海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 韓国/ソウル特派員ブログ

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


今回、密陽の旅で楽しみにしていた場所が【位良地(ウィヤンモッ)】です。


韓国ドラマ【麗~花萌ゆる8人の 皇子たち~】で、ドラマの最初に表示される年齢指定画面の背景や、
7話の最初でヘ・スが女官になりワン・ソに、宮中がどんなところなのか尋ねているシーンで出てくる
ロケ地の池が、位良地です。(ここは宮中の設定として出てきます)


劇中でも大きな樹木に白い花が咲いていますが、この花はモクセイ科のヒトツバタゴの花で、
4月後半から5月の初めがちょうど開花時期ということもあり、密陽のあちらこちらでもヒトツバタゴが
咲いているのがとても印象的でした。


位良地に到着し、まずは位良地を一周しながら池の景色を堪能することに。


ここは別名【ヒトツバタゴの森】と呼ばれているようで、
2016年に美しい森全国大会で優秀賞を受賞している場所です。


위양못6.jpg

位良地の「位良」とは良民(民)を意味し、陽良池とも呼ばれていて、
統一新羅時代から高麗時代(約700年~1300年)の間にできたと言われています。

昔は周囲が2㎞ほどの大きな貯水池だったようですが、
どんどん小さくなり、現在は166mの大きさです。


この池には【宛在亭】というこじんまりとした韓国伝統家屋があり、
池のどこからでも池との調和した景色を楽しめますが、

위양못5.jpg
やはり一番美しいのは、まさにここからの景色です。
フォトスポットもつくられているので、すぐに見つけることができます。

위양못1.jpg
宛在亭の入口にある橋を渡り宛在亭の中に。


위양못4.jpg

宛在亭は、李氏王朝14代王の時代の武士鶴山・権三変(1577~1645)が10年の捕虜生活後、
東屋を建てて暮らしたいと思っていたこの地に戻り、東屋の名前と詩文まで考えていたそうですが、
それを果たせぬまま死を迎え、その後に彼の子孫が1900年に完成させた東屋です。

위양못2.jpg

宛在亭の目の前にあるこの門は、ドラマ「麗~」の劇中で、ヘ・スとワン・ソがこの門を入り、
「宮中は誰も信じられない孤独なところだ」というワン・ソに対して、
ヘ・スが宮中で「私は一人じゃないから大丈夫です。あなたがいるでしょう」と
話しをしていた場所です。


実際、この門から見る景色は、、、

위양못3.jpg
やはり素敵でした!!


最後に、密陽の旅のアドバイスとして、
密陽アリラン大祭り(今年は5月16~19日)が開催される5月頃がおすすめです。


【位良地】
住所:慶尚南道密陽市赴北面位良里
アクセス:密陽市外バスターミナルから【4大項3】バスに乗車後、【位良停留所】で下車し徒歩7分
観覧料:無料


2019年5月10日

ソウルから離れ、どうしても見たい景色があり、
慶尚南道密陽市にやってきました。

慶尚南道密陽市といえば、韓国歌謡3大アリランの一つ
【密陽アリラン】の発祥の地として有名で、私は2007年に公開された
【密陽】という映画で初めて知った地名ですが、
密陽に行くなら私が今回行きたい場所が4月の終わりから5月の初めが一番美しいとのことだったので、
それにあわせて行ってきました。


さて、旅には欠かせないのがその地の郷土料理です。

密陽は釜山とも近いせいか、テジクッパも有名で、
密陽市場の中に以前韓国キー局SBSで放送されていた【ペク・チョンウォンの三大天王】という番組で
テジクッパで全国トップ3で美味しい店として紹介された店があるということで、
まずは腹ごしらえにそこを訪れてみました。


久々の地方ですが、テジクッパがあるという密陽市場は、
小さなアーケードに店が連なる昔ながらの市場ではありますが、
おそらく一度改装されたのか清潔感があり、そこに並んでいるフルーツや揚げパンやキムチなど、
たくさんの美味しそうな食べ物につい目が行ってしまいます。


スマホのマップを片手に歩いて行った先には、この市場で長い間やってきたと思われる素朴なお店が。
その名も、【タンゴルチプ】。

단골집3.jpg
行きつけの店という意味の、
もしかしたら昔から親しまれてこういう風に呼ばれてできた店名のような気もしますが、
店内に貼られているテレビ放映された時の写真や、訪れた芸能人のサインなどを見ると、
多くの人が訪れていることがわかります。

단골집5.jpg
ペク・ジョンウォンと三大天王に一緒に出演していたコメディアンのキム・ジュニョンのサインも。


こちらには、脂身の少ない豚肉のスライスが入っているテジクッパ(7000W)の他に、
豚の内臓の肉が入った内臓クッパ(7000W)、豚の頭の肉と内臓部分と肉の部分が入った
ソッコクッパ(7000W)があり、悩んだ結果、お店の人から聞いた一番人気の
ソッコクッパを食べることにしました。


단골집2.jpg

ソッコクッパの登場!
密陽テジクッパは、スープを豚骨ではなく牛骨からとるのが特徴で、
普通のテジクッパよりスープがさっぱりとしています。
ここでは、お好みでカワミドリの葉を上にのせてくれます。
食べたことがなかったので、入れてもらうことに。
独特の香りがいいアクセントになります。

단골집1.jpg

クセのある味が苦手な人は普通のテジクッパがオススメですが、
コプチャンなど内臓系のお肉でも大丈夫な方はいろんなお肉が楽しめる
ソッコクッパがオススメです。


단골집6.jpg

普段はあまり塩や辛味を入れたりしないのですが、
ここはここオリジナルの辛味を入れると、さらにおいしくなります。


今までに食べたことのない深い味があってさっぱりとしたクッパを経験し、
他でクッパが食べられるか心配です。
さすが、三大天王に選ばれただけあります。。


次にこの食べられるのはいつになることやら…


【タンゴルチプ】
住所:慶尚南道密陽市常設市場3キル18-16
アクセス:密陽市外バスターミナルからタクシーで約4分
営業時間:10:00~22:00
休み:無休


2019年5月 9日

チキン大国の韓国には、デリバリー専用のチキン専門店からイートイン併設のチキン専門店、
ここ数年はイートイン専用のチキン専門店もたくさんできて、チキンが大好きな私にとっては嬉しい限りですが、
大手ブランドの続々と飛び出す新しいフレーバーのチキンももちろん気になりますが、
イートイン専門店のお店でちょっと気になるチキンがあるのでご紹介したいと思います。


20190407_201132.jpg

その名も、パネチキン


もち米をつけてウォーターフライヤーで揚げられたパリパリのチキンに
フランス産の生クリームとイタリア産ホールトマトを使用したソースがかけられ、
丸いパンに入ったアメリカ産の最高級モッツァレラチーズと一緒に食べる
チーズもチキンも大好きな若い人にはたまらないチキンです。


20190407_201640.jpg

メニューが来ると、パンの中のモッツァレラチーズをチキンにかけてくれ、
パンも食べられるように切ってくれます。
別にソースも来るので、味をかえて食べることもできます。
価格は2万4500Wで、その他石板クリームチキンなどのメニューも揃っています。


【コックダッ】
住所:ソウル市江南区江南大路98キル12-3
アクセス:地下鉄2号線【江南駅】11番または12番出口から徒歩4分
営業時間:13:00~24:00


2019年5月 2日
2019年5月 1日
2019年4月19日
2019年4月17日
2019年3月 6日
⇒すべての記事を見る

韓国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソウル特派員

    ソウル特派員
    中嶋 一恵
    1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集