海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > イタリア料理が静かなブーム

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年9月29日

イタリア料理が静かなブーム


メール プリント もっと見る

イタリア料理が静かなブーム

 最近新聞の記事によると、大手のピザチェーン店が韓国で1500店舗目をオープンさせたとか。その記事にはこのところの韓国人の味覚の変化が少々感傷的に書かれていました。最近の子供はキムチよりピザを好むとか、ピザを食事代わりにしている云々。この外貨危機には国産品を愛用しよう、外国かぶれの食生活は見直そう、ということらしいです。やれやれ。
 確かに私がソウルにやってきた90年代始めには、ピザ屋などどこにもなかったと言っても言い過ぎではありません。私には馴染みのあるファーストフード店はないに等しく、光化門(クァンファムン)にあった一軒のウェンディーズに足繁く通ったものです。その当時、大学院仲間と学校帰りに寄る店といったら、インスタントラーメンとトッポッキという餅が入った辛い鍋(これを略してラッポッキと言う)の店や、大学イモやフライの店などでした。決しておいしいとは言えないハンバーガー一つで3000ウォンもした時代、お腹一杯「ラッポッキ」を食べても1500ウォンくらいでしたから、ハンバーガーの人気は最低でした。
 
 それが今やイタリアンブームなのですから、時代の流れというのは無視できません。この前まで「ピザは腹にたまらん」とか言ってたような人が、「あそこの料理はオリーブオイルがきいてる」とか、「イタリア帰りのシェフが作るソースが抜群」とか言うのを耳にすると、なんだか不思議な気持ちになります。
 でも、スパゲティのおいしい店がまだ数軒しかなかった時代から、私は韓国人の口にはイタリア料理が絶対合うと信じていました。私の作ったスパゲッティも友達には好評でした。だって、韓国料理とイタリア料理は材料がとても似ているんです。唐辛子とニンニク、ズッキーニ。オリーブオイルはごま油。油を使っても、塩味はさっぱり目。だからクリームこってりの味は、韓国のイタリア料理レストランではあまり出てきません。
 
 とてもあっさりとしたおいしいイタリア料理が楽しめる店が続々登場しています。韓国料理に飽きたら、どうぞ。韓国での洋食文化ブームをのぞくのも興味深いものです。

**おすすめイタリア料理店(上からお手軽レストラン、下にいくほど高級)**
「ソレント」
地下鉄2号線新村駅 02-365-0630
学生が多いスパゲッティ専門店。ここのキムチスパゲッティはなかなかの味。
「スパゲティア」
梨大店:地下鉄2号線梨花女子大前駅 02-362-3500
明洞店:地下鉄2号線乙支路入口駅 02-771-6890
本格ソースが自慢のスパゲティ専門店。サラダもおいしい。
「マンマ イタリア」
地下鉄3号線狎鴎亭洞駅 02-518-2388
各種本格パスタが味わえる店。コックの腕のよさが料理に感じられる。
「オッジ」
江南島山公園前 02-542-8009
釜焼きピザから各種料理まで。昼のコース25000ウォンはおすすめ。
「イルフォンテ」
地下鉄2号線宣陵駅 02-566-2490
ヒルトンホテルのレストランの支店だが、値段は30%安い。サービスもいい。
 


778.jpg


「イルフォンテ」のイタリア料理コース。
前菜からメインディッシュまで淡白であっさりとしている。
おいしいワインでゆっくり食事ができ、食後に隣のバーで夜景を眺められる。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
1998年9月29日
« 前の記事「果川マダン劇フェスティバル・Kwachon International Open Air Theatre...」へ
»次の記事「焼き肉は奥が深い」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集