海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ソウル特派員ブログ > いじめとワンタ

韓国/ソウル特派員ブログ 旧特派員 田端 かや

韓国・ソウル特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年11月25日

いじめとワンタ


メール プリント もっと見る

いじめとワンタ

P1060322.JPG
 このところ日本のいじめに関するニュースがよく報道されています。いじめによる自殺や学校の対応、政府の動きなどが比較的丁寧に取り上げられています。日本のいじめについては以前はセンセーショナルな報道で興味本位で対岸の火事的な扱いが多く、理解しがたい陰湿な事件としてイメージ付けられることも多々あったような気がします。
 それに比べて最近は少し違います。この新聞記事はいじめに苦しむ子どもからの自殺を予告する手紙が送りつけられたというニュースですが、「イジメ」という言葉を見出しには出さずに淡々と事実だけを報道しています。必要以上に大きく紙面を割くこともなく、好奇心をくすぐるだけの写真やイラストも入っていません。ニュースでは日本のいじめ問題を取り上げながら、国内のいじめ児童の親の会のような団体から人を呼んで韓国の現状にふれたりしていました。
 これには最近の韓国の事情も大きく影響していると思います。以前はイジメという言葉がハングルで書かれ、日本固有の特異な社会現象には「集団ケロッピム(嫌がらせ)」といった訳がつけられていたものです。しかし、ここ数年韓国では「ワンタ」という新しい言葉が生まれ、これが日本の「イジメ」に相当するという風に考えられるようになってきました。ワンタという言葉の持つ、ショッキングな強い響きはいじめを社会問題化するに十分で、韓国も同様の問題に直面しているという認識が高まっています。
 ただ、実際には日本のように小学生の自殺者が続出する事態ではなく、自殺にまで追い込まれるワンタは中学生以上のような気がします。子どもの自殺という衝撃的な事件は韓国では勉強不振や受験の失敗などを原因とするものが目に付きます。また、ワンタの理由としてよく取り上げられるのは、貧困と身体的特徴です。貧しい生活をしているとか太っているといった分かりやすい理由が多いのもワンタの特徴です。
 韓国で子育てをしながら感じることは、家族や家庭というものが姿を変えつつあるにせよ、まだまだ機能していて、子どもの居場所を作っているということです。そして教師をはじめ大人たちは子どもに対して毅然とした態度を取り、自分の価値観を伝えているという点で現代の日本とは違うような気がします。事なかれ主義よりは、ストレートにものを言う人が多いようにも感じます。個人主義や核家族が進んでいる韓国社会ではありますが、見知らぬ周囲の大人たちも子どもたちに関心を持ち、声をかけ、かわいがっているように思います。このあたりが自殺という極限まで子どもを追い込まないで済んでいるのかなと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年11月25日
« 前の記事「キムジャン」へ
»次の記事「大人のためのヨーグルトドリンク」 へ
おすすめ記事
    ソウル特派員 新着記事
    防弾少年団【With Seoul】を無料でダウンロード!
    100種類のアイスが楽しめる31アイスクリーム - バスキンロビンス・ブラウン
    2017ミシュランガイドグルメフェアが開催
    秋夕のイベント情報
    ソウル地下鉄の乗り方と路線情報
    バナナ、緑茶、その次にくる味とは?
    みんな持って歩いてます!携帯扇風機
    明洞で荷物を預けたい時は、ここ!

    韓国 航空券情報


    韓国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■韓国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソウル特派員

      ソウル特派員
      田端 かや
      1991年3月より韓国在住。大学卒業後、韓国へ語学留学。その後、韓国政府奨学生として梨花女子大学大学院女性学科で学ぶ。韓国人と結婚、一男一女を出産。現在は育児のかたわら、翻訳やライターの仕事をしている。子どもを育てる環境を求め、ソウル郊外へ引っ越し、共同育児運動に参加。現在はソウル在住。関心分野は韓国社会と女性、食文化。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集