海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 蚤の市に出かけよう!

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年5月27日

蚤の市に出かけよう!


メール プリント もっと見る

蚤の市に出かけよう!

ソウルの街にはいくつかの昔からの市場(シジャン)があります。食器や生鮮食品は南大門シジャン、布団や服は東大門シジャン、切り花は高速ターミナルシジャン、漢方薬なら京東シジャン…という風に、必要なものに合わせてシジャンを選んで出かけるのです。シジャンの客をねらって、最近では大型デパートができたりしていますが、それでも人々はシジャンの魅力にひきつけられるようです。

特に昔からの蚤の市には、あらゆる品物が山のように並び、見ているだけで愉快です。最近ではリサイクル運動の一環として蚤の市が開かれることもあるようですが、老舗の中古市場に足を運ぶのも面白いものです。韓国語でも蚤の市を「ビョルク(蚤)・シジャン」といいます。

ソウルの東、東大門の近くに位置する黄鶴洞(ファンハクドン)シジャンは、有名な老舗「ビョルク・シジャン」です。街の一角に中古品を扱う店が建ち並び、路上にも屋台が所狭しと並びます。売られているものは、衣類、電化製品、レコードなどさまざまですが、中でも骨董と石鍋の店はおすすめです。

骨董品は少し奥まったところにあり、がらくたと思えるようなものから、朝鮮時代の家具や陶器まで狭いところに山と積まれています。骨董は仁寺洞(インサドン)が有名ですが、こちらはもっと庶民的でごちゃごちゃしている雑多なところが特徴。店の人ものんびりしていて、半分趣味でやっているような雰囲気なので、気に入ったものは手にとって自由にながめることもできます。片言の日本語や英語ができる人もいるので、仲良くなってまけてもらいましょう。

黄鶴洞(ファンハクドン)シジャンの南の大通りに出て、東側に少し行くと鍋の店が並びます。焼き肉用の鉄鍋からビビンパップの石の釜まで、ありとあらゆる鍋が積まれた光景は壮観です。いろんな工夫をこらした鍋を見ていると韓国人の食に対する情熱を感じます。

特におすすめは石で作られた鍋や焼き肉用プレート。石は冷めにくく、焦げ付かず、油を吸い取ってくれるので、焼き肉屋さんでも使われています。よく韓国の食堂では鍋や焼き肉料理の後にご飯を入れてチャーハンにしますが、石を使えばサイコーの味になります。ここは中古品ではないのでご安心を。少し重いけど、2、3万ウォンなら立派なものが買えますので、旅の記念にいかがでしょう。

黄鶴洞(ファンハクドン)シジャンをぶらぶらしたら、忘れちゃいけないのが、「コプチャンクイ(モツ焼き)」です。ちょうど東側の端にある通りには、屋台が並び鉄板の上ではモツと野菜焼かれ、おいしそうなにおいがしています。唐辛子味噌のたれに漬け込んだモツは、野菜ににんにくと包んで大きな口でかぶりつきます。

書いていたらなんだかお腹が空いてきました。「コプチャンクイ」のあの食欲をそそる香ばしい匂いが漂ってくるようです。暑くなってきたので、路上でビールを飲みながら……。行って来まーす!


***黄鶴洞(ファンハクドン)シジャンの行き方***
地下鉄1号線東大門駅下車徒歩10分。
分かりにくいので地図を必ず持参のこと。
位置としては清渓川8街の高架道路南側のサムイルアパートの裏側一帯。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
1998年5月27日
« 前の記事「至福の時。韓国宮廷料理フルコース。 その2」へ
»次の記事「韓国伝統「ムーダン(巫堂)」文化が体験できる演劇、「オグ」」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集