海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 韓国/ソウル特派員ブログ

韓国/ソウル特派員ブログ 中嶋 一恵

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


明けまして、おめでとうございます!

年を取るたびに1年があっという間ですね;
2020年も、皆さまの健康とご多幸をお祈りしつつ、何卒よろしくお願いします。


ソウルはご存知の通り、旧正月がメインで日本のお正月を知っていると、新年になる実感がしないのですが、街で見かける救世軍の募金を見ると、年末年始だなと実感します。


구세군1.jpg


31日にはソウル鐘閣では各界から選ばれた人により除夜の鐘が打たれますが、今年はその中にこちらで今人気のキャラクターペンスも除夜の鐘を打っていました。


さて、お正月気分まではいきませんが、少し観光気分も味わいたく、久々に広蔵市場に行ってきました。

광장시장1.jpg

広蔵市場には、現地の人をはじめ中国や日本や西洋からの観光客でごった返していました。
광장시장11.jpg


食べたらやめられなくなるということでつけられた麻薬キンパで有名なお店や、
광장시장6.jpg

人気のタラのメウンタン専門店の前には食事時ということもあり、たくさんの人が並んでいました。
광장시장10.jpg


どれも食べたいのですが、広蔵市場に来たら食べておきたいのがユッケです。

ミシュランにも掲載されている前にもご紹介したプチョンユッケを目指して行ってみると、な、なんとお休みTT
チャンシンユッケも人気ですが、今回はヒョンジェユッケに入ってみることにしました。

광장시장9.jpg

同じ職種の店が並ぶと商売がうまくという話しですが、そのわけがようやく納得です!

食事時ということもあり、店がいっぱいで店内は撮影できませんでしたが、壁には芸能人? のサインもたくさん貼ってあります。

すでに決めていたユッケとユッケビビンバを注文すると、すぐにメニューが登場。

광장시장4.jpg
광장시장5.jpg

ユッケ1万5000W、ユッケビビンバは並7000W、特1万1000Wで、ユッケビビンバには牛と大根のスープがついてきます。

テーブルのチョコチュジャンをお好みでかけ、しっかりと混ぜるのがコツです。
광장시장3.jpg

肉の新鮮さが感じられ、全部食べれるかな...と心配していたのですがペロリと入ってしまいました;;


こちらのお店、水曜日が定休日なのでお気をつけください。


広蔵市場に来て、一カ所で終わるのはもったいない!

ここに来たら、緑豆ジョン(ピンデトク)はやっぱり食べておきたいものです。

いろんなお店が並んでいて、どこも価格は同じのようなので、中国CTripグルメリストに2018年に選ばれたとあるこのスニネピンデトクで買ってみることにしました。

광장시장2.jpg


1枚4000Wで、1枚を4つに分けてもらってカップでもらうことに。

もう一度焼き直してくれるので、ホクホクです!


もう1件、絶対に行っておきたいのがクァベギというネジネジの手作りドーナツ。
광장시장7-1.jpg

おじさん達が目の前で作って揚げながら販売しているのですが、すでにもう列をつくってます。


광장시장12.jpg
광장시장13.jpg

1つ1000Wで、10個や20個と大量買いしていく人もいて、なかなかおじさんも大変そうです。


광장시장14.jpg

ようやくクァベギを購入。最後のデザートでいただきます。
ちなみに、クァベギのお店は第一日曜はお休みです。


最後に、明洞聖堂を軽く見て帰ることに。

20191230_명동성당4-11.jpg


お腹も満たされ、心洗われるようなきれいに電飾された聖堂の外観を見て、満足した時間でしたWW



2020年1月 3日

建国大学エリアは学生街ということで若い人が多く集まりますが、
建国大学エリアに入口のドアがクローゼットの扉でできたオシャレな人気カフェがあり、
さらにそのカフェがSuper Juniorイェソンの弟さんが経営しているカフェということで、
すごく気になって行ってみることにしました。


マウスラビットのすぐ近くにあって、マウスラビットもオシャレなお店ですが、
こちらも1~2階はアンティーク風で3階はアウトドア風のオシャレなインテリアです。


これが、カフェの入口の前。

cafe armoire1.jpg

この横の扉を開けると、
cafe armoire3.jpg
ビンテージ調の異国っぽい部屋に出ます。


cafe armoire4.jpg

その部屋の端にクローゼットが…まさかこのドアが入り口!??


