海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 大雨後

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年7月22日

大雨後


メール プリント もっと見る

大雨後

大雨後.JPG
縲日、大雨後の漢江(ハンガン)に沿う道路を車で走りながら撮った風景です。川に浮かぶ中州の木々は浸水の影響でなぎ倒されたり、茶色に変色していました。水位もまだ高いようで、濁った水流が不気味に感じました。
 日本同様連休だった16、17日の雨は、ソウルに15年間暮らしているわたしにとっても初めての大雨でした。韓国語にもチャンマという梅雨を意味する言葉がありますが、実際には日本のような長雨ではなく、たまにスコールのような雨が集中的に降って晴れ間の方が長く続くような印象でした。今回は台風の影響もあってか、土砂降りが2日間に渡って降り続き、ソウルの漢江(ハンガン)も見る見るうちに濁流となり、川辺の道路は浸水したのでした。
 地球温暖化のせいで、欧米では猛暑のニュースが聞かれますが、ここ韓国では記録的な豪雨に見舞われ、都市機能も危うくなるほどの打撃を受けています。雨が少なかった国なので、対策ができていないことは日常的に感じていたものの、手抜き工事や乱開発がさらに被害を大きくしたとの批判が出ています。地方の観光地で濁流に消えた村などは低い山でのスキー場やペンションの乱開発、高冷地野菜の畑の開拓などで山林が消失したことによるものが多いようです。
 天災や大事故が起きるたびにテレビでは被害者救済の募金キャンペーンを繰り広げ、芸能人や政治家、企業家は多額の寄付をして話題になります。今回はペ・ヨンジュンの2億ウォンが個人では飛びぬけて多かったような気がします。喜捨の精神はいいんだけど、天災、人災予防にもう少し気を配ってほしいなあと思う今日この頃です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年7月22日
« 前の記事「ジダン事件と韓国語の悪口」へ
»次の記事「羊肉料理」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集