海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 高麗紅参のお土産の選び方

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2003年8月20日

高麗紅参のお土産の選び方


メール プリント もっと見る

高麗紅参のお土産の選び方

 韓国では夏ばて予防に参鶏湯(サムゲタン)を食べますが、名前の通り、丸ごとの鶏のおなかにはナツメや栗、もち米などとともに、高麗人参が入れられています。また、残暑厳しく、朝晩は冷え込むような季節の変わり目には、高麗人参のお茶を飲んだりして体力消耗を防ぎます。
 よく日本の人から「高麗人参がいいのは知っていても、どうやって食べたらいいか分からない」という話を聞きます。たしかに、慣れない味と匂いはあまり気が進みませんし、市場で生を買ってもどう調理していいか困る人もいるでしょう。また、お土産にさまざまな製品が出ていても、どれを買ったらいいかわからないという声もあります。
 韓国の人たちの日常生活をちょっとのぞいてみると、高麗人参を実に上手に摂取していることに気がつきます。例えば、上の参鶏湯(サムゲタン)のように、スープ料理などに入れるのもいいでしょう。煮えてほくほくの高麗人参というのもまたおいしいものです。生で買って調理に困ったら、焼酎につけるか蜂蜜につけて保存します。
 お土産には相手が漢方薬の匂いなどが大丈夫なら、高麗人参の粉末のお茶や小瓶に入ったエキスなどがおすすめですし、匂いが苦手な人にはサプリメントとして飲めるようにカプセル入りのものなどがいいでしょう。
 また、あまり知られていないことに高麗人参の種類と品質の違いがあります。高麗人参なら何でも言い訳ではなく、予算が許せば6年物の紅参がおすすめです。本場韓国では、紅参は白参(普通高麗人参と呼ばれるもの)よりも品質がすぐれていて、どんな体質にも合うとされています。
 紅参は六年間栽培した人参を表皮がついたまま蒸して乾燥させたものですが、白参は通常四年間栽培で人参の表皮をはいでそのまま自然乾燥させたものです。そのために白参は表皮周辺に多い有効成分・ニンジンサポニンが大きく失われるということです。
 高麗人参を日常的に摂取すると、ストレス解消や自律神経を整える効果があるため、男女のホルモンバランスを整え、老化を防ぐといわれています。たしかに、ちょっと疲れ気味のときにお茶を飲んでおいたり、漢方茶のように一回ずつパックになった紅参液と呼ばれるものなどを飲んでおくと、風邪も引かず元気でいられます。韓国では30代くらいから会社のお昼休みに飲んだりするする姿がよく見られます。ガンや更年期障害などにも聞くそうですから、年配の人へのお土産としてもよさそうです。


2058.jpg

漢方薬といっしょに飲める紅参液
飲むとじんわり体が温かくなります

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2003年8月20日
« 前の記事「チョガッポのある風景」へ
»次の記事「韓国宮廷料理「チファジャ」」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ソウルの新名所 スカイラウンジ・レストラン
    エバーランド こんな風に楽しみたい!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集