海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 夏だけ味わえるもの パート2

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1999年8月20日

夏だけ味わえるもの パート2


メール プリント もっと見る

夏だけ味わえるもの パート2

 人の味覚というのは不思議なもので、どんなに他の人がおいしいと言っても、自分の口には合わないものってありますよね。食わず嫌いの場合もあるし、口に入れた瞬間、生理的に受け付けない味もあるでしょう。また、いくら食べてみても、その味の魅力がさっぱりわからないこともあります。
 特に外国に暮らしていると、食文化は初めて体験するカルチャーショックであり、永遠のテーマでもあります。食べることに人一倍情熱を燃やすわたしもそうです。韓国に暮らして1年くらいで、だいたいの韓国料理は一応食べ尽くし、その好き嫌いもできてきました。幸いなことに、唐辛子もニンニクも大好きなので、それほど抵抗のある食べ物はなかったように思います。
 3年くらい経った頃からでしょうか、わたしの知らない食文化がまだまだあることに気づきました。「え〜!こんな料理があったんだ」とか、「この食材をこんな風に食べることもあるんだ」とか、感動とショックの発見が時々ありました。その料理は決してゲテモノの類や特定の地域の郷土料理ではなく、韓国人なら誰でも知ってるというようなもの。

 今日ご紹介するのは、そんな料理。お手持ちのガイドブックにこの「コンククス」が載っていたら、その本はかなりの食通か変わり者が作ったと言えるでしょう。そのくらい「コンククス」は、韓国人には夏の味でも、外国人は気がつかない不思議な料理です。「コンククス」は直訳すれば「豆麺」になりますが、麺はそば粉で作られていて、豆はスープの方です。
 「コンククス」という料理を説明するのは大変です。日本にはない料理ですし、その味の魅力は食べた人にしかわからないからです。とても簡単に言ってしまえば、「冷たい豆乳の中に、そばが入っている」料理です。でも、こう聞いて、おいしそうだと思う人はあまりいないでしょう。実はわたしも初めて「コンククス」を目にしたとき、あまり好きではない「豆乳」の印象が強く、食わず嫌いになってしまっていました。
 
 夏になると、いわゆる「粉食店(プンシクジョム)」と呼ばれる、麺類や餃子、肉まんといった小麦粉で作ったものを出す店には、「コンククス」と書いた紙が貼られます。どうしてか、とても控えめに目立たない字で書かれているのが普通です。ある韓国人からは、それが「コンククス」らしさだと言われ、ますますわからなくなったこともありました。「コンククス」はなんと言っても素材の質が決め手の料理。おいしい店で食べなければ、わたしのようにその魅力に気付くのに何年もかかってしまいます。 骨董品の街、仁寺洞(インサドン)の路地裏、古い韓屋(ハノク)の建ち並ぶ中に、とびきりおいしい「コンククス」を出すレストランがあります。韓国南部の聖なる山、「チリサン(智異山)」の名が付いたその店は、その名に恥じない料理を出すところとして最近評判です。
 厳選した国産大豆を茹でて、とろとろになるまで挽いたものに、清水と塩を加えてなめらかで濃厚な豆のスープにします。冷えた豆のスープにそばを入れ、トマトやキュウリなどの野菜を飾って出来上がり。作り方はシンプル、味付けも塩だけという簡単なものですが、「コンククス」は実に奥が深い味わいがあります。香ばしく甘いにおいのする豆のスープは、真っ白ではないやさしい白です。口に含むと、ふわふわでとろりとしています。味は滋味に富み、奥ゆかしい魅力を感じます。
 「チリサン(智異山)」で暑いときに食べる「コンククス」、気持ちよく汗が引き、心身がさわやかに落ち着いてくるのを感じるほどです。9月に入っても日中は残暑が厳しいですから、ぜひお試しを。


***チリサン(智異山)***

行き方:地下鉄3号線安国(アングッ)駅下車徒歩5分。仁寺洞(インサドン)通りに入り、左に「学古斎(ハッコジェ)」というギャラリーがあったら、角を左に曲がる。路地を進み、突き当たりで左に曲がると右手にある。新しく建てられた落ち着いたトーンの韓国風の2階建て。
電話:02−723−4696
メニュー:「コンククス」5000ウォン、「スンドゥブ・チゲ(豆腐の鍋)」5000ウォン、「チリサン定食」10000ウォン


コンククス


香ばしく甘いにおいのする「コンククス」は見た目も、美しい。
にがりを入れる前のゆるゆる豆腐、「スムドゥブ(息をしている豆腐)」も美味。いっしょに頼めば、こんなにたくさんのおかずといっしょに食べられる。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
1999年8月20日
« 前の記事「旅の情報は観光案内展示館で」へ
»次の記事「話題のすばらしい美術展ふたつ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ショッピングの穴場!高速バスターミナル市場
    光復節に

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集