海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 韓国エステの楽しみ方

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年3月25日

韓国エステの楽しみ方


メール プリント もっと見る

韓国エステの楽しみ方

なんとなく体がだるかったり、ストレスがたまってたりして、自分が元気じゃないって感じたら、韓国エステ「汗蒸幕(ハンジュンマク)」に行くことにしています。どうせ行くなら4、5時間はのんびり過ごして帰りたいので、仕事が忙しい時はなかなか足を運べません。そんな時は看板だけ眺めながら、ヨモギの香りに包まれた別世界を思い浮かべてがんばります。

わたしの行き付けの汗蒸幕「トダムコル」はうれしいことに家のすぐ近くにあります。最近は日本人もちらほら見かけるようになりましたが、それでも観光客相手で有名な店とは違ってくつろげる雰囲気があります。時間がないとはいえ、ツアー客の体験エステはあまりにもひどいものがあります。どうせやるなら最低3時間は時間をさいて、汗蒸幕の居心地のよさを味わうべきでしょう。

汗蒸(ハンジュン)とは韓国伝統サウナのことで、朝鮮時代王の命令によって医療施設としてつくられたのが始まりだそうです。石と黄土を重ね上げて作られたドームの中に入ると、初めはその熱気にびっくりします。松の木を燃やして暖めるため、時間によってその熱さにも違いがあるので、熱すぎる時は麻袋をかぶって入ります。

数分で体のあちこちから汗が吹き出し、熱気が体に入り込んでくるように感じます。韓国人は「毛穴や口や耳等体にあるすべての穴から悪いものが出ていく」と言います。わたしの場合、土が蒸される熱気に力強いパワーを感じ、出た後爽快でパワーアップしたような気分です。
汗蒸幕にはその他にもいろんな美容健康メニューがあります。あちこちの部屋で裸になった人が横たわり、体中に針を刺したり、火の入った壷をのせたりしているので初めはぎょっとします。あれこれ見学するのも楽しいですが、見ているだけではもったいない。勇気を出して挑戦しましょう。

汗蒸幕に何回か入った後にすると効果的なのが、垢すりとマッサージです。体の毒素や老廃物が皮膚に浮き上がったところで垢すりをすると、まさに一皮むけたようにさっぱりします。「トダムコル」ではその人の肌や体質に合った
垢すりをしてくれるので、終わった後は肌がすべすべになります。

お風呂の近くにはヨモギなどの薬草がぶら下がっているサウナがあり、ここに入るといい香りに包まれてリラックスできます。ヨモギの効能は多く、奥の部屋では「スクチムジル(ヨモギ蒸し)」もできます。これは壷で煮立てたヨモギや薬草の蒸気を下半身にあてるもので、穴の空いたイスに座ると下から蒸気が上ってくるという仕組みになっています。40分ほど時間をかけてゆっくりしていると、体がぽかぽかしてきていい気分。冷え性や婦人病に効くというのもうなずけます。

いろんなメニューをこなして疲れたら、部屋で横になりましょう。魚と菜食の健康膳もありますから、食事も済まして帰りましょう。これで体も心もおなかも満足です。
体にいいこといっぱいの汗蒸幕、残念ながら女性専用です。

***汗蒸幕「トダムコル」***
場所:地下鉄2号線方背駅下車4番出口すぐ
電話:02−522−8722〜3
料金:入場料9900ウォン、垢すりとマッサージ50000ウォン、ヨモギ蒸し15000ウォン、漢方パック35000ウォン等
店長のキムスッキさんは日本語ができ、案内もしてくれます。このサイトを見た人には5%割引があるそうです!


803.jpg

「汗蒸幕(ハンジュンマク)」の内部
熱いので入ったり出たりをくりかえします。
まわりには卵やいも類も並べられ、人間といっしょに?蒸されます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
1998年3月25日
« 前の記事「無性にネンミョンが食べたくなったら… その2」へ
»次の記事「桜について思うこと」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集