海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 韓国のファミレス情報

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2003年2月20日

韓国のファミレス情報


メール プリント もっと見る

韓国のファミレス情報

 韓国でもファミリーレストランというものは存在しますが、日本ほどの人気ではありません。韓国人の頭には「家族で外食=ごちそう」という図式があり、「家族で食べる=韓国料理」という図式もあるので、なかなかお手軽なファミレスというのが流行らないのです。だからファミレスはもっぱら若者のデートコースであり、洋食では空腹は満たせないと思い込んでいるサラリーマンのおじさんたちには不評です。オフィス街に現れては消えていくファミレスをずいぶん見ました。
 代表的なファミレスといえば、「ココス」と「スカイラーク」でしょうか。この二つは低料金と韓国料理も入った多彩なメニューが特徴です。ただし、味の方はいまいち。どれも冷凍食品風の味がするし、なんだか料理も貧相な感じです。
 人気のあるファミレスはもう少しグレードの高い「フライデイズ」や「シズラー」、「アウトバックステーキ」などのアメリカンステーキレストランです。料金は日本並みですが、量が非常に多いので、15000ウォンのセットメニューなどを頼んでも、二人で食べてもいいくらいです。ステーキが気軽に食べられ、生ビールやサラダバーなどを楽しみたいときにはこのランクがお勧めです。もちろんホテル並みの味ではありませんが、それなりに味わえます。もともとのりのいい陽気な韓国人ですが、店員たちの気取らないサービスもなかなか楽しいものです。子連れにもお勧めできるレストランです。たいていの繁華街や大学街にはありますから、サイトで探してみてください。
 
おすすめファミレスの詳しいメニューや場所など:
 「フライデイズ」http://www.tgif.co.kr/
 「シズラー」http://www.sizzler.co.kr/
 「アウトバックステーキ」http://www.outback.co.kr/

「フライデイズ」のクラムチャウダースープ
かなり大き目のフランスパンが器になっていて、
パンまで食べるとこれだけでも満腹感が。
ナチョス付の生ビールもおいしい。

1848.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2003年2月20日
« 前の記事「おすすめコスメ−高麗人参パック」へ
»次の記事「ソウルのバス地下鉄料金が値上がりされます」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ウォン・ビンは韓国一の美男子
    ぜひ見ておきたい 韓国画家の巨匠「雲甫(ウンボ)」展覧会情報

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集