海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > アメリカの狂牛病騒動が韓国食文化に与える影響

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2003年12月25日

アメリカの狂牛病騒動が韓国食文化に与える影響


メール プリント もっと見る

アメリカの狂牛病騒動が韓国食文化に与える影響

祝日のクリスマスの人出を見込んでいたレストランでは、アメリカで狂牛病発生のニュースに大打撃を受けたようです。若者が好きなステーキハウスはオーストラリアブランドのレストランは繁盛しても、アメリカブランドのレストランは客足が途絶えてしまいました。
最近、国内での鳥類インフルエンザ、豚コレラに続き(これらは加熱すれば大丈夫とのこと)、牛肉まで狂牛病感染が懸念され、魚料理や刺身、寿司、はてまた菜食のレストランが季節に反して大繁盛とか。
しかし、全体的に打撃を受けたのは他でもない伝統韓国料理のレストランでした。例えば、ソルロンタンやトガニタン、コプチャンジョンゴルなどといったメニューは、どれも牛の脊髄や内臓などの部位を長時間煮出してスープを取る料理。しかも、そのような特殊部位はステーキ肉などとは違って、管理体制がしっかり整っていないのが実情だそう。輸入業者が倉庫で保管中のものは何とか検査ができても、既に輸入業者から精肉店や飲食店に販売されたものは、その量も把握できていないようで、これでは心配で食べないようにするのも理解できます。
またカルビなどの焼肉屋でも牛肉が国産であるかどうかによって変わってくるようです。韓牛(ハンウ)とあえて名乗っているところでも輸入肉を出していたりすることがあるので、要注意です。ここしばらくは牛肉料理を食べるときには比較的高級なお店に行った方が賢明でしょう。間違っても屋台でコプチャン(モツ)などはやめておいた方がよさそうです。

2190.jpg

韓牛(ハンウ)と呼ばれる韓国純国産の牛。
とてもきれいな色の毛並みと優しい顔立ちが特徴。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2003年12月25日
« 前の記事「キムジャンキムチの味はデパ地下にあった」へ
»次の記事「韓服(ハンボク)の美しさにふれる展覧会」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集