海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 全羅北道のセマングム干拓事業

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年8月17日

全羅北道のセマングム干拓事業


メール プリント もっと見る

全羅北道のセマングム干拓事業

semangum.JPG
 猛暑の中、全羅北道の辺山半島をドライブで一周しました。日ごろ「セマングム干潟干拓」のニュースを耳にしながら、なかなか訪れることができず、今回はぜひという思いでした。2000年を前後してこの事業の白紙撤回を求める大規模な市民運動も展開され、いったんは中止になったものの、また工事は再開しているというのが気になっていたのです。
 韓国の西海岸の中心に位置するセマングム干潟は、行政区では全羅北道・群山(グンサン)市、金堤(キムジェ)郡、扶安(プアン)郡の1市、2郡にまたがっている巨大なものです。規模としては総開発面積は40,100ha、潮受け堤防の長さは33kmで、韓国最大というのですけれど、いったいどのくらい大きいものなのか、見当も付きません。でも、反対運動の人たちが言っていた「全羅北道干潟の90%が失われる」という説明を聞き、その巨大事業に首をかしげたものです。
 何しろこの地域はアサリなどの魚介類が豊富に取れるため、「塩辛市場」が道路両側に延々と続くのです。韓国で一番おいしいとされる全羅北道のキムチにはここの新鮮な塩辛が入っているのです。また、高級宮廷料理にほんの少し出される真っ赤なチャンジャ・チョッカル(魚の腸の)塩辛もこの地域特産のものです。今回も旅の途中にアサリ粥のお店に入りましたが、その味わいにおかわりしたくなるほどでした。この写真はお店から眺める風景を撮ったものです。手前には潮風を受け牛が放牧され、海を半分に分けるように堤防が出来上がっていました。右側の海は埋め立てられるそうです。「アサリがとれなくなったら、お粥はどうしますか」と尋ねると、店の女性は「大丈夫。もっと下ったところでとれるから」と左の遥か彼方を指差して言いました。たしかにこのレストランなら、新名所としてもやっていけるかもしれません。
 開発の手が届かずにいた地域ならではの期待もあるでしょう。でも、埋め立てた土地はどう使うのでしょう。政府は食糧確保のための農業用地をかなりの広さで取っていますが、実際にはこの地域の農業は後継者不足、米余りの問題を抱えているのです。美しい海を眺めながら、全羅北道のことを考えていました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2006年8月17日
« 前の記事「熱帯夜にはサンベの布団」へ
»次の記事「果川(クァチョン)の動物園」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!
    ソウル路7017を歩いてみた
    ベトナム人がつくるフォーの美味しい店
    新しくオープンしたモダンなお粥屋さん

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集