海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 桜について思うこと

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年4月 8日

桜について思うこと


メール プリント もっと見る

桜について思うこと

ソウルもすっかり春めいてきました。冬が長く寒さも厳しいだけに春はうれしいですね。日本では冬も暖かいところにいたので、春のありがたさはソウルに来て知りました。
ソウルの春はレンギョウとヤマツツジで幕を開けます。冬枯れた色の無い街にいきなり黄色いレンギョウが咲き乱れるのには目を奪われます。ソウルを取り囲む岩山には赤紫のヤマツツジが咲き、そこだけ凛とした雰囲気に包まれます。これまた鮮やかな色にはっと目を覚ますのです。
韓国人に好きな花は?と聞くと、レンギョウがよく挙がるのもわかります。そして渋めのかっこいい人が黄色が好きと言ったりするのを聞くと、レンギョウを思います。春の風にカーテンのようになびくレンギョウは本当に美しいです。

ところで日本の春といえば桜ですよね。ソウル市内で桜の名所といえば、いくつかの故宮と南山、国会議事堂のある汝矣島、こども大公園あたりでしょうか。今ちょうど桜は満開で、お花見する人も大勢います。でも日本のようにそこら中みんな桜で、敷物で場所取りをしたりっていうのはあまりないです。韓国にも桜の木はあるし、桜並木が美しいところもありますが、日本の盛り上がり方とはちょっと違うんです。

いつも満開の桜を見ると思うんですよね。韓国の桜の運命を…です。
まだ韓国に来てまもない頃、韓国人の友達が言ったことに驚いたことがあります。
友達:「幼稚園の遠足で昌慶宮(チャンギョングン)に行った時には、桜がホントにきれいだったんだ」
わたし:「今だってきれいだよ」
友達:「いや、その頃はもっと桜だらけだったの」
わたし:「え?じゃあ桜がなくなったってこと?」
友達:「その頃は動物もいたんだ」
わたし:「故宮にどうぶつー??」
友達:「むかし日本が動物園つくったの知らなかった?」

こういう時の気持ちをどう表現したらいいのでしょう。今は故宮として韓国情緒たっぷりの昌慶宮に動物園があったり、お花見をしたりしたなんて…。
その後本で調べると、「日本は朝鮮を植民地支配した直後の1911年、昌慶宮を昌慶苑と名を改め、日本式庭園を造り桜を植え、動物園や大温室を造った。1924年頃から夜桜見物をする人でにぎわうようになった。」ということでした。
戦後も公園はそのままになっていたので、友達のような話があっても当然なのです。動物をソウル大公園に移し、大々的な復元工事が始まったのは、1983年からといいますから、ずいぶん最近まで植民地の名残はそのままだったわけです。

抜かれた桜の木や動物たちのことも気になるけれど、大切な王宮を勝手に荒らされた韓国の人の気持ちを考えると、胸が痛みます。何も知らずに出かけた動物園がそういういきさつで造られたと知ったら、どんな気持ちがするでしょう。きれいだなと見上げていた桜のいきさつを知ったら…本当にがっかりするでしょう。

それで満開の桜を見ても、どんちゃん騒ぎができないような…少し感傷的な気分になったりするのです。

***昌慶宮への行き方***
地下鉄3号線安国駅下車徒歩20分。日本文化院前から543番か205番バスに乗れば次の停留所下車。昌慶宮から連絡橋(これも植民地時代の名残らしい)を渡り、宗廟の中を抜けにぎやかな鍾路通りに出るコースはおすすめ。





804.jpg


昌慶宮でレンギョウを背景に写真を撮る新婚カップル。
春の故宮は結婚アルバム作りにやってきたカップルであふれ、さながら写真館のようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
1998年4月 8日
« 前の記事「韓国エステの楽しみ方」へ
»次の記事「小劇場で話題の演劇はいかが?」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集