海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > 果川(クァチョン)の動物園

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年8月22日

果川(クァチョン)の動物園


メール プリント もっと見る

果川(クァチョン)の動物園

kwatyon zoo.JPG
 「ソウルには動物園がありますか」と聞かれることがあります。ソウル市内にある動物園は広津区(クァンジング)にあるオリニ大公園です。同名の地下鉄の駅もあります。ここは都市の中の動物園としては小さな遊園地もあったりして、それなりに楽しめるところです。でも、動物園なら、おすすめは果川(クァチョン)のソウル大公園内の動物園です。ソウルの南に位置する京畿道(キョンギド)山間部のベッドタウンに隣接するソウル大公園ですが、その規模は270万坪と広大です。周りを山に囲まれているので、空気もよく、その開放感に多くのソウル市民が訪れるところです。世界10大動物園の一つだそうですが、世界的にも珍しい自然環境抜群の動物園だと思います。
 この写真はライオンのいる場所ですが、子どもと行くと「ライオンはどこ?」と聞かれるほど、草原の中にライオンがぽつりぽつりと見えます。世界中の動物園のライオンでこんなに空気のいいのんびりした場所で飼われているライオンも珍しいのではと思うほどです。普通動物園ではライオンが人気ですが、ここでは立ち止まって見る人もまばらなほど。ここのライオンを眺めていると、ついぼおっとしてしまいます。
 最近では映画『美術館の隣の動物園』の舞台にもなったところとして日本でも知られるようになったようです。1998年末に公開されたこの映画、年を越してのロングランになったヒット作。ソウル大公園には本当に立派な国立美術館があり、そのすぐ隣に動物園があるのです。映画のように女は美術館に、男は動物園にというデートがありそうな不思議な雰囲気の場所です。国立現代美術館には、最近死去が伝えられたナム・ジュン・パイク(白南準)のビデオ・タワーの作品もあります。
 地下鉄4号線に乗れば、ソウルからも30分もあれば行けますが、欲張って全てを観るには広すぎます。一つに的を絞って朝から出かけましょう。
http://grandpark.seoul.go.kr/japanese/japanese.jsp

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2006年8月22日
« 前の記事「全羅北道のセマングム干拓事業」へ
»次の記事「参鶏湯(サムゲタン)」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集