海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 与党ウリ党惨敗と386世代

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年6月 1日

与党ウリ党惨敗と386世代


メール プリント もっと見る

与党ウリ党惨敗と386世代

bus.JPG

 昨日、地方選挙の行方を案じて書きましたが、やっぱり与党ウリ党は史上最悪の惨敗という結果でした。ソウル市長選挙もウリ党の女性候補は票を集められず、ハンナラ党候補が圧倒勝利をおさめました。 原因はいろいろあるでしょうけれど、ちょうどわたしと同世代の386世代の動きを見ていても、今回はだめだろうなという気配を感じていました。386世代という言葉が生まれたのは90年代のことで、その当時30代がとても元気で、民主化を成し遂げた与党を支持し、政治への関心も高かった時代でした。80年代に学生時代を送った彼らも今や35才から45才という働き盛りの世代に突入し、不景気、就職難、貧富の格差の拡大といった社会の荒波に日常的にさらされているわけです。
 そう、このバスの写真を見ても、彼らの日常がうかがえます。バスの側面に貼られているのは、代理運転サービスの広告。その電話番号に386という数字を入れることで、働き盛りの386世代への宣伝効果を狙っているのです。メガホン片手に叫ぶ子どものイラストには「お父さん、がんばって」のメッセージが。サービス残業で夜遅くまで働き、ソウル郊外のベッドタウンへ帰る30、40代のお父さんはつきあいで飲んだお酒のせいで車の運転ができず、代理運転を利用するというわけです。
 こういう世代が今の政治に失望し、ウリ党を支持し続ける気持ちがうせ、ラディカルな人は民主労働党へ流れ、選挙どころではないと大勢が棄権した結果なのでしょう。ハンナラ党は今回の選挙で50代以上に支持者を増やし、票をうまく集めたということでしょう。
 来年の大統領選挙を控え、空前の政界改変が起こりそうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年6月 1日
« 前の記事「地方選の行方は?」へ
»次の記事「済州島への旅」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集