海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 公演1000回を迎える小劇場ミュージカル

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2000年1月20日

公演1000回を迎える小劇場ミュージカル


メール プリント もっと見る

公演1000回を迎える小劇場ミュージカル

 凍てつくような寒さ到来。夜、気温が零下10度まで下がり、ソウルは街ごと氷に包まれたように空気がピーンと張りつめます。人々は暖かいオンドル部屋求めて、家路を急ぎます。
 その時間からにぎわう街もあります。小劇場やライブハウスの集まる大学路(テハンノ)の夜は、寒さを吹き飛ばすかのように、熱気と歓声に包まれます。毎晩繰り広げられる演劇やコンサート、道端の大道芸人やダンスパフォーマンスは、若者からお年寄りまでひきつける魅力があるようです。
 人気の演劇やライブはロングラン公演が続き、チケットを求める人の列ができます。6年間にわたって愛されてきたミュージカル、「地下鉄1号線」も大学路(テハンノ)の看板演劇のひとつ。2月6日で公演2000回を迎えるこのミュージカル、名前の通り、ソウル市内を走る地下鉄1号線が舞台。
 このミュージカルの脚色、演出から音楽まで担当するのが韓国を代表する歌手キム・ミンギ。彼の作った歌「アチムイスル(朝露)」を知っている人も多いはずです。彼は暗黒の6,70年代に民主化のメッセージを歌い、数々の名曲を残し、運動のリーダー的存在を果たしたと言われています。その彼が90年代に入り、現代韓国社会を風刺した辛口ミュージカルを引っさげて登場したのです。
 「地下鉄1号線」の舞台にも失業者の家族や家出少女、行商人、似非宗教宣教師など大都市ソウルに暮らすさまざまな人々が登場します。ソウル市民なら誰でも知っているけれど、表舞台で語られることのない人々の話をテンポよく見せてくれます。ユーモアたっぷりの台詞、小劇場いっぱいに響き渡るライブ演奏、出演者の歌唱力など、ミュージカルとしても十分楽しめます。
 劇場「ハクチョン」では外国人の観客のために英語の字幕も用意、韓国語が分からなくても安心です。英語も分からなくっても、大学路(テハンノ)の空気を十分満喫できるミュージカルです。「地下鉄1号線」の英文サイトをあらかじめ読んでおくのもいいかもしれません。
http://www.hakchon.co.kr/eng/english.htm

**「地下鉄1号線」公演案内**
上演期間:2000年4月2日まで(予定)
開演時間:平日午後7:30(月曜休演)、土曜午後4:00と7:30、日曜祝日午後3:00と7:00 
料金:大人20000ウォン、学生15000ウォン
場所:ハクチョン ブルーシアター
行き方:地下鉄4号線恵化(ヘファ)駅下車2番出口徒歩5分(劇場英文サイト地図参照)


815.jpg

ロングラン公演を記録した小劇場ミュージカル「地下鉄1号線」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー
2000年1月20日
« 前の記事「ソウルで渡り鳥を見ませんか」へ
»次の記事「お土産に韓国の伝統酒はいかが?」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    利き酒のできる韓国伝統酒専門店
    ただいまデパート大バーゲン中

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集