海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 激しくなるソウルの反戦デモ

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2003年3月26日

激しくなるソウルの反戦デモ


メール プリント もっと見る

激しくなるソウルの反戦デモ

 夕方のNHKニュースを見てから、韓国のニュースをつけるとイラク戦禍を伝えるスタイルがずいぶん違うことに驚く。あらためて日韓の違いを感じている。国家のスタンスの取り方や日米韓3カ国の関係といった外交ゲームはよくわからないが、今起こっていることをどう伝えようとしているかはずいぶん違うように思う。もちろん日本の民放ニュースは見ることができないので限られた情報の中でだが。
 たとえばタイトル。日本は「イラク戦争」をよく使っているが、韓国は「イラク攻撃」が多いように思う。考えてみれば、今回の戦争は一方的にアメリカが仕掛けた戦争であり、冷静に考えれば攻撃の方が的を得ているのかもしれない。戦争といってしまうと、何だか同じ土俵の上で戦っているような意味合いに聞こえるが、イラクにしてみれば勝手に宣戦布告されて勝手に期限付きの亡命を勧められ・・・ということにはならないだろうか。韓国ではわりとそういう世論が最近強まってきたように思う。
 韓国は過去に植民地支配され、現在も休戦状態にある国だ。韓国人は身近に軍隊の懲役を経験した人も必ずいるから、軍隊や戦争といった言葉に敏感だ。日本のように自衛隊を派遣するかどうかといった次元ではなく、軍隊を派兵するか参戦するかどうかといった現実的な話し方がされるから、わかりやすい。ストレートだ。
 日本ではニュースに反戦デモの風景があまり出ないが、韓国のニュースにはよく取り上げられる。熱くなりやすい正義感いっぱいの国民性もあって、ソウル市内では、米国大使館やマクドナルドなどの店などに「反戦・反米」の奇襲デモが相次いでいる。主役は大学生というところも日本とは違う。若者が元気だ。
 たしかに、昨年末くらいから、米軍によって事故死した女子中学生を追悼する集会が続き、反米感情がかなり高まっていた。その女子中学生汎国民対策委員会は、他の団体とともに汝矣島(ヨイド)にある国会議事堂前で「派兵反対」の座り込みを続けている。
 ニュースを見ていると、政府の対応も日韓はかなり違う。日本ではアメリカを支持するという首相の声明があってから、反対議員の動きはあるものの、それほど大きなニュースはない。韓国も大統領が派兵を決断したものの、国家人権委員会や与党の新千年民主党(民主党)が派兵案に反対するなどしている。要するに、声をそろえるということが難しいのだ。日本の「出る杭は打たれる」や「事なかれ主義」は韓国には存在しないようだ。討論文化を築こうとしている革新的な大統領は、世論どころか国家機関での意見の対立に苦労している。
 

反戦デモに手作りのメッセージを掲げる若者たち
1874.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2003年3月26日
« 前の記事「ソウルのバス地下鉄料金が値上がりされます」へ
»次の記事「激しくなるソウルの反戦デモ」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お餅カフェ出現!
    韓国を代表する現代アート必見作品展

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集