開けてみると、
cafe armoire6.jpg

おお~!やはりカフェへの入口でした!
ドアが閉まっていると、本当に普通のオシャレな部屋みたいで、
ドアが開いた時に先が見える出口感が不思議な感覚です。


中に入ってみると、

cafe armoire7.jpg
打ちっぱなしのコンクリートの壁と木目を生かしたオシャレなインテリアの店内で、
左側がカウンターになっています。


cafe armoire8.jpg

ケースの中を覗いてみると、
cafe armoire9.jpg

チーズの形をしたチーズケーキやチョコブラウニーファッジなどのスイーツが並んでいます。


ここの人気メニューは、チーズケーキとミルクティのようなので、
チーズケーキとミルクティ、それからロータスビスケットがトッピングされたロータスラッテを
カウンターでオーダーし、席を探しに上の階へ。

cafe armoire10.jpg

階段もとてもオシャレです。

cafe armoire11.jpg


2階、3階まであり、
クラシックな雰囲気の2階には若い女性客がいっぱいです。

cafe armoire12.jpg


3階は、2階とはまったく雰囲気の違う雰囲気のアウトドア風のインテリアで
人も多くないのでここでお茶を飲むことに。
cafe armoire13.jpg


実はこの席に
cafe armoire14.jpg

イェソンが座って写真を撮っていたので、同じ席に座ることにしました。


こちらが、オーダーしたメニューの見た目もチーズケーキ(6800W)と24ミルクティ(6000W)とロータスアイスラテ(6000W)です。

最近、トムとジェリーチーズケーキをたまに見かけますが、他のカフェでは値段に比べていまいちだったというところもあり、一抹の不安が…


cafe armoire17.jpg

おぉ!当たりです。美味しい!!

ミルクティとロータスラテもグッドでした。


<cafe armoire>
住所:ソウル市広津区東一路22キル117-27
アクセス:地下鉄「建大入口」3番出口から徒歩3分
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)


2020年1月 2日

大使館なども集まるお洒落なエリアの漢南洞には、一軒家を生かしたお店ができていて、ふらりと歩きながらどんなお店なのか散策してみるだけでも楽しいエリアです。


一軒家を生かしたコンビニがあるのもここらしいです。
CU.jpg


ふらりと歩きながら、つい楽しくて時間を忘れてどんな店があるのかどんどん漢南洞の脇道を歩いていると、


カフェだとわかっているのに、つい入ってみたくなって入ったのがこの【漢南BERG】です。

한남베르그2.jpg


「スペシャリティコーヒー」…?
「エブリデイオープン」…
この言葉に興味がわき、ひと休みしたいわけでも喉が渇いているわけでもないのに入ってみることにしました。


한남베르그3.jpg

2階もありそうなカフェ。何に入ってみると、
한남베르그4.jpg

한남베르그5.jpg

右手にはカウンターがあり、左手にはそれほど狭くない店内にテーブルが並び、おしゃれでかつ、まったりできそうな雰囲気です。


奥には横に暖炉のあるテーブルもあります。
한남베르그6.jpg


カウンターに戻ってメニューを見てみると、メニューは意外とシンプルです。
한남베르그8.jpg

コーヒーと一緒に軽く食べられるスイーツも並んでます。
한남베르그9.jpg


アメリカーノを注文すると、「酸味のあるものと深い渋みのあるもの、どちらがいいですか?」とのこと。2種類ぐらいから選べるようです。


ひとりだったので、コーナーの暖炉のあるテーブルの横のふたり掛けのテーブルに座り、暖炉を見ながらゆっくりとコーヒーを飲むことに。

한남베르그10.jpg


都心ですが、路地に入り続く細い道をなんとなく歩いて入ったカフェだからでしょうか、なんか時の止まったような不思議な時間が流れている感じのカフェです。ゆっくりしたい時には、一度どうぞ~!


<漢南BERG>
住所:龍山区イテウォン路54キル58-26
営業時間:12:00~22:00
休み:無休


2019年12月20日
2019年11月26日
2019年11月 8日
2019年10月24日
2019年9月 2日
⇒すべての記事を見る

韓国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソウル特派員

    ソウル特派員
    中嶋 一恵
    1997年4月より韓国に住みついて早10年。高麗大学語学院を出てソウルを紹介するインバウンドガイドブックの日本語記者を経験し、現在翻訳などの仕事を行っている。仕事のかたわら、子育てにも奮闘中。子供を通じて、さらに深い韓国社会を体験中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_VjP8eAqUrQ

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集