海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > お粥専門店

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2003年5月25日

お粥専門店


メール プリント もっと見る

お粥専門店

 韓国に暮らしていて思うこと。それは一人ごはんが減ったことです。街角でふらっと入って一人でおいしいものを食べるということがあまりなくなったのです。どうしてかと考えてみると、一つは女性が一人で入ってくつろげるようなレストランがあまりないこと、二つ目には韓国の人は誰かと食事をすることがとても好きなので、一人ごはんをしている人があまりいないということでしょうか。もちろん、ビルの地下のフードコートや庶民的な食堂では一人でおいしそうにご飯を食べている人がいるし、その姿は日本の女性が辺りを気にしてこそこそと食べるのとは違って豪快で気分のいい食べっぷりです。
 ということで、なんとなく一人でのんびりちょっとだけ何か食べたいというときが一番困るのです。普通はファーストフードなどに入るのかもしれません。でも、ハンバーガーじゃあマンネリだし、体にもよくなさそう・・・なんていうときにはお粥のお店がおすすめです。
 韓国語でお粥は「チュク」といい、日本でのただの白いご飯のお粥とは違って立派な食事です。たとえば、宮廷コース料理などを食べに行けば、まず最初にちいさな小鉢にお粥が出されます。空腹にいきなりご馳走やお酒を流し込んでは胃腸が驚くので、お粥を少し食べておくと胃に膜ができていいそうです。また、産後の女性はよく「ホバクチュク」というかぼちゃのお粥を食べます。冬至には小豆粥を作ったりするあたりは日本とも通じるところがあります。
 お粥専門店はたいていオフィス街の一角や病院の近くにあります。健康食なので、朝ごはんを抜いて出勤した会社員や入院中の患者さんの食事として広く利用されているのです。メニューにあるのはすべてお粥で、その種類は十数種に及びます。ゴマの入った「ケチュク」や緑豆の「ノクトゥチュク」、野菜や肉、魚介類の入ったボリューム満点のお粥まであります。
 ガイドブックにも紹介されていますが、道を歩く会社員風の人やビルの警備員さんなどに「チュクチプ、オディエ イッソヨ?(お粥屋さんどこにあります?)」と尋ねてみるといいでしょう。一人でふらっと入ってゆっくりお粥を味わえば、体も元気になってきます。

1956.jpg

「ホバクチュク」と呼ばれるかぼちゃのお粥
浮腫みを取り、利尿作用があるとされ、
ほのかな甘みが胃にやさしいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2003年5月25日
« 前の記事「ソウル市庁前に芝生広場登場」へ
»次の記事「オノ・ヨーコ韓国展」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ワールドカップ観戦はスタジアムだけではつまらない
    テンプル・ステイ(Temple Stay)のすすめ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集