海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > インターネットで免税店ショッピング

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年1月25日

インターネットで免税店ショッピング


メール プリント もっと見る

インターネットで免税店ショッピング

 先日金浦(キンポ)空港で会った日本の女性4人のグループにはちょっと驚かされてしまいました。彼女たちは手に大きな箱をいっぱい下げてやってきました。その箱は免税店の巨大ビニール袋に入れられていたので、一目でショッピングツアーだとわかりました。4人はベンチに腰掛けるやいなや、おもむろに箱を開け始めたのです。出てくる出てくる!ブランド品の数々。大小の箱からはさまざまなブランドのバッグや服、靴などがあふれるように出てきたのでした。その一つ一つを鑑賞しながら、続くおしゃべり。通行人も思わず足を止め、見入ってしまっていましたが、彼女たちはお構いなし。ブランド品ショッピングへの情熱ってすごいんですね。
 最後に残ったのはゴミの山。ゴミ箱に入りきれず、周りに積まれた空き箱や包装紙のゴミ。たしかに過剰包装で、それを捨てていきたい気持ちもわかるけど、周りの視線はあまりあたたかいものではなかったです。マナーもさることながら、韓国へ免税店ツアーしに来たんだってことが見え見えなので、印象が悪いんでしょうか。まあ、旅の目的はいろいろで構わないんだけど、なんだかさびしい気持ちがしたのはわたしだけじゃないはずです。

 短いツアーでソウル市内のたくさんの免税店を回っていると、たしかに他のことする暇はありません。免税店で買いたいものはだいたい決まっている人も多いもの。そこで、あらかじめインターネットで免税店を覗いておくのはどうでしょう。もちろん会員になれば(無料)、注文もできて、空港で受け取るだけ。観光公社が始めたサービスでショッピングの楽しみだけではなくて、ショッピング以外のことを楽しむ時間も増えそうです。
http://dutyfreekorea.com
まだオープンしたばかりなので、日本語ページは充実していませんが、韓国語ページに入っても写真があって、ブランド名や価格などは英文表記なのでウィンドーショッピングには問題ありません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2001年1月25日
« 前の記事「南山韓屋マウルで温かいもの一杯いかが?」へ
»次の記事「仁川国際空港オープンまで1カ月」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お土産に韓国の伝統酒はいかが?
    公演1000回を迎える小劇場ミュージカル

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集