同じ、ひとりの人」 へ
シアトル特派員 新着記事
シアトルの日本食事情
ポートランド発の個性派アイス『Salt & Straw』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3(『Mighty-O』)
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」④ベーカリー編その1(『Macrina Bakery』)
シアトルにも春が来ました
アイスの気分?『Molly Moon's Homemade Ice Cream』へGo!
シアトルの老舗カフェ『Cafe Allegro』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」③ドーナツ編その2(『General Porpoise』)
1年前の同じ月に投稿された記事
シアトルのフリーペーパー(日本語)

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集