海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 秋の庭を散策しよう

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1998年10月31日

秋の庭を散策しよう


メール プリント もっと見る

秋の庭を散策しよう

 このごろすっかり冷え込み、ニュースによると例年より早く冬が訪れるとか。ソウルの中心に位置する南山(ナムサン)も日一刻と晩秋の装いに変わりつつあります。
 この南山(ナムサン)の中腹南斜面には、散策路があります。大都市の喧燥を離れ、晩秋の風景を楽しむのにはぴったりのところです。ソウルの街を眼下に見下ろしながら、韓国の庭を散歩するのはどうでしょう。庭といっても韓国では限りなく自然に近い形の庭造りをするのが伝統なので、散策路は自然の草花にあふれています。春のレンギョウとツツジも素晴らしいですが、秋に咲くオミナエシやキクなどの花と紅葉する木々も美しいものです。この一角は整備された庭の美しさというより、自然の移り変わりをそのまま楽しめる庭造りが魅力と言えるでしょう。

 ところで、この散策路が造成されてまだ数年足らずです。実はこの南山(ナムサン)は日本と関係が深いところ。昔日本が朝鮮半島を植民地支配していたとき、始めの統監府は南山(ナムサン)に建てられました。その後、軍部の建物や、日本式料亭、日本人学校、朝鮮神宮などが次々と南山一帯に造られたのです。今でも麓の路地を歩くと、日本家屋が残っているのを見ることができます。当時はさながら日本人村といった風景だったのです。

 植民地解放50周年を迎えた去る95年に、南山(ナムサン)復旧事業は始まりました。あちこちに通っていた道路は整備され、空き地やはげ山には木が植えられました。この散策路もそうした事業の一環として造られたものです。元の姿に近い形での復旧をという市民の強い要望もあって、散策路には自然の植物が植えられているのです。その背景を知ってから、この若い木が目立つ風景を眺めていると、胸が熱くなります。散歩をしている人はそんなこととは無関係の表情で、のんびり晩秋を味わっているようですが。

 散策路をゆっくり一回りすると、一時間はかかります。お腹が空いたところで、秋の味覚を味わいに行きましょう。散策路の隣にはハイヤットホテルがあり、その中の「JJマホーニーズ」(02-798-0066)のテラスではバーベキューが楽しめます。また、「天海」(02-799-8164)では松茸をはじめとする旬の味覚が串焼きで味わえます。ハイヤットに行く右手前の道を下ると、以前このコーナーで紹介した「カヤラン」(5月14日付レポート参照)があります。ここでは季節感あふれる韓国宮廷料理のコースが堪能できます。秋の山菜ナムルが味わいたければ、「プルヒャンギ」(02-794-8007)がおすすめです。

******
南山(ナムサン)散策路への行き方:
83番、83-1番バス(光化門世宗文化会館前、市庁サムソンvラザ前を通過)で南山(ナムサン)に上り、ハイヤットホテル前下車。
「プルヒャンギ」への行き方:
ハイヤットホテル左下のバス停から83番、83-1番バスに乗り、行きとは反対方向に山を下る。一駅目で下車、横断歩道を渡るとすぐ目の前。

780.jpg

南山(ナムサン)散策路には、秋の花が咲いている。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
1998年10月31日
« 前の記事「焼き肉は奥が深い」へ
»次の記事「キムジャンキムチを味わおう!」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集