海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > シアトル特派員ブログ > 子供を見守る規則がシッカリして安心して遊ばせられる...

アメリカ/シアトル特派員ブログ 旧特派員 Eko

アメリカ・シアトル特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月11日

子供を見守る規則がシッカリして安心して遊ばせられる場所*Seattle Children's Museum


子供を見守る規則がシッカリして安心して遊ばせられる場所*Seattle Children's ...

下の子にずっとせがまれていたシアトルセンターにあるチルドレンズ・ミュージアム=シアトル子供博物館へ、久しぶりに行ってきました。

childrensmuseumsign.jpg

子供達が思いっきり遊べるので、幼稚園や小学校の遠足先によく選ばれるところです。

うちの子も学校で行ったんですが、その際に少し手助けが必要な子とペアになったので、その子がやりたいようにさせてあげよう、その代わりにいつかもう1度連れて行ってあげるからね、と約束をしていたんです。



館内はいくつかのセクションに分かれています。

入り口そばにあるのはクラフトルーム、粘度や紙類、ビーズなどが取り揃えられていて、思い思いの創作が出来るようになっています。

craftzone.JPG

こちらはCog Cityといってボールを使って重力や浮力の実験が出来るところ。

ball_zone1.JPG

穴の上にビーチボールを置いてボタンを押すと風で浮き上がる装置で、赤ちゃんが楽しんでいました。

beachball.JPG

こちらはお買い物ごっこが出来るスーパーマーケットのディスプレイ。

market.JPG

ガランとして見えるのは小さなカートを山盛りにした子供達がたくさん遊んでいて品薄になっていたこと、あと子供の高さに合わせてあるせいかと思います。

market2.JPG

さてこちらのキッチンは・・・

sprout_kitchen.JPG

上の階にお店がある子供専門のデリカテッセンの模型でした。

左手がそのお店、右手に入ると劇場の模型があってスイッチボード体験や、衣装を選んでの劇場ごっこが出来ます。

beansprouts.JPG

その上の階ですが、実はフードコートやイベント会場のあるアーモリーなんです。
博物館の天井の真ん中が吹き抜けになっていて上がのぞけます。

view_to_armory.JPG

お昼になったら受付で手にスタンプを押してもらって上でごはんを食べ、また戻って来て遊ぶというのが、子供達が小さい頃のお決まりコースでした。



小さい頃、というのも、ここが対象としているのは多分小学校1年生ぐらいまで。

大きい子は同じ敷地内にあるパシフィック・サイエンス・センターのほうが楽しめます。
入場料が無料なのが0歳というのが納得出来るレベルの遊びが多いです。



でも1歳と5〜6歳とでは遊び方が段違いですから、3歳までの子供だけが遊べる特別エリアが作られています。

birth_3year.JPG

中は小さな可愛い山あり谷あり、水遊び出来るところもあるんですよ。

その向かいにあるサウンド・トランジットという電車の看板のある部屋の中は、

sound_transit.JPG

ベビーカー置き場になっていました。

人がたくさんいたのでよく見えませんでしたが、奥のコーナーには電車の模型で遊べるところもあるようです。

transit_stroller.JPG

写真にはあまり写っていませんが、ここは雨の日に小さい子を楽しませるのに最適なところですし、この日は午後から子供劇場で観劇の予定のある家族も多く来ていて、かなり混んでいました。

それで各セクション内の撮影が難しく、部屋のサインだけしか撮れないところもあって、申しわけありません。



それというのも昔からこの施設は子供を見守る規則がしっかりしていて、今回の入館の際にもまず渡されたのがこちらのカードでした。

card1.jpg

表面の黄色い側、子供には常に大人が付き添う事、飲み物はこぼれ防止のタンブラーで、歩きやすい靴で、アレルギーのある人のためゴム風船は無し(誕生会パッケージがあって、ここでパーティーをする人がいるので)、というのはまあ普通の注意書き。



でも裏面には、子供連れでない大人は入館禁止と明記してあります。

子供が遊ぶ施設だからと子供料金のほうが大人より高かった昔々から変わらないポリシーです。

card2.jpg

悲しい事ですが、小さな子供がたくさん集まる場所に客のフリをして入って来て盗撮したり、親が目をちょっと離した隙に物陰でイタズラしたりする大人がいるんです。

それを防止するために、出入り口の真ん中にカウンターがあって両側に係員が常駐、大人だけでも子供だけでも出入りしないよう、シッカリと見張っていてくれます。



ですから、例えば上で食事してトイレへ行って、後から行くから子供と一緒に先に戻ってて、という事は出来ません。

必ず止められてしまいますから、どうぞご注意ください。





Seattle Children's Museum

http://thechildrensmuseum.org

305 Harrison St, Seattle, WA 98109

(206) 441-1768

月〜金: 10:00am - 5:00pm

土、日: 10:00am - 6:00pm



大人&子供:$8.25

祖父母:$7.25(多分シニア=65歳以上と言う事だと思います)

0歳児:無料





ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村

クリックしていただくと励みになります。いつもありがとうございます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2014年3月11日
« 前の記事「ウォーターフロントの整備とゴンドラ計画」へ
»次の記事「UWでお花見」 へ
シアトル特派員 新着記事
シアトルの日本食事情
ポートランド発の個性派アイス『Salt & Straw』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3(『Mighty-O』)
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」④ベーカリー編その1(『Macrina Bakery』)
シアトルにも春が来ました
アイスの気分?『Molly Moon's Homemade Ice Cream』へGo!
シアトルの老舗カフェ『Cafe Allegro』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」③ドーナツ編その2(『General Porpoise』)
1年前の同じ月に投稿された記事
子供のパーティーを素敵に演出する小物たち
キッチンの便利小物・計量スプーンが入りやすいスパイスボトル
隠れ家みたいなレストラン・Matt's in the Market
シアトル ・3月のイベント

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集