海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ヨプキトッキ大流行

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年5月31日

ヨプキトッキ大流行


メール プリント もっと見る

ヨプキトッキ大流行

最近のニュースによれば、若者に人気のキャラクター、「ヨプキトッキ」のコピー商品が大量に出まわり、国産キャラクターをも脅かしているとか。もはやポケモン、キティー、トトロをしのぐ人気なのが、「ヨプキトッキ」。
「ヨプキ」とは漢字では猟奇。その言葉は字のごとく、おどろおどろしくて、奇怪な風を意味するが、最近の流行語ではちょっと違った使われ方をする。日本でも「きもかわ」に代表される「気持ち悪いけどかわいい」というようなセンスが受けているようだが、それと似ている。「かっこいい!」というような形容詞の代わりにも使われるのだから、年長世代は眉をひそめている。
「トッキ」とはウサギのこと。このうさぎ、ただものではない。ヨプキブームの火付け役とも言える歴史の立役者なのだ。もとは、マシュマロというかわいらしい名前だが、その行動や性格があまりにも「ヨプキ的」であるため、「ヨプキトッキ」の名で呼ばれるようになった。寝起きのようなとぼけた表情、自由奔放な行動がかわいいと評判だ。
今ではマシュマロまでブームとなり(それまで韓国ではマシュマロはほとんど知られていないお菓子だった)、マシュマロを見ると「ヨプキトッキ」の奇怪な行動を思い出すようになってしまった。
まさに、個性、軽快さ、ユニークさ、いたずらっぽさなどのキーワードで説明される「新世代の文化センス」を表現したキャラクターなのだ。街にはぬいぐるみやケイタイのストラップ、Tシャツなどのキャラクターグッズがあふれている。
旅の記念に「ヨプキトッキ」を連れて帰りません?



http://www.mashimaro.co.kr/


マシュマロのホームページに登場するエピソードから。
月夜の晩、サルが月の中のウサギについて何をしているのか尋ねたところ、
マシュマロはおもむろに便器を取り出し、用を足し、
つまった時に使う吸盤をカポンカポン…
これがお月見のウサギの姿?!

1154.gif

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2001年5月31日
« 前の記事「センシク(生食)のすすめ」へ
»次の記事「済州島名物料理が食べられる食堂」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    最新イベント情報
    子連れの旅 お役立ち情報1

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集