海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > キムチバーガー登場

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2001年9月30日

キムチバーガー登場


メール プリント もっと見る

キムチバーガー登場

 韓国のファーストフードで人気なのは「プルコギバーガー」でしょうか。ちょっと甘めの焼肉のたれ風の味が付いているハンバーガーは子どもにも大人にも人気です。照り焼きバーガーとも似ているけれど、もう少しニンニクやショウガといった香辛料がきいていて、わたしは好きです。あと韓国風の味といえば、夏限定発売の「パッピンス(かき氷)」くらいのもの。むしろ日本でファーストフードに韓国風味があったりして、やっぱり日本人って変わってるなと思います。ポテトチップひとつでも、日本では実に様々な味の工夫をするものです。韓国ではそんなところにあまり関心がないようです。ポテトチップにキムチ味だとか、カルビ味だとかあってもいいけど、誰もそんなこと考えていないように見えます。
 食に対する守りが非常に堅い韓国です。食卓になかなか他の食文化を取り入れないし、お菓子やパンは子どもの食べるものといった調子で、大人向けの味を開発することにも関心がないようです。みんな韓国伝統のご飯をしっかり食べるし、そうすることに何の疑問も抱いていない様子です。
 だから、今回のロッテリアの新製品「キムチバーガー」はちょっとした挑戦です。ハンバーガーなど間食程度に過ぎないと思っている人が多い中で、韓国伝統食文化の王者を持ってきたのですから、このアンバランスは相当なものです。
 食べてみたら、ライスバーガーでした。普通のハンバーガーパンでキムチとハンバーグをはさんでもよかった気もするけれど、ライスバーガーで登場です。これはやっぱりキムチはご飯っていう組み合わせから抜け出せなかったのではないでしょうか。もう少し勇気がほしい気もしますが、キムチ炒飯を固めたようなライスバーガーはなんだか不思議な味でした。焼きおにぎりっていう感じでもないし、わたしにはなかなか慣れそうにない味です。さて、韓国人の反響いかに?

ロッテリアのキムチバーガーを食べてみました。
中も包装も真っ赤です。
2500ウォンですが、
新発売記念セットにはなんとプルコギバーガーも付いてきます。

1295.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2001年9月30日
« 前の記事「キムチバーガー登場」へ
»次の記事「フリーマーケットを覗いてみませんか」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    便利なケイタイのレンタル
    紅葉は10月中旬が見ごろ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集