海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 観光も手提げ袋持参で資源節約&旅費節約

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1999年3月31日

観光も手提げ袋持参で資源節約&旅費節約


メール プリント もっと見る

観光も手提げ袋持参で資源節約&旅費節約

韓国では今、デパートなどで買い物をしても、袋は別料金を払います。3月中旬に発表された政府の資源節約対策の一環として、現在ビニールや紙の手提げ袋を客に無料で配布することが禁じられているからです。

 先日デパートで服を買うときもそうでした。支払いを済ますと、きれいにたたまれた服をそのまま渡され、一瞬目を疑いました。驚いたわたしを見て、店員が「袋、いりますか?」と聞いてきたので、袋が有料になったことに気づきました。結局カバンの隙間に押し込んで、持って帰りました。
 近所のコンビニに立ち寄ったときもそうでした。バーコードで計算された飲み物やお菓子はビニール袋に入れられることなく、そのまま置かれていました。支払いを済ませたわたしは「ずいぶん買ったのに袋に入れてくれればいいのに」と思い、「袋に入れてください」と言うと「20ウォンです」と店員。ああ、そうだったと思いだし、両手に抱えて家まで帰ったのでした。

 袋の値段は全国で統一され、デパートなどで紙袋をもらうと100ウォン、食料品などを入れるビニールのものは20ウォンです。後日、紙袋やビニール袋を返すと、お金も戻ってきます。導入直後は知らない人も多く、トラブルが絶えなかったようですが、今では約半数以上の人が手提げ袋を持参しているそうです。
 韓国では大統領制のせいか、知らない間に何かが施行され、数々の問題に実際にぶつかりながら、修正され、普及していくという方法が採られます。法の施行までに話し合いばかりを繰り返し、石橋をたたいて渡るようなことはしないのです。
 始めは市場やファーストフード店、小さな食堂などでも、有料化実施が決められていましたが、ファーストフード店が衛生面などを理由に猛烈に反対。結局、現在はまだ取り締まりの対象にはなっていません。
観光でおみやげなどをショッピングしていると、ついつい袋が増えるものです。金額は大したことなくても、資源の節約、旅費の節約と考えるのはどうでしょう。日本に持って帰れば、日本のゴミを増やすことにもなるものです。これを機に、手提げ袋持参で旅をしてみてはいかがでしょう?
また、おみやげ好きの日本人に多いのが、レジで過剰包装や個別包装を求めることです。デパートで小さなものを一つずつ包ませているのはたいてい日本人観光客です。何か特別なプレゼント用の包装がしてもらいたかったら、デパートには必ずラッピングショップがありますので、そこでしてもらうことをお勧めします。

791.jpg


大手の現代デパートでも袋の有料化を知らせる紙が張り出されている。
ここには韓国語以外に英語と日本語が書かれている。
「現代デパートでは環境保護及び資源のリサイクルのために、誠に勝手ながらショッピングバッグは100ウォン、ビニール袋は20ウォンで販売させていただきます。
(返してくださると、お金はご還付いたします)
お客様のご協力お願い申し上げます」
(原文のまま)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
1999年3月31日
« 前の記事「梨花女子大学でごはんを食べよう!」へ
»次の記事「大学路で日本文化解禁事情をのぞいてみよう」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    韓国エステの楽しみ方
    無性にネンミョンが食べたくなったら… その2
    無性にネンミョンが食べたくなったら…

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集