海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 太極旗グッズで「テ〜ハン ミン グッ!」

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2002年9月25日

太極旗グッズで「テ〜ハン ミン グッ!」


メール プリント もっと見る

太極旗グッズで「テ〜ハン ミン グッ!」

最近よく耳にするのが「アジア大会でもテ〜ハンミングッ!の勝利を!」という言葉ですが、あのワールドカップの盛り上がりにはちょっとかなわないようです。まあ、ワールドカップの熱狂で好景気に乗った会社では再びあの盛り上がりを期待したいというのもわかるし、街の食堂や飲み屋にあのときに急遽客集めに設置された大型画面のテレビも宝の持ち腐れ状態では困るというのもわかるんですが…大衆というのもそう簡単には熱狂しないもの。すぐに冷静さを取り戻し、ワールドカップ後遺症にも悩まされず日々を送る韓国人には安堵、そして脱帽です。

 さて、ワールドカップを機にひとつの転機を迎えたのは、なんといっても太極旗(テグッキ、韓国の国旗の名称)でしょう。以前はお役所や学校ではためくだけの存在で、祝日掲揚キャンペーンをやらないと関心をもたれないほどに非日常的なものでした。
 でも、ワールドカップによって、一気に日常生活にまで広がった太極旗は、ファッションや生活用品、アクセサリーなどにまるでキャラクターのように登場します。
 携帯電話やパソコンの初期画面に太極旗をダウンロードしたり、車やノート、かばんなどに太極旗のステッカーを貼ったりするのが流行しています。
 「権威的でダサイ」イメージだった太極旗は、若者には単なるワールドカップの思い出を喚起する強くて楽しい流行イメージにすぎないのかもしれませんが、マスコミではしきりに若者の愛国心の日常化を取り上げているところが世代間のギャップでしょうか。
 
 さて、太極旗のキャラクター商品は、東大門(トンデムン)のショッピングモールに行くと、各種取り揃います。安いので、お土産などにしても記念になるかもしれません。

これ、何だと思いますか?
車などに置く芳香剤なんです。
ディズニーのキャラクターと太極旗のミスマッチに注目!

1689.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2002年9月25日
« 前の記事「ソウルの新名所 スカイラウンジ・レストラン」へ
»次の記事「ソウル近郊でバンジ−ジャンプ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    キムチバーガー登場
    キムチバーガー登場
    ソウルでのお盆の過ごし方

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集