海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > ジダン事件と韓国語の悪口

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年7月14日

ジダン事件と韓国語の悪口


メール プリント もっと見る

ジダン事件と韓国語の悪口

060710.jpg
 10日明け方に行われたワールドカップ決勝戦の韓国での視聴率は最高が12%だったとか。予選落ちして以来、ワールドカップ観戦にもあまり興味がなくなっていたように見えました。10日は台風も南海岸に上陸し、そのまま朝鮮半島を北上するのではとハラハラさせられた日でもありました。そしてその前の週には北朝鮮のミサイル発射もあり、かなりワールドカップを忘れて暮らしていたように思います。
 ところが、決勝戦でのジダンの頭突き事件が起こると新聞やニュースはいっせいにその話題に飛びつき、またまたワールドカップ一色となりました。この日の午前のインターネットの検索状況は新聞にも取り上げられ、ジダン事件に関心が高い様子が報道されたほどです。写真はその検索ランクですが、1位がジダン頭突き、2位がジダン退場、そして3位以降にようやく気象庁、台風経路、天気、台風と本来トップニュースであるはずの台風関連の言葉が6位まで並びます。
 さて、このジダン事件を取り上げる韓国のマスコミや韓国の人々の様子を眺めていると、日本とは明らかに異なる点が見えてくるような気がします。それは悪口、人を罵る言葉についての認識の違いです。日本のニュースを観ていると(といってもテレビでNHKワールドプライムを観るくらいなんですけど)、ジダンがなぜそこまでしなければいけなかったのか、ジダンはどんな言葉に腹を立てたのかといったあたりが今ひとつ理解できないまま、報道されているように感じます。
 韓国はちょっと違います。きっとひどい言葉を言われたに違いない、品の悪い悪口を言われて何もしない方が変だ、といったあたりを同情してニュースにしているような感じです。日本語でこうして書いているのもじれったいほど、韓国語には日本語にない悪口表現がたくさんあります。ジダンという有名選手に同情するという次元ではなく、悪口の持つ暴力性についての認識が違うような気がするのです。
 考えてみれば、日本には相手に言われて頭突きをしないと気がすまないほどの悪口、ないように思います。日本語にだっていろんな悪口はあるのだけど、韓国には(イタリアには)もっと性的で人間そのものを侮辱するような悪口がたっくさんあるんです。だから、言葉選びも真剣勝負。もし間違って口を滑らせてしまえば、その人は人格を疑われるし、体を張って応えなければいけない危険な状況になります。
 街中で突如胸倉つかんで喧嘩が始まるのを目にしたことは何度もあります。たいていの原因は言葉によるものです。どちらも怒りが収まらなければ、悪口のオンパレードとなります。喧嘩中の人には悪いけど、韓国語勉強中のわたしは耳をすませて聞いたものです。ふんふん、こういう風に重ねても使うんだな、とかこの言葉よりこっちの言葉がもっとひどいんだ、とかです。映画で勉強するのもおすすめです。でも、絶対使わないでくださいね。
  

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年7月14日
« 前の記事「スターバックスのハングルカップ」へ
»次の記事「大雨後」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集