海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ソウル市庁前に芝生広場登場

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2003年4月30日

ソウル市庁前に芝生広場登場


メール プリント もっと見る

ソウル市庁前に芝生広場登場

 車の通りが多く、何車線もの道路が交差していたソウル市庁前が、あっという間に芝生の広場となった。いつものことながら、決断の早さ、工事の早さには驚かされる。工事はたしか3月に入って始めたと記憶しているが、車の通行は閉ざされ、辺りを渋滞に巻き込みながら、忽然と芝生広場が登場だ。
 訪れてみると、隣の徳寿宮(トクスグン)と並んで、緑がまぶしい。空気がいいとはいえないが、都心の広々した芝生に立って、辺りを眺めてみたいと思った。今はハイ・ソウル・フェスティバルの準備で騒々しいが、これから何もない平和な昼間に一人で芝生に座ったら、どんな気分がするのだろう。
 この広場、あっという間に出来上がったが、その裏にはハイ・ソウル・フェスティバルのために工事を急ぎ、市民公募の広場造成計画を中止したというエピソードがある。しかも、急遽造成した広場は円形で芝生を敷きつめただけなので、「まるで日の丸のよう」と批判の声も上がった。
 ソウル市庁の建物が日本の植民地支配の痕跡であるように、この辺りに寄せる人々の思いは格別のものがある。かつて大韓帝国時代(1897-1910植民地前)には、この辺りは広場としての役割を果たし、集会が開かれたり、人々が自由に集える場であった。その後、日本の植民地支配により、重々しい建築物に遮られ、路面電車や車の通りが激しくなると、広場としての役割は失われていった。
 時代は流れ、ワールドカップの時には真っ赤なファッションに身を固めた市民たちがこの市庁前に集まったし、それを機に広場としての役割に再び注目が集まり、反米デモや弾劾反対デモなど
に使われるようになったのだ。
 今回の広場造成も市民がリードしてきたと言っても過言ではないが、一方でデモ対策に頭を悩ませていたソウル市としては芝生を植えてしまうことで「市民の憩の場」としてのイメージを強めたかったようだ。市民団体は使用に制限がある今回の芝生造成に反対の声を上げるなど、事態はこれからも動きがありそうだ。実に韓国らしいなあと思うけれど。


2360.jpg

奥に見える山が青瓦台(チョンアデ)のある北漢山(プッカンサン)。
左の森は徳寿宮(トクスグン)。
日本の植民地の痕跡である市庁の建物は日本の「本」の形をしていた。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2003年4月30日
« 前の記事「韓国SARS最新情報」へ
»次の記事「お粥専門店」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集