海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 満月に1年の健康を祈る‘デポルム’

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年2月13日

満月に1年の健康を祈る‘デポルム’


メール プリント もっと見る

満月に1年の健康を祈る‘デポルム’

韓国に住んでいるとお正月を2回過ごすことになります。
まず、日本と同じ1月1日、2日。韓国では「新正(シンジョン)」と呼ばれる国民の休日ですが、お正月らしさはあまり感じられません。そう…‘ただの年末年始の休暇’といった感じ。カレンダーは新しくなるのだから人々は「セへポッマーニパドゥセヨ!(新年にたくさんの福を)」と挨拶を交わします。でも心もからだも新年とはいかないようで、なんとなく形式的な社交辞令と言った方がいいくらいです。

そのころみんなの頭は旧暦のお正月の計画でいっぱいなのです。ちなみに今年の旧正月は1月28日で、前後合わせて3日間は祝日でした。こちらの方は「旧正(クジョン)」と呼ばれ、その盛り上がり方からして違います。地方行きの電車やバスはふるさとに帰る人たちで満員になります。韓国の企業ではせめてもの社員サービスをと地方ごとに帰省バスを無料で走らせます。特に今年はIMF寒波のあおりで近年増えつつあった海外旅行が減って、田舎で質素にお正月を過ごす人が増えたとか。

最近の経済危機対策に、この「2回のお正月休暇」がやり玉に挙げられたことがありました。世界の流れに合わせて旧暦で休むのはやめようと言うのです。新聞の投書欄にも「新しい年が始まっても2回のお正月休みで、1、2月は社員の働く気が起きない」と嘆く中小企業の社長さんの「正月統一論」が出たりしました。さてさてどうなることやら…個人的にはこののんきさが好きなので静かに現状維持を訴えながら事態を見守るつもり。

796.jpg

‘デポルム’の日は各地で女性たちが輪になって踊る‘カンガンスゥレ’の祭が開かれる。
満月の下、チマ(スカート)を広げリズミカルにまわる姿ははっとさせられるほど美しい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
1998年2月13日
« 前の記事「ファーストレポートは9日頃にアップされます」へ
»次の記事「満月に1年の健康を祈る‘デポルム’ その2」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集