海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > シアトル特派員ブログ > 【5月のお題】ワシントン州のタバコ事情

アメリカ/シアトル特派員ブログ 旧特派員 Eko

アメリカ・シアトル特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月23日

【5月のお題】ワシントン州のタバコ事情


【5月のお題】ワシントン州のタバコ事情

今月のもう1つのお題「タバコ事情」ですが、私は喘息持ちで喫煙経験がありません。

もし疑問に思う点がありましたら、お手数ですがコメントを残して頂ければ後日の記事でお答え出来ると存じます。

コメントはこちらで承認しなければ表示されませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

ワシントン州の喫煙年齢は18歳からですが、現時点で21歳からである飲酒と同じに引き上げようという動きがあります。

喫煙者の多くが10代のうちに始めており、それは日本の高校3年生にあたる12年生が18歳として喫煙が合法になるために、取り締まりが難しいからだというのが理由の1つにあげられています。



上の写真のように、タバコはコンビニやガソリンスタンドのレジの後ろ、スーパーなどではカスタマーサービスのカウンターの後ろに並べられており、店員に言って出してもらうようになっています。

その際に運転免許その他の身分証明書で年齢確認をされます。



そこで厳しく制限しても、学校の友達や先輩後輩間でやり取りがあるかもしれません。

18歳以下の子供にタバコを渡すのは違法ですが、実際、なかなか分からないと思います。



さてワシントン州ではレストランやバーを含む公の場所での喫煙が禁止されて久しく、法律が出来たのは2005年のことだそうです。

屋外での喫煙にも規則があります。

建物の出入り口や開いている窓、空調のダクトから半径25フィート(7.62m)以内での喫煙は禁止だそうです。



それで以前は出入り口そばの目立つところに喫煙所があったんですが、このごろは離れた位置に目立たないようにこんな感じで灰皿が立てられています。

smokingstation.JPG

半径7.62mの外って思いのほか遠くて唐突に立っているので、子供がうっかり触ってしまって慌てた事もありました。



ところでタバコ類を買う場所としてはネイティブアメリカン居留地という選択もあります。

先にあげたコンビニやスーパーなどは州のライセンスで販売していますが、居留地内はトライバル法(部族法)が適用されるため、州の取り決めより安く、豊富な品揃えから選べると聞いています。



例えば、こちらはシアトル観光で訪れた人がツアーなどでよく行くシアトル・プレミアム・アウトレット を持つテュラリップ族のスモーク&リカー・ショップ のウエブサイト。


テュラリップ族は居留地内でアウトレット、スモークショップのほかにカジノも経営していて見つけやすいですが、幹線道路を走っていてヒョイと1軒だけポツンと立っているスモークショップを見かける事もあるんです。

そういうところは自治体の飛び地のような感じで、その区画だけが居留地扱いになっているのだと教えてもらいました。



こういう店は、それこそ車がないとなかなか行けない場所にあったりします。

日本のように、ちょっと出れば街角に自販機があるというような便利な買い方が出来ない、色んな難関を乗り越えてやっと手に入るワシントン州でのタバコのお値段は、The AWL というニューヨーク発信のウエブマガジンが毎年行っている調査によると、2013年では全国で11番目に高額だそうです。

(ちなみに1番はニューヨーク州で、それを嘆くための記事だったようです)



ところで日本でも今どきはかなり少なくなったかと思いますが、市内をそぞろ歩きしているとくわえタバコ歩きタバコは全くといっていいほど見かけません。

通りすがりに見かければ「あっ」と思うほど珍しいんです。

先日その「あっ」に行き会ったものの、その人は英語以外の言葉を話していたので、きっと出張かなにかで来ていてご存じなかったんでしょう。



愛煙家の方には味気なく窮屈かとも思いますが、こちらへお越しの折りにはどうぞお気をつけ下さい。



(5月お題"タバコ事情")





ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

クリックしていただくと励みになります。いつもありがとうございます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2014年5月23日
« 前の記事「出産時に病院でもらったもの」へ
»次の記事「5月最終月曜日からはバーベキューの季節」 へ
シアトル特派員 新着記事
シアトルの日本食事情
ポートランド発の個性派アイス『Salt & Straw』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」⑤ドーナツ編その3(『Mighty-O』)
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」④ベーカリー編その1(『Macrina Bakery』)
シアトルにも春が来ました
アイスの気分?『Molly Moon's Homemade Ice Cream』へGo!
シアトルの老舗カフェ『Cafe Allegro』
シリーズ「シアトルで朝ご飯を食べよう」③ドーナツ編その2(『General Porpoise』)
1年前の同じ月に投稿された記事
パイクプレースのフラワーフェスティバル
シアトルのお勧め朝ご飯・ジェラルディンズ・カウンター

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集