海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 「性売買特別法」施行

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2004年9月28日

「性売買特別法」施行


メール プリント もっと見る

「性売買特別法」施行

 去る9月23日、「性売買特別法」が施行されました。旧盆の連休前でニュースが多い中、マスコミでも大きく取り上げられ、サラリーマンが行き交う繁華街やピンクのネオンだけが光る閑散とした売春街からの生中継には警察署長が出演し、取り締まり強化の意気込みを語っていました。
 今回の特別法とは、従来の「淪落行為防止法」を補強する意味で「性売買被害者保護法」と「性売買斡旋等処罰法」の二つが施行されたことを指します。例えば、ある性売買の現場を警察がおさえたとすると、今までは売った方はその強制の有無にかかわらず、1年以下の懲役と300万ウォン(約30万円)以下の罰金が科せられましたが、今回の特別法では自発的に性売買に応じた場合のみ処罰対象となり、強制があった場合は業者と買った人のみが処罰対象となります。強制された性売買の場合、売った方は被害者として保護されることも、女性団体が強く望んでいた被害者女性保護の観点から実施されます。
 初日の取り締まりでは全国で業者48人、買った男性59人、売った女性21人、チラシなどを配っていた人10人の計138人が逮捕されたそうです。また、カラオケボックスや成人専用ネットカフェなど水面下での性売買の集中取り締まりで性売買関連業者5000人近くを検挙、書類送検したといいます。
 警察と業者との癒着が公然のものとしてある中での法強化、この背景には2000年に起きた売春宿火災による売春女性たちの死があります。最近の裁判では、被害女性の遺族へ国家と業者が慰謝料を支払うことが命じられるなど、性売買を取り巻く環境もかなり様変わりしてきています。この事件では女性たちは監禁されていて火災を逃れることができなかったし、警察は業者から賄賂を受け取り癒着関係にあり、性売買を黙認していたという事実が原告勝訴へつながりました。
 法施行翌日のニュースでは、すでに廃業を決めた業者の店内などが映し出されていましたが、閑散とした売春街を歩く日本人男性観光客の姿が映し出され、日本人としてかなり恥ずかしかったです。一方、売る側の女性たちの動向は今のところあまり伝わってきません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2004年9月28日
« 前の記事「大型ディスカウント店でクレジットカードが使えない」へ
»次の記事「コリアンシリーズ開幕!」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    1年前の同じ月に投稿された記事
    世界文化遺産で秋の散策を
    安くておいしいサンドイッチ

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